読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

書くべきブログのネタがない、そんな時に参照したい「おすすめの5サイト」

ブログ運営 ブログ運営-編集便利ツール

ブログの運営論などを他サイトにて参照していると、概ね皆さんが記載していることとして、「とにかく毎日書き続けること」とあります。

とは言えども、仕事が忙しい日もあれば、飲み会の日もあれば、書こうにも書くべきネタが浮かんでこない日が、毎週のようにやってきます。

私の場合、こちらのブログと趣味のブログと2つ運営しており(他に弱小ブログもあります)、1つは書くべき材料があっても、2つのブログの記事を毎日更新するのは絶望的であり、少なくともどちらか一方は毎日更新するようにしています。

結局はブログは違えど、毎日更新していることにはなっているのですが、それにしても「書くべきネタが思い付かない」、ブログによっては「どんなことでもいいから、毎日書くこと」とアドバイスがあるものの、「どうせなら、全くアクセスの集まらないものも書きたくない」、そんな時のネタ探しに参照しているサイトのごす。紹介です。

下記以外にも人気のある個人ブログ(こちらは別記事にて掲載します)や、電車の中刷り広告も参考になります。

 

スポンサーリンク

 

 

デジギア好きなら、@DIME(アットダイム)

こちらは、モバイル・パソコンなどのデジギア好きなら必見です。スクショのとおり、カテゴリーもわかりやすく、以下の特徴があり参考になります。

  • ネタはタイムリーなものです。例えば、IPhone6s、iOS9、Andoroid 6.0のレビューなど。私の先日の記事「Google Now on Tap」は、このサイトから日本での提供が始まったことを知り、早速記事にしました。
  • タイトルの付け方も興味をそそるものが多く、ブログの記事タイトルを検討する際にも参考になります。

▼@DIMEスマホ版のホーム画面。カテゴリーはわかり易く分類されており、ブログを見易くするうえでも参考になります。私としては下にある「管理職の業務の実態」に興味が湧いてきました。

f:id:kminebg1110:20151115100626j:image

 

ビジネスネタなら、日経ビジネスオンライン

ブログのネタ探しならずとも、ニュースの参照・調べ事でも利用したいのが、言わずと知れた、こちらの日経ビジネスオンライン。

経営・経済情報のみならず、「公園のボール遊び」は本当にダメなのか:日経ビジネスオンラインのような、誰もが一度は思い浮かべたことがあるような記事もあり、参考になります。

記事の続きを読むためには会員登録を行う必要がありますが、無料ですので会員をおすすめします。

 

日経ビジネスと異なる視点の東洋経済オンライン

日経ビジネスオンラインと同じ経済ネタをメインとしたサイトとして「東洋経済オンライン」があります。

こちらは、例えば以下の記事など、ブログの記事として検討するのと同様な切り口での記事が多数あり、参考になります。特に2番めのMRJの記事は人気テレビドラマ「下町ロケット」と関連づけて記事にすると面白そうです。

だからエイベックスの動画配信はつまずいた | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

三菱重工がMRJに全力で挑む"真の意味" | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

車の最新情報の確認なら、Response

こちらのサイトの存在は昨日初めて知ったのですが、車好きならおすすめのサイトです。自動車・鉄道・船舶・航空など、移動体の総合サイトです。

 

何でもござれのYahoo! Japan

最後は敢えて掲載する必要もないのですが、Yahoo! Japanです。

全ジャンルを網羅したいなら、このサイトですが、ブログの記事にするにはテーマが大きすぎるかもですね。私も毎日訪問していますが、どちらかというと見出しメニューにある「リアルタイム」で人気・検索急上昇のキーワードを参照するか、もしくは記事のリンクを辿っていき、他サイトを参照する頻度が高いです。