読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

今更ながら、Chromebookが猛烈に欲しくなってきた

f:id:kminebg1110:20150907225014j:plain

Webを巡回していて、今 猛烈に欲しくなってきたものがChromebook。

私は千葉市内から都内への通勤に片道2時間20分(うち、電車に乗っている時間は1時間30分)かかりますが、その時間を何とかブログの記載などに有効活用したい。現在は、スマホ、またはタブレットにて、電車のなかでブログの編集をすることも多いのですが、多少の老眼もあり、スマホで文字を入力する回数よりも、入力を間違って「戻る」キーを押す回数の方が多いです。そこで今更ながら見つけたのがChormebookです。欲しくなったこともあり、下記のとおり情報を集めてみました。

 

Chromebookの特徴

Googleサイト・Wikipediaなどから抜粋した特徴(ポイントのみ)は以下のとおりです。パソコンのように、オフラインでWord・Excelなどの作業をするのではなく、常にネット・Google Chromeに接続しての作業となりそうです。その言わば欠点(?)を補うものが下記2の起動の速さ。例えば、私のように電車通勤で「通常は座れないものの、運がいいと座席に座れる」ような場合、起動が10秒未満でしたら、座って即 Webの閲覧やブログの編集など対応できます。

  1. 見た目はノートパソコンだが、Googleの開発するOSである「Google Chrome OS」を搭載。
  2. 電源の投入から起動までは、従来のパソコンが30秒以上であるのに対し、長くても10秒、また、バッテリーで長時間の稼動が可能。
  3. データとアプリケーションはGoogleが用意するオンラインストレージであるGoogleドライブに保存される。
  4. つまり、上記3は、Google Chromeの使用によるWebアプリケーションを利用することになる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

一般ユーザーの評価は

 購入を検討するにあたり、気になるのは一般ユーザーの評価。サイトからユーザーの評価を集めてきました。なお、記載事項は、Chromebookの機種固有なものではなく、Chromebook全般の評価です。

  1. Chrome ウェブストア経由にてオフライン対応をアプリをインストールすると、シンプルなテキスト編集程度の作業は可能。
  2. パソコン初心者やメイン使用ではおすすめできず。安いWindowsノートも候補に入れるべき。
  3. 起動・電源オフが早い。Google アカウント・Google Driveとの連携によるため、アンドロイドスマホとの相性がよい。バッテリー持ちも十分。
  4. ディスプレイの視野角が狭い。このため動画視聴には向かない。
  5. Excel・Wordを使用する場合はWindows ノートを購入すべきだが、Chromebookは良い意味でタブレット以上パソコン未満。ネット専用のサブマシンとしては十分。
  6. ほんの数秒で立ち上がり、ネットもサクサク。良い意味で期待を裏切った。

 

もし、今 自由に使えるお金が4万円あれば、Chromebookを購入するか、安いWindowsノートにするか、悩ましいところです。