読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

Windowsタブレット、EdgeとChromeのどちらが使いやすい?

スマホ-Win 10 スマホ

 f:id:kminebg1110:20151104222928p:plain

 AndroidとWhndows 10のデュアルOSとなる8インチタブレット Chuwi Hi8を購入し、Androidは快適に使用しています。

Nenus 7(2012)の代替として購入しましたが、画面の綺麗なこと、スムーズな動作などHi8の圧勝です。

Window 10においては、当初はGoogle Chromeの使いづらさは、「Hi8のタッチパネルの精度がイマイチであるため」と思っていました。

ところが、Microsoft Edgeを使用しChromeと比較するなかで、このChromeの使いづらさは「タッチパネルの精度によるものではなく、EdgeとChromeの使い勝手の差による」との認識でいます。

Android、デスクトップPCでのChromeは、快適に使用できていますが、WindowsタブレットにおけるChromeの何か使いづらいのか、そのレポートです。

※ タブレットのディスプレイサイズ、解像度などにより使用感が異なると思いますので、私の以下の環境下でのレポートです。

 

  •  Chuwi Hi8、Whndows 10、8インチタブレット
  • Intel Z3736F クアッドコア
  • IPS液晶 フルHD 1920×1200
  • メモリ 2GB

 

スポンサーリンク

 

 

WindowsタブレットにおけるEdge、Chromeの使用感の比較

下記の項目においては、 Edge、Chromeとも遜色ありません。

  • スクロール、ピンチイン、ピンチアウトなどの操作におけるスムーズさ
  • サイト、動画などの表示スピード
  • 複数サイトを開いた場合の、全体の処理の重さについては、別記事で紹介のChromeに拡張機能を入れることで同等となる。
では、Chromeのどこが使い勝手がわるいのかと言うと、メニューの文字・アイコンが小さく、タブレットでは正確なタッチに難ありです。
以下はその事例です。
 

下記の画像の上はEdge、下はChromeとなります。

①はお気に入り、履歴の表示、②は設定、③はお気に入り、設定額の表示となり、EdgeはChromeよりもアイコンが1つ多いです。こちらはEdgeの利便性に一役かっています。

f:id:kminebg1110:20151104221010p:plain

 こちらは、Edgeの設定画面。フォント、アイコンが大きく、タッチミスすることはありません。

ただし、しばらく期間をあけてEdgeを使用する際には、お気に入りの表示に1分弱かかり、ここは設定を見直す必要があります。

f:id:kminebg1110:20151104221031p:plain

 以下はChromeの設定画面ですが、こちらが課題です。フォントが小さく、タブレットではタッチしにくい。

特にブックマークにおいては、以下のとおりタッチミスが続出し、目的のサイトにたどり着けないことが多く、このためにChromeの使用を諦め、Edgeを使用しています。

  • ブックマークをタッチすると、ブックマークの次の画面の同位置にあるブックマークをタッチした状況になる。
  • タッチパッドアプリ(TouchMouthPohnter)を使うも、タッチが敏感すぎて目的のブックマークにたどり着けないことが多い。

 

f:id:kminebg1110:20151104221117p:plain

ChromeはAndroidスマホ・パソコンとの連携など便利なため、気に入っていたのですが、残念です。アイコン、フォントをタブレットに最適化していただけるとよいのですが。。。