読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

Amazonアソシエイト、アフィリエイトの参加者宣言を忘れずに

ブログ運営 はてなブログ ブログ運営-アフィリエイト

f:id:kminebg1110:20160221194510j:plain

本日から、当ブログに下記のAmazonアソシエイトの宣言文書を記載しています(サイドバーの最下段)。つい最近、他のブログでこの文言を見つけたのですが、その時には「なんて律儀なマジメな方なんだろう。ご立派、ご立派」と思っていたのですが、サイトを巡回していると、この宣言を掲載することは、Amazonアソシエイトの規約上の必要事項であるとのことであり、たまたま運よく情報を入手できよかったです。

「KenKenの気ままに殴り書き」はamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

スポンサーリンク

 

 

早速、本日からAmazonアソシエイト 参加者宣言を記載しました

ということで、遅ればせながら本日から挿入です。当ブログの現時点では、参考程度に商品リンクの挿入でもあり、収益は発生しておらずよかったのですが、今後 Amazonアソシエイトを広く展開した場合、規約違反でアカウント停止となることも考えられますので、これで最悪の事態も回避できます。Amazonアソシエイトの運営サイトで、「当宣言の掲載は必須であること」をもう少し注意を引くように掲載いただいたほうがよいのでは、とも思います。

 

さて、この規約ですが、Amazonアソシエイト運営規約「10.乙がアソシエイトであることの表示」に以下の記載があり、下線に記載のとおり、まさに参加者の義務ですね。

乙は、本規約、乙による甲のコンテンツの使用、または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行も、その他の発表・広告もしないものとします。乙は、本規約により明示的に許可される以外には、甲と乙との関係につき不実表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含む。)をせず、甲と乙の間、またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。乙のサイト上のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」、または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言あるいはグラフィックロゴを適時変更することがあります。

 

ここで1つ疑問が残ります。私はAmazonアソシエイトの他に「楽天アフィリエイト」「バリューコマース アフィリエイト」を始めたばかりですが(Google アドセンスは未導入)、こちらも宣言する必要があるのかどうかです。 双方の規約を読む限りでは、Amazonアソシエイトのような条項は見当たりません。サイトを巡回していると「Amazon、楽天とも宣言し、同一ページ内で免責事項・プライバシーポリシーも同時に掲載している」ブログもありました。こちらのほうが無難かもですね。当ブログはまだ始めたばかりの弱小ブログですので、今後の展開しだいでは同様に行うことも検討します。

 

 ▼はてなブログにおいては、Amazonアソシエイトの商品紹介・貼付方法を勘違いしがちです(私はブログ開設から3カ月間、勘違いしていた)。以下の記事もご参考。