読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

「スマホ対応電動アシスト自転車」って何だろう?

ニュース深読み
私は日常的に自転車の乗っておらず、また特別な興味があるものでもないのですが、Webを巡回していて気になったものが「スマホ対応電動アシスト自転車」。
「スマホ対応」と聞くと、「まさかまさかの自動運転か(これはあり得ない)、最近 問題になっている自転車の衝突事故の察知機能か、ナビ機能搭載と連動か」とデジギア大好きの私としては気になり、確認してみました。
 
この「スマホ対応電動アシスト自転車」、電動アシスト自転車専門店である「代官山モトベロ」が、海外で評価の高い「BESV」シリーズの新モデル「BESV LX1」を11/25より発売するとのことです。
「スマホ対応」も気になるのですが、この「BESV LX1」は、自転車に素人の私が見ても以下の画像・Youtubeのとおり「かなりカッコイイ」です。画像にあるオレンジとブラックの組み合わせも絶妙です。ただし、価格もお高く、限定価格のオレンジは税別418,000円。その他の色は398,000円。中古の車が購入できる値段ですね。

 

▼こちらは、Google Playの専用アプリ「BESV」の画像。日本では発売前ですがアプリはリリースされており、「どのような機能があるものか」を確認するためにインストールしてみました。
f:id:kminebg1110:20151107103241j:image
 ▼こちらは「スマホ対応」の機能説明よりも、BESVのデザイン・ライフスタイルをアピールするようなシーンが多いです。BESVのカッコよさは伝わってきます。

 
さて、実際にGoogle Playにある専用アプリをインストールしましたが、その機能はどのようなものでしょうか。もちろん、BESVを所有していませんので、画像、そしてサイトから確認できる範囲の情報です。
 

スポンサーリンク

 

 

スマホ対応って、どんなことができるの?

 
▼こちらはスピードメーター、バッテリー情報、右下のアイコンで照明のオンオフもできるのでしょうか。
f:id:kminebg1110:20151107103256j:image
 
▼履歴アイコンがありますが、販売店のサイトによると、ルート・時間などの走行履歴を記録し、またSNS等を通じてそのデータを共有することができる、とあります。「データを共有」とは、複数名で同一目的地へサイクリングを行った際に、情報を共有化・お知らせするといった使い道があるのでしょうか?
f:id:kminebg1110:20151107103305j:image
 
「スマホ対応」って、どうなのでしょうか。自転車に乗りながらは頻繁にスマホ画面を見れないので、BESVの価格を考慮すると、普通の電動アシスト自転車・スマホのナビ機能で十分かと思います。でも、確かにデザインは洗練されており、専用アプリもスマートなため、電動アシスト自転車が好きな方・日常的に使用している方には魅力的なものなのでしょうね。