読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

アクセスアップのために、初心者なりに実行した5つの事項

ブログ運営 ブログ運営-アクセスアップ・SEO

f:id:kminebg1110:20151029230342j:plain

先日の記事のとおり、ブログの本格稼働3カ月めにして、ようやく3万PVを達成しました。

初めたばかりの頃は、記事も書けない、当然の結果としてアクセスも集まらない状況でした。「みんなこうしてブログから去ってあくんだろうな。私も同じか」と思いながらも、ブログのノウハウ、アクセスアップ関連の記事を読み漁ったものです。ここにきて諸先輩方がブログに記載していた「アクセスアップのために行うべき事項」などが理解できつつあります。
 
そんななか、以下は様々なブログで記載してあることも含め、初心者なりにアクセスアップのために行った5つの事項です。

 

1. 何はともあれ、記事を書く

未だに「今日は書くべきネタがない。こんな記事を書いてもだれも読まないだろう」と思うことが多々あります。
がしかし、書かなければ何も始まらず、意外と何となく短時間で書いた記事にアクセスが集まるケースもあります。趣味の別ブログにて、何気ない家族でドライブに行った際の何気ない車内の不便さを、10分程度で書き上げたところ、思わぬアクセスを集めたり、逆に、当ブログにて「これは!」と思った記事を書いたところ、全くの不発だったこともあります。
読み手のニーズは、そう簡単のつかめるものではないため。やはり「まずは、日記風のものでもいいので書いてみる」ことでしょうか。
 

スポンサーリンク

 

 

2. ブログランキングサイトに登録する

こちらについては賛否両論あるようです。

「登録すべし」とする意見

ブログ開設当初は、当然ながらブログの存在が認知されていません。このため、僅かなアクセスでも呼び込むには、ブログランキングに登録し、記事の更新情報をランキングサイトに連携するのみでも、多少のアクセスでしたら効果があります。

「登録すべきではない」とする意見

よくある「ランキングサイトに登録しています。よろしければ応援をおねがいします」とのコメントを添えてバナーを記事下に置くと、記事の流れが分断され、ランキングサイトに行ってしまうこともあり、アクセスアップのためには逆効果との意見です。

 

私の場合、ブログ開設当初においては、「ブログランキングへの登録・賛成派」です。ブログ開始1カ月は、アクセス数が1日1桁でしたが、受験関連記事を書き始め、ブログランキングの受験カテゴリーに登録。ランキングサイトからのアクセス流入を集めることから始めました。

これにより、ブログ開設2ヶ月目に、ようやく。1日2桁・時には3桁のアクセスを集めました。私のように、ブログを知ってもらおうにもTwitterもFacebookも何も手段がない方は、ブログランキングへの登録をおすすめします。

 

ちまみに現在では、バナーは置いていませんが、記事を更新の都度、ランキングサイトへの更新通知のみ行っています。現在でも、ランキングサイトからのアクセスは微々たるものですが、多少のアクセスはあります。

 

3. Google Search Consoleに登録する

 記事を数本でも書き上げたところで、Google Serach Consoleへの登録です。
詳しくは「Google Search Consoleの登録方法、はてなブログでの設定」で記載していますが、検索サイトとしてのGoogleに、いち速くブログの存在を認知・検索のインデックス(検索エンジンにサイト・ブログのページを登録)を早めてもらうために、Google Search Consoleには早期に登録すべきです。
  

4. 自分の得意分野の記事を丁寧に書いてみる

 1と相反することを言うようですが、いくら日記風の記事を多数書いても、ある程度は読み手のニーズに合わなければアクセスは集まりません。
そこで、Google search indexに登録したところで得意分野の記事の投入です。
私の場合、一発狙いのところがありましたが、それなりに知識のあった(現在は記事を削除した)アイコス、そして、丁度良いタイミングで発表のあったiOS9、Nexus 5xの記事の数本は丁寧に書き上げたつもりであり、ほどほどのアクセスを集めています。
 
 ただし、あまりにも同カテゴリーの記事が続くとマンネリ化・パターン化し、読んでいただける方にも目新しさがなくなる(新規に閲覧してくださる方の取り込みも見込めない)こともあり、時には全く違うカテゴリーの変化を入れることも重要かと思います。
当ブログでは、現在のところあまり効果がありませんが、iPhone・Nexus 5xなどスマホ関連の記事が続いたため、異なったジャンルを模索中です。
 

 5. 読者の利便性を考慮する

 誰に向かって記事を書いているのかというと、なかには自分の備忘録的なものもあるものの、やはり読者の皆さんに有益な情報を提供するとなりますよね。
 
このあたりは、私もこれからですが、以下を意識するように努めています。
  1. 誰に何を訴えようとしているのか。
  2. ブログのデザイン・記事内容は見易いものか。
  3. 独りよがりの記事となっていないか。
  4. ブログの表示スピードは十分なものか。
 私の場合には、全般的にまだ欠点だらけです。記事内容にしても、最初は丁寧に書いていたつもりでも、後半になると力尽きて乱雑になりがちです。
また、4の表示スピードについては、特にスマホサイトはかなり遅く、自分でサイトを見てもイライラすることもあり、大いに改善余地ありですね。
 
 
以上となりますが、アクセスアップを記事にしたものの、私はSNS的なものも全く使用せず、「はてなブックマーク」も全く生かせず(いづれも使用方法を見極めていない)、これらの活用も今後のアクセスアップのキーポイントの一つです。