読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

楽天銀行、2年間の出金手数料が8,402円に! いくら何でも高すぎです

その他

f:id:kminebg1110:20150906225420j:plain

先日、ネット収入の管理のために、楽天銀行サイトから過去24ヶ月の取引明細をダウンロードしたところ(最大24ヶ月までダウンロード可能)、なんと24ヶ月の出金手数料の合計が「36回分で8,402円」になっていました。単純計算で1回あたり約233円です。8,402円あれば、私が今 記事を書いているパソコン(中古)が購入できます。

36回分の取引明細を貼り付けても意味がないので、貼り付けるのは控えますが、これは明らかに高すぎです。ネット収入の換金先・証券またはFX口座のリアルタイム入金としては利用価値が高いため、小遣い口座に楽天銀行を使用しており、高いことは承知のうえ出金していましたが、(繰り返しますが)手数料を搾取しすぎです。

 

結局は「手数料が高いことを理解したうえで、2年で36回も細かく出金した自分がわるい」のですが。。。

下記などの楽天カードマンズの動画・楽天カードの販促コストを、是非とも楽天銀行の手数料削減にまわしてほしいものです。もしくは、グループ内となりますが「楽天カードマンズ vs 楽天銀行 手数料搾取マン」との対決動画があると、消費者にはウケるかも。。。または、「ポイント戦隊楽天カードマン」の替歌がYoutubeにアップされており、手数料高すぎの替歌をアップし訴えるのもアリかもね。

www.youtube.com

 

「楽天銀行 手数料 高い」で検索すると、楽天銀行サイトの「手数料無料で入出金する方法」が最初にヒットしました。ところがこの無料となる条件がおそろしく厳しいものです。

以下、ご参考までに、楽天銀行の手数料体系と、楽天銀行の言う「手数料無料で入出金する方法」です。

 

スポンサーリンク

 

 

楽天銀行の手数料体系(ATM入出金手数料)

出金の場合には、216円もしくは270円となります。哀しいことに、私は1,000円規模の金額を何度か出金したことがありますが、その場合にも当然ながら手数料は同額です。

『出金、3万円未満の入金』
  • 216円。。。セブン銀行、イオン銀行、PatSat
  • 270円。。。E・net、ローソンATM、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、郵貯銀行
『3万円以上の入金』
  •  すべて無料

 

▼私の他ブログに記載していますが、楽天銀行から1,000円単位で出金することもあります。手数料が高いことを知りつつ出金している自分に非があるのですが。。。

 

楽天銀行、手数料無料で入出金する方法

 
手数料無料とするためには、給与振込、各種公共料金引落、カードローンを組む、一定額以上の預金残高を維持など、楽天銀行を家計のメインバンクとぜさるを得ない条件です。
ネット銀行をメインにするのは抵抗があるため、他の手数料の安いネットバンクへの切り替えを検討します。
 
 
ATM手数料を無料にするためには
詳細はこちらの楽天銀行サイトを参照ください。大枠は以下のとおりとなります。
 
  • 預金残高、給与振込▪公共料金の引落などの利用状況に応じた「会員ステージ」があり、このステージに応じATM手数料が無料となる月間回数が決定する。
  • 例えば、預金残高の場合、10万円以上で月1回無料、50万円以上で月2回無料となる。