読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

Netflix、開始1ヶ月の状況は如何に。そして解約する方法

hulu・動画

以下の記事にてNetflixを取り上げてから1ヶ月経過しました。Neflixの国内サービスが始まった9/2前後には、各マスコミが「テレビの在り方が変わる」、「動画配信の黒船襲来」などと取り立てていましたが、その勢いはどこに行ったのでしょうか? 先ほどサイトで検索をかけてみても、騒ぎ立てるような最近の記事はありませんでした。huluをはじめ、日本では先行して、同様のサービスを行う企業が多々ありますので、マスコミの騒ぎも最初だけだろうと思っていましたが、そのとおりでしたね。

タイトルでは「解約する方法」と記載していますが、解約するにあたり、操作が極めてシンプルであり、また再開も容易に行うことができ、かなりの好印象を持ちました。実際に解約しましたが「解約してごめんなさい」との気持ちも出てきました。

 

 

私の場合、無料期間中に解約しようと思い、9月末にアンドロイドアプリにて解約方法を探すも見つからず。そうこうしているうちに、すっかり解約することを失念していました。ようやく見つかった解約方法は後述しますが、この1ヶ月間でコンテンツはある程度 拡充したのでしょうか、との思いから、アンドロイドアプリの情報をじっくり観てみました。

 

その結果の気付き事項は、 

  • 現時点においても、私の好きな海外ドラマについては、huluの本数が遥かに多いです。hulu独占(?)の、「ウォーキング・デッド」、「アンダー・ザ・ドーム」、「ヒーローズ」など私の好きな番組はNetflixになく、逆にNetflixにあってhuluにないものも散見されるものの、絶対数が少ないです。韓国映画の「アイリス2」がNetflixにあったのは嬉しいですね。解約を忘れ、1ヶ月間は課金されるため、今月 観てみることにします。
  • 「国内ドラマ」「国内アニメ」「国内外映画」「ドキュメンター」などのジャンルにおいても、1ヶ月前よりも多少は本数が増えたかな、という程度で、さすがに先行しているhuluに敵うものではありません。今後、1年後あたりにNetflixがどこまで伸ばしてくるか楽しみですね。

 

さて、ここで私が即座には探せなかったNetflixの解約方法です。アプリ版ばかりを探していましたが、サイト版ではすぐに見つかりました。

 

スポンサーリンク

 

 

Netflixの解約方法

入会方法の説明をしないで、いきない解約方法を説明するのも妙ですが、アプリからは解約できないことを知らないと迷うことになりますので、ご説明します。解約方法は至って簡単です。

スマホサイト、PCサイトとも同手続きですが、ここではスマホサイトの画面を用いています。

 

まずは、左上の黄色枠内を押します。
f:id:kminebg1110:20151004172932j:image

 
そうすると左から子画面が出てきますので、黄色枠内をタッチします。
f:id:kminebg1110:20151004172948j:image
 
私の場合、先ほどキャンセルしましたので、以下の画面の文字とは異なりますが、赤枠内に「メンバーシップのキャンセル」とありますので、こちらを押します。すると、スクショは撮っていませんが、「キャンセル手続きを完了」とのボタンが出ますので、こちらを押して解約手続き完了です。他の動画配信サイトや一般サイトにて、解約したくとも、なかなな解約まで辿り着けないサイトもあるなか、このシンプルな手続きには好感が持てます。
なお、Netflixでは、一度解約しても、サイト自体にはアクセスでき、以下のメッセージの「メンバーシップの再開」を押すことにより再開が簡単にできるようです。こちらも手続きが簡単で、「再開してみようかな」との気分にもなりやすいと感じます。このあたりも戦略だとしたら上手いです。

f:id:kminebg1110:20151004172958j:image