読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

コスパ抜群のhonor6 Plus、2カ月半使用後の再レビュー

スマホ スマホ-honor6 Plus

f:id:kminebg1110:20160330224313j:plain

1月10日に、楽天モバイルの店舗にて「Huwei honor 6 Plus」を購入して2カ月半が経過しました。購入直後は、レスポンス・バッテリー持ちの設定などで苦労しましたが、現在は快適に使用しています。

これまで、honor 6 Plusを題材とした記事を複数掲載しましたが、2カ月半も使用していると、当時はわからなったことも含め、そのメリット・デメリットが明確にわかってきます。

ここで、本日はあらためて「2カ月半使用後のレビュー」を価格.comのレビュー項目に応じてお伝えします。

 

※価格.comのレビュー項目に応じて、ということで、「価格.com」を参照してみると、iPhone SEを抑えて、honor 6 Plusの姉妹機とも思えるGR5が、スマホ人気ランキングのナンバーワンとなっていおました! 価格と性能のバランスから、当然のような、驚きのような・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

デザイン

私が好きなデザインであるiPhone 4SとXperiaを模倣したようなデザインのhonor 6 Plus。以下の過去記事のとおり、私はこのデザインに一目ぼれして購入した経緯もあり、デザインは文句なしに好みです。

 

 

ただし、honor 6 Plusのような5.5インチスマホをケースなしで使用する訳にはいかず、下記の手帳型ケースを使用していますが、ケースをするとスマホ本来のデザインが生かされません。結局、ケースを使用するとの前提では、スマホのデザインはそれほど重要ではないと思います。

 

▼こちらのケース(実際の購入は楽天市場にて)を購入しました。上記のレビューを記載後の気づきですが、このケースを装着すると、電源ボタン・音量ボタンが押しにくくなる(スクショを撮るための、電源ボタン・音量下ボタンの同時推しも含める)のが些細な難点。


huawei honor6 Plus ケース カバー 3点セット ガラスフィルム タッチペン おまけ 保護フィルム 保護 フィルム 手帳 手帳型 手帳型ケース メール便 送料無料 02P01Oct16

 

▼(2016年10月22日追記)上記のケースから、純正、そして480円の激安ケースに変更しています。5.5インチの割にコンパクトなhonor6 Plusには、薄目のケースが良いとあらためて認識。

 


携帯性

5.5インチスマホを選択した時点で、携帯性がやや犠牲になることを考慮のうえです。ただし、honor 6 Plusの場合(GR5も同様ですが)、iPhone 6 Plusと比較するとコンパクトであり、これまで使用していた5インチスマホのNexus 5と比較しても、それほど携帯性がわるいと感じることはありません。

ちなみに、どうしても手帳型ケースを使用していると、スマホ閲覧の際に動作が1アクション増えることになります。このことも影響し、私は自宅での部屋間の移動時には、Nexus 5を持ち歩いています。

 

 

ボタン操作・文字変換・メニュー

上記の携帯性とも関係しますが、ボタン操作・文字変換・メニューについては、ホームアプリ・ウィジェット・ショートカット・アプリなどで補うことができるため、無評価とします。

 

▼レビュー項目とは直接関係ありませんが、私のhonor 6 Plusのホーム画面です。Go Launcher EXに、Plate Themeを適用しています。Plate Themeはアイコンのサイズが揃うので見た目をスッキリです。機種変更しても4年ほど同じスタイルを貫いています。ちなみに、壁紙も4年前から同じXperiaのものを移植。

f:id:kminebg1110:20160327180705j:image

 
▼文字入力は「Google 日本語入力」。こちらは赤丸をタッチすることにより、右寄せ・左寄せになる優れもの。これがあれば、5.5インチスマホの文字入力も苦になりません。
f:id:kminebg1110:20160327180751j:image

 

レスポンス

レスポンスには苦労しました。購入直後は、デフォルトのAndroid 4.x、楽天関連のプレインストールアプリがワルさをして、レスポンスが残念な状況でした。

この残念なレスポンス・イマイチなバッテリー持ちは、以下に記載の項目・過去記事のとおり対応することにより、オクタコア相応のレスポンスとなりました。

 

  • プレインストールアプリのアンイストール、または無効化。
  • バックグラウンドで稼働するアプリの制御。
  • 画面消灯時の通信オフ。
  • Android 5.1への更新。

 

 

 レスポンスのイメージを掴んでいただくために、Nexus 5との感覚的な比較は下記のとおりです。

 

  • 全般的なレスポンスは、honor 6 Plusのほうが、よりキビキビしている。例えば、ゲームアプリ・ブログで使用する画像の編集などで顕著。
 
  • ただし、Google Chromeやホーム画面などのスクロールにおいて、honor 6 Plusはややカクつく状況あり。honor 6 Plusと同CPUを搭載する他機種も同じ現象とのコメントもあり、CPU・チップセットの特性、またはチューニングによるものかと思われます。
 

画面表示

普通に綺麗です。Nexus 5と比較すると、やや濃い目の色調のようです。ただし、唯一 Nexus 5に劣る部分として、屋外での視認性はやや見辛いです。例えば、晴れの日は仕方がないとしても、曇りの日にも見辛い時があります。
 

なお、ガラスフィルムは以下の記事で掲載のものを使用していますが、購入当初は気付かなかったものの、油汚れ?が付着しやすいです。先に紹介の手帳型ケースを使用していると、ケースの表蓋のあとがクッキリ残っています。

 

あらためてAmazonのレビューを参照すると、指紋・油汚れの付着がないとの観点では、以下のものが良さそうです。

 

バッテリー

このバッテリー持ちも当初は苦労しました。もともと、Nexus 5のバッテリー持ちのわるさが限界であったことも、機種変更の一因です。しかしながら、当初は大きく期待外れ。
このバッテリー持ちも、レスポンスと同様に以下の手段をとることにより、大きく改善。今では、通勤時の1時間半の連続使用で20%のバッテリー消費です(Nexus 5では、45%前後)。
 
  • プレインストールアプリのアンイストール、または無効化。
  • バックグラウンドで稼働するアプリの制御。
  • 画面消灯時の通信オフ。
  • Android 5.1への更新。

 

その他、楽天モバイルの回線速度

一部のプラチナバンドに対応していないhonor 6 Plusですが、千葉・都内ではその影響を感じません。ただし、このプラチナバンドの影響かは不明ですが、平日の昼休みの繋がりにくさは特筆もの(都内渋谷区某所で使用)。

私は同じNTT回線でも、FreetelのSIMも併用(Freetel KATANA 02・Windows 10 mobile スマホ)していますが、honor 6 Plusは繋がりにくくても、Freetl SIMは普通に繋がることもしばしば。

この楽天モバイルの繋がりにくさは、昼休みのみであり、その他の時間帯での繋がりにくさは感じません。

 

楽天モバイルの参照はこちら。私は、Nexus 5・Y!mobileから乗り換えました。

【楽天モバイル】

 

▼楽天モバイル(honor6 Plus)、mineo(マイネオ、iPhone6)、フリーテル(Win 10スマホ)の回線速度の簡易比較です。


まとめ

Nexus 5からhonor 6 Plusにメイン機種を変更し、全く後悔することはなく、以下の点でNexus 5より優れています。なお、カメラも特筆すべきものがありますが、ほとんど未使用のため、カメラは未評価です。

  • レスポンスは、縦横スクロールを除き、Nexus 5よりも優れている。
  • 5.5インチスマホは、老眼気味の私には見易さ抜群。
  • 5.5インチの割にはコンパクトで、使い勝手は5インチスマホと大きく変わらない。
  • バッテリー持ちも、1時間半の連続使用で20%の消費量と十分に満足のいくもの。
  • やはり、なんと言ってもコスパは抜群(2016年10月22日現在、以下のファ-ウェイ公式にて21,384円)

 

【ファーウェイ公式】 honor6 Plus ブラック ダブルレンズ・LTE対応SIMフリースマートフォン!【送料無料】

 

 ▼2016年11月1日までの限定ですが、楽天モバイルの通話SIMとのセットで、ついにhonor6 Plusが一括9,800円に。


▼5.2インチスマホの比較記事はこちら