シートベルト警告音キャンセラー、これで警告音に動揺することもなくなります

我が家の愛車はレヴォーグ。レヴォーグにはシートベルト警告が備わっており、少しの間、シートベルトを付け忘れただけでも「ピーピー」と、かなり大きな警告音が鳴り響いています。運転している私は、警告音があまりにも大きいため、警告音が鳴るたびに動揺し運転に集中できなくなってしまいます。警告音を鳴らす発想は理解できますが、人によってはかえって逆効果かもしれないですね。

家族からは、「この音、何とかならのの?」やら、「犬を後部座席に乗せたら(普段は床に座らせています)、どうなるの?」やら、「重たい荷物を載せたら、どうなるの?」など、警告音を聞くたびに話しがでています。

さて、この警告音を回避すべく、愛犬を後部座席に乗せても大丈夫なように、家内がネットで「シートベルト警告音キャンセラー」なる物を見つけ、購入しました。最初、私は購入したことを知らず、また、シートベルトにキャンセラーが装着したままだったため、「シートベルトに何か挟まっている。納車 1年も経たないうちに壊れたのか」と勘違いしていましたが、これがなかなかの優れものです。当然ながら警告音はなりません。

我が家では、以下のAmazon最安の物ではないものの、家内が2枚300円程度でネットにて購入したようです。これで、安心して、愛犬やら大きな荷物を座席に乗せることができます。かと言って、家族には普段はシートベルトをつけるよう厳重注意です。

おそらく、こういうものを隙間商品というのでしょうね。

▼シートベルト警告音キャンセラー。私が選んでいたなら、我が家のレヴォーグ(スバル車)用に、STI(スバルの子会社で、モータースポーツへの参画や、パーツの開発・販売を行っている)ロゴ(2016/12/30現在では在庫切れのため、リンクは削除)、またはスバルエンブレムにしていました。

シェアする

フォローする