読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

オンライン英語辞書、絶対おすすめの2選

大学受験

f:id:kminebg1110:20151101131205j:plain

先ほどの「Chromeが重いと感じたら、行うべき1つの設定と2つの拡張機能」の記事にて、見慣れない英単語の意味を調べて記載しましたが、そんな時におすすめのオンラインの英語辞書2選です。

私は仕事柄、日本語のメールよりも英語のメールを書く頻度が圧倒的に多いのですが、その際にも重宝し、職場の同僚にもすすめており、職場内での使用率が高い英語辞書です。スマホでも気軽に調べることができるため、社会人のみならず、受験勉強にもおすすめです。
 
では、早速ご紹介です(普段から英語を使用している方にとっては、新しい情報ではないためスキップくださいませ)

専門用語の掲載も豊富な「英辞郎 on the Web」

 用例も参照できる有料版もありますが、単語・熟語を調べるには、こちらの無料版「英辞郎 on the Web」で十分。何が良いかと言うと、市販の辞書にはないようなビジネス・学術的な単語なども掲載されています。更には、私の仕事はワールドワイドではあるものの、かなりニッチな専門分野ですが、そのマニアックな単語まで掲載されています。
▼英辞郎の検索画面

f:id:kminebg1110:20151101125719p:plain

 この英辞郎、今でこそWebの無料版がありますが、まだWebが発展途上にあった2002年に、私は下記画像の書籍版(CD-ROM付)を購入し、それ以降、書籍・データ版、Web版の違いはあるものの、13年ほど英辞郎を使用しています。
当時と比較すると、現在はある程度の翻訳もサイトで無料で、しかも瞬時に(ただし、さすがに無理があり、だいたいのイメージは掴めますが、かなり手を加えて修正する必要あり)行うことができ、時代の変化を感じます。
f:id:kminebg1110:20151101112501j:image
 
ところで、さすがにもう書籍版(データ版)の販売はないだろうと思っていたところ、以下のとおり、今でも販売されていました。しかも、Amazonの英和・和英辞典のカテゴリーでベストセラー1位のようです(確かに、英辞郎以外のデータ版の辞書というと、名前が思い浮かばないです)。
英辞郎 第八版(辞書データVer.141/2014年8月8日版)

英辞郎 第八版(辞書データVer.141/2014年8月8日版)

 

 

スポンサーリンク

 

 

Weblio、例文もあり翻訳機能もあります

こちらのWeblioは、「英語辞書」でGoogle検索をかけると先頭に表示されることもあって使用しています。英辞郎のようにマニアックな単語は少ないものの、以下のように例文や翻訳機能があり、しかもメニュー表記しているため重宝しています。

さらには、英和・和英のみならず、日中・中日、日韓・韓日の辞書もあります。稀に取引先から中国語でメールもくることもあり、漢字であるため何となくは単語のイメージは掴めるものの、中日辞書もあることは助かります。

 ▼Weblioの検索画面

f:id:kminebg1110:20151101122342p:plain

 

その他、Google検索を辞書の索引がわりに使用する

 辞書ではないのですが、英語メールを書く際の言い回しなどの確認で重宝しているものが、「Google検索」です。

実は仕事をしている際には、上記2つの辞書の使用回数よりは、このGoogle検索のほうが使用頻度が高いです。

例えば、会議・打ち合わせ後のお礼を英語で表現したい場合、「会議のお礼 英語」というように、最後に「英語」をつけてGoogle検索をした場合、英語表記がヒットします。それほど英語の文章のニーズが高いのでしょうね。メールの文章で余程の専門的な言い回しでない限り、仕事における日常の挨拶的な文例・定例分・定型分は検索でき、かなり便利に使用しています。