読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

SEO対策に、Bing Webマスターツールに登録。この診断ツールが役立ちそうです

はてなブログ ブログ運営 ブログ運営-アクセスアップ・SEO

f:id:kminebg1110:20151220180930j:plain

以下の記事「Google Search Consoleの登録方法、はてなブログでの設定」のとおり、Google Search Consoleにはブログ開設当初に登録し、Google アナリティクスのレポートをみると、Googleからはそれなりの検索流入があります。

ところが、Microsoftの検索エンジンであるBingからは、ほとんど検索流入がありません。

私はそれどころか、はてなブログを始める以前は、Bingが立派な検索エンジンであることすら知らず、「いつの間にか、Google検索がBingに置き換わる厄介なヤツ」という誤った認識しかありませんでした。

 つい2カ月ほど前に、レノボのYoga Tabletを購入しようか迷っていたころ、Yoga Tablet with Bingとあり、これでようやくMicrosoftのものであることを認知した私でした。

さて、前置きが長くなりましたが、「Microsoftの検索エンジンなら、Google Search ConsoleのMicrosoft版であるBing Webマスターに登録せねば」との思いから、 ようやく登録しましたので、登録方法のレポートです。

 

スポンサーリンク

 

 

Bing Web マスターへの登録方法

まずは以下のBing Web マスターツールのサイトにアクセスです。

Bing - Web マスター ツール

 

Microsoft アカウントをお持ちとの前提で話をすすめます。

以下の画面で自分のサイトのURLをコピペし、追加をクリックします。

f:id:kminebg1110:20151220155431p:plain

次に以下の画面にて、サイトマップを追加します。「はてなブログ」の場合には、URLの最後に「sitemap.xml」を追加することでOKです。

また、「私について」の項目では、姓名や勤務先やらを入力します。必須項目が多いのですが、「勤務先」については会社のサイトではないので、私の場合は「個人」と入力しました。

f:id:kminebg1110:20151220155826p:plain

次に「はてなブログ」の場合ですが、オプション2にある赤枠のタグ全体をコピーします。(その後、はてなブログの管理画面に貼付けますが、Google Search Consoleの場合には、Content =" この部分のみ"でしたが、Bingの場合には全体となります)

f:id:kminebg1110:20151220160524p:plain

はてなブログでは、ダッシュボード⇒設定⇒詳細設定にある以下の画面に、先ほどのコピーしたタグを貼り付けます。

貼付後に、「変更する」をクリックすると、貼付けた全体のうち、””内の番号(Content =" この部分のみ")が表示され、はてなブログ側の設定は完了です。

f:id:kminebg1110:20151220161156p:plain

 そして、しばらくすると(私の場合、数時間待ちました)、以下のとおり「状態=成功」となり登録完了です。

f:id:kminebg1110:20151220161710p:plain

 

Bing Web マスターツールの役立つ機能(重要)

上記の登録方法のみで終わるつもりでしたが、Bing Web マスターツールはSEO対策に役立ちそうな機能が複数あり、意外でした。

私はこれらの機能を活かせるほど詳しくないため、簡単なところのみご紹介です。

 

▼こちらがメニューです。「レポート&データ」以外に「診断ツール」のメニューがあり、SEO対策等に役立ちそうです。このうち、「キーワード調査」と「SEOアナライザー」を簡単にご紹介です。

f:id:kminebg1110:20151220162505p:plain

キーワード調査

ベータ版とありますが、ブログ記事のタイトルを付ける際などに役立ちそうです。

試しに「iPhone 4S iOS 9.2」をキーワードに検索すると、bingでは表示回数ゼロとなっています。一方、関連するキーワードとして「iPhone 4S iOS 9」では表示回数1,242回であるものの、トレンドは下降気味であることがわかります。

このようにキーワードの確認に便利な機能です。

f:id:kminebg1110:20151220162829p:plain

SEO アナライザー

そして更に興味深いのが、SEO アナライザー。ブログ・サイトのSEOを分析してくれるツールです。

当ブログのURLを入力し「解析」をクリックすると、数秒で以下の画面が表示されます。結果、SEO 修正候補が3つです。

f:id:kminebg1110:20151220170029p:plain

修正候補を拡大したものが以下の画面。

最初のメッセージは、記事を「続きを読む」の設定をしており、タイトルのh1タグが複数あるため修正必要なし、でよいのか。

最後のALT属性は、アイキャッチ画像を試しに属性なし("")としたため、これも承知。

真ん中のメッセージは何だろう。

こんな感じですが、修正すべきかどうかの検討も含め、私のような初心者には勉強になります。

f:id:kminebg1110:20151220170058p:plain

モバイル フレンドリ テストツール

今やアクセスの大半を占めるモバイルサイトが、読者に見やすいものとなっているかをテストするツールです。試しの私のブログ記事をテストしてみると、「モバイルフレンドリ」との結果となりました。

普通にブログを作成していると、多くの方が「フレンドリ」と評価されるようなテスト項目ですが、試してみる価値ありです。

f:id:kminebg1110:20151224223307p:plain

まとめ

いかがでしょうか。

日本での検索エンジンのシェアは、Googleが圧倒的なようですが、beingも登録しておいて損をすることはもちろんありません。

また、Google Search Console、Google アナリティクスを使い慣れていない私が言うのも妙なのですが、Bing Web マスターツールの診断ツールは充実しており、この点からはむしろ登録すべきかと思います。