読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

「Now on Tap」日本提供開始。早速使ってみたが、精度や如何に

スマホ-Nexus 5
昨日(11/10)より、ようやくAndroid6.0の新機能であるGoogle 「Now on Tap」の、日本での提供がはじまりました。
私は日本での提供が待ちきれなかったため、先行して以下のとおり、英語環境にてNow on Tapを試しに使用しました。
Now on Tapは、Google検索のように調べたい語句を入力して検索するものとは異なり、あくまで文脈に応じて検索語を判断し、関連情報を表示するものです。
英語環境で試した限りでは、ピンポイントで目的のものを検索する場合には通常の検索が便利ですが、ある程度幅広の検索を行い、目的がやや曖昧なまま、関連情報を求めてサイトを巡回する場合には、Now on Tapは便利な機能との認識でいました。
 
※Now on Tapの起動・呼び出しは「ホームボタンの長押し」となります。
 

 
果たして、日本語環境下ではどうでしょうか?
以下は、日本語環境にて短時間使用したなかでの感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

Now on Tapの検索語認識は適正か?

いきなり見出しが疑問符ですが、以下のとおりやや疑問が残ります。
サービスを開始した直後であり、文脈から検索後の特定が十分でないかもしれません。
 
▼私の記事にて、Now on Tap!。「EdgeとChromeのどちらが使いやすいか」の記事ですが、最初に登場するキーワードがタイトルの「Windows タブレット」のため、Now on Tapの検索候補として「Windowsタブレット」が挙がったようです。
f:id:kminebg1110:20151113201311j:image
 
▼こちらは、帰宅中に都内の青砥駅で電車を乗り換えたため、メールの下書きにて「青砥 ラーメン」をキーとしてNow on Tapしたもの。青砥駅の画像が表示されるあたりは妥当です。ラーメンが具体的な店名の場合は地図のアイコンも表示されていたはず。
f:id:kminebg1110:20151113201517j:image
 
▼「ラーメン」と言えば、都内では恵比寿駅近辺が激戦地区の1つのため、「恵比寿 ラーメン」をメール文章に打ち込み、Now on Tapしたところ「表示される情報がありません」と出ました。なぜ「青砥」では表示され「恵比寿」が情報なしなのでしょうか。不思議です。「情報なし」となったため、「船橋 ふなっしー」ではさすがに認識し、Twitter、ニュースのアイコンも表示されました。
f:id:kminebg1110:20151113201530j:image
 
▼こちらも不思議です。当然 情報が表示されると思い、メール内に入力したホンダの軽自動車「S660」では情報なしとなりました。ちなみに、英語環境に変更し「S660」にてNow on Tapを行っても、同様に情報なしでした。普通にGoogleで検索すると、海外・日本サイトとも多数ヒットしますが、なぜ「情報なし」となるのが謎です。
f:id:kminebg1110:20151113201541j:image
 
▼こちらでは、Yahoo! ニュースの記事にてNow on Tap。記事の先頭にあった総務省と個人名が表示され、妥当なところか。
f:id:kminebg1110:20151113221917j:image
 
短時間とは言え、上記以外にも多数試してみましたが、文脈から検索候補を判断するのは時期尚早なのでしょうか(さすがに無理ですね)。ただし、単語のみで試してみた「恵比寿 ラーメン」「S660」では候補を表示して欲しいところ。
やはり、現状では、「目的を持って検索する」場合には、従来のGooleなどの検索サイト、「明確な目的がなく、関連した情報を幅広に検索したい」場合には、Now on Tapでもよし、という使い分けとなるのでしょうか。