読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

5.5インチスマホのおすすめは? GR5・honor 6 Plus・ZenFone 2を比較してみた

スマホ スマホ-honor6 Plus スマホ-スマホ一般

 f:id:kminebg1110:20160211073458j:plain

先日の以下の記事にて「スマホのディスプレイサイズで迷ったら、大画面がおすすめです」と記載しましたが、対象となる機種を掲載していませんでしたので追記です。5インチのスマホは一般的になってきましたので、ここでは5.5インチのスマホを掲載しています。

 

スポンサーリンク

 

 

SIMフリー、格安SIMで使用できる5.5インチスマホ

全ての5.5インチスマホを網羅していませんが、1月に私がMNPする際に比較検討したスマホ、そして2月12日に発売予定の ご紹介のHuawei GR5をピックアップしました。

f:id:kminebg1110:20160207210542p:plain

では、1機種づつ特徴等を添えて、ご紹介です。

なお、iPhone 6 Plusはご参考での掲載です。当初、MNPにて一括ゼロ円のiPhone 6 Plusを探し求めて複数店舗をまわりましたが、結局 在庫はなく、また、そのサイズから(※)iPhone 6 Pulsの購入に迷いもありました。結果、honor 6 Pulsにして正解だったと思います。

 ※上表ではiPhone 6(S) Plusと他の機種のサイズの差はあまりないように見えますが、実際手に持ってみるとiPhone(S) Plusはひと回り大きいように感じたものです。

 

Huawei GR5
  • CPUがHuawei独自路線のものではなく、多くのスマホに採用されているSnapdragonであり、妙な安心感があります。これは、Huaweiのkirinが遅いということではなく、GR5と型番は違えどGR5と同じSnapdragonを搭載するスマホのレビュー記事は多くあるため、GR5を検討する際の参考になることによる安心感です。
  • メモリはできれば3GB、ストレージは32GBを搭載して欲しかった。メモリ2GBでもメモリ不足に陥ることはなく、また、ストレージ不足はSDカードで対応できますが、honor 6 Plusより1万円程度安いこと・コストとの見合いでしょうか。
  • バッテリーは、同じHuaweiでありながらhonor 6 Plusより容量少なく、これもコストを抑えるためでしょうか。
  • 上表には記載していませんが、honor 6 Plusが対応していないドコモのプラチナバンドに対応しており、山間部での使用も安心。

 

 

honor 6 Plus
私が約1カ月使用したなかでのレビューです。プレインストールアプリが多数あり、そしてAndroid 4.4の初期状態では「これで8コア? バッテリーも大容量の割にはイマイチ」と思えるものでしたが、以下の記事のとおり、各種設定を見直しことで豹変しました。
 
  • レスポンスは、私の前機種Nexus 5と比較すると、Webサイト閲覧などの軽めなものは同程度ですが、アプリなどのレスポンスはややhonor 6 Plusがいいようです。
  • バッテリー持ちは、初期設定・Android 4.4では「2年使用したNexus 5より多少いい程度」でしたが、上記リンク先のとおり設定を見直し、さらにAndroid 5.1にアップデート後は、10数台のスマホを使用したなかで最高レベルのバッテリー持ちに変貌。Webサイト閲覧などの1時間半程度の連続使用でのバッテリー消費は15%程度です(ヘタッたNexus 5のバッテリーでは同じく1時間半の連続使用で、45%前後を消費)。
  • 名称はiPhone 6 Plusへの対抗意識のためか、そのままベタなものですが、私的には名称がiPhone 6 Plusに似ていようがこだわるものはありません。使用していると名称など関係ありませんし。

楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

 

 

ASUS ZenFone 2

この機種はメモリ-・ストレージ容量により複数の組み合わせ・価格のものがありますが、honor 6 Plusと同価格のものを表に掲載しています。

IntelのCPUを使用し、メモリは4GBと余裕のスペックです。私がhonor 6 Plusを購入する際に、一括ゼロ円のiPhone 6 Plusか、楽天モバイルで半額キャンペーンを行っていたhonor 6 Plusか、スペックモンスターであるZenFone 2とするか、随分悩みました。

  • CPUはWindowsタブレット並のAtom Z3580を搭載し、メモリは余裕の4GB。私は実際にZenFone 2を使用したことがないものの、同レベルのCPU・メモリ2GB搭載のタブレットを使用した限りでは、かなりのサクサク感で、Nexus 5・honor 6 Plusを凌駕しています。
  • 他のレビューからの引用で恐縮ですが、「レスポンスは良いものの、バッテリー持ちがよくない」との意見が多数あります。検討される際には、数多くあるレビュー記事を参照のうえ、実機を確認されたほうが無難です。

 

 

▼2016/5/22追記。ASUS公式サイトのアウトレットにて、ZenFone 2の64GBが通常42,984円のところ、33,800円で販売しています。アウトレットと言っても箱が破損しているのみのもの。この価格では一気に購入候補になるかも。

ASUS公式アウトレット ZenFone 2 (ZE551ML-RD64S4)

 

まとめ

かなり主観的な比較となりますが、つい先日まで、楽天モバイルがhonor 6 Plus半額キャンペーンを行っていましたが、このキャンペーンを行っている場合には「honor 6 Plusは明らかに"買い"」です。ただし、「ドコモのプラチナバンドに対応していない」ことによる影響がない場合となります。

同じくHuaweiのGR5は、スペック・デザイン・価格のバランスがとれており、こちらも人気が出てくるように思います。

 

▼以下の記事にて、5.5インチスマホが「でか過ぎない」ことを、5インチ・4.3インチスマホと比較しました。