読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

日本が最下位?の、ネット常識力テストをやってみた

ニュース深読み

f:id:kminebg1110:20151106230510j:plain

セキュリティソフトの開発を行っているカスペルスキー社が、世界16カ国の18歳以上・18,000人以上を対象に行っているネットの常識力を問うテストにて、日本が最下位となっており、話題となっているようです。

パソコンのセキュリティーに無頓着なために、以下の記事のとおり、Google Playのパスワードを盗まれ、Google Playへの不正アクセス・クレカを利用された私は、果たして常識力はあるのか、試しにこの「常識力テスト」を行ってみました。

 

▼パソコンにセキュリティソフトを入れていなかったために、Google Accountのパスワードを変更した際に、そのパスワードを盗まれクレカを不正利用されました。

後日、Googleの素早く献身的な対応で、無事解決しましたが、それ以降 セキュリティの強化に努めています。

 

スポンサーリンク

 

 

 常識力テストの結果。その他雑感
テストとしては、「パスワードを作成する場合には、どのように作成する?」、「怪しげな添付ファイルをメールで受領した場合は、どうする?」、「パスワードの管理はどうしているか?」などです。
部分的に、フィッシングサイトの事例など、「何これ、選択肢の違いがわからない」ものもありましたが、社会人の方でしたら、IT部署などから注意喚起を受けている情報で高得点を採れそうなテストです。
 
結果としては、答えはわかっているけど実践していないものは、誤りと知りつつ回答して、150点満点で114点。日本の平均点92点よりは、良い結果に。
f:id:kminebg1110:20151105231555p:plain
 
上の画像の世界地図のうち日本をはじめ赤色の国が、今回の常識力テストでの平均点の低い国です。
アジアでは、ソフト開発などのIT技術が高そうなイメージのあるインドも、平均的が低いグループに属しています。
 
また、こちらのSecurity Next(セキュリティに関するニュースを発信)では、「2014年に世界的規模で発生した情報漏洩事件は1541件あり、深刻度ランキング・トップ10のうち、半分が中国・韓国・日本などのアジア勢(ちなみに、ベネッセコーポレーションの情報漏洩は6位)とあります。
 
やはり、アジアはセキュリティが弱い、一般企業・公共団体にしても、度々 情報漏えいでニュースを賑わしていることをみると、まだまだ甘いのでしょうか。
私自身としては、日本の平均点は低いものの、私が知っている範囲での身近な会社では、ある程度の常識は持ち合わせているものと思っています。今回のテストは、私と同様に、実践ベースで回答したものなのでしょうか。
おそらく、私のこのような「私は、または、私の会社は大丈夫。セキュリィは問題ない」と思っていることに、「独りよがり的な甘さ」があるのでしょうね。
 

今回の常識力テストでは、 回答後の結果のお知らせ時に、簡単な解説が記載されています。解説不足なところは否めないですが、参考になります。テスト自体は数分で終わりますので、試されてみてはいかがでしょうか。