読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

はてなブログ、カテゴリーの階層化を行い200記事をスッキリ整理

はてなブログ はてなブログ-カスタマイズ

f:id:kminebg1110:20160514231639j:plain

この3月・4月はブログ更新のペースが落ちていましたが、ようやく当ブログも200記事が目前となりました。

200記事の到達間近はよいのですが、ブログのカテゴリーが収拾つかないまま放置状態でした。ブログを読んでくださる方を混乱させるどころか、自分で過去記事を探そうにも迷ってしまいます。さらに、アクセスアップのためには、直帰率を少しでも下げたいところ。

このため、今回 3時間前後をかけて記事のカテゴリーを整理しましたので、2回に分けてレポートします。まず、今回はカテゴリーの階層化を再度行ったことについてです。

 

スポンサーリンク

 

 

▼今回も参照させていただいたのが、もはや私が紹介する必要もない「池田仮名さん」の記事です。ありがとうございます。

カテゴリーの階層化

私はWordpressのブログも運営していますが、Wordpressでは難なくできる「カテゴリーの階層化、親カテゴリー>子カテゴリーの表示」が、「はてなブログ」では機能として備わってないです。

このため200記事もあると、同分類のカテゴリーが乱立し、わるい意味で凄まじいことになっています。

そこで今回、カテゴリーの見直しと(200記事近く見直したため、この見直しで1時間半ほほどかかりました)、以前から行っていた階層化の再設定を行いました。

 

階層化の設定方法

▼以下の画像のとおり、例えば「ブログ運営」カテゴリーを階層化する(疑似的に子カテゴリーを作成する)場合、子カテゴリーを「ブログ運営-アフィリエイト」のように「-」で繋げ、記事作成の際にカテゴリーを「ブログ運営」「ブログ運営-アフィリエイト」の2つを指定して完了です。

f:id:kminebg1110:20160514223708p:plain

 

階層化の適用事例(パソコンサイト)

スマホサイトの適用・活用事例は別記事で掲載しますが、パソコンサイトは以下となります。

 

  • 画像の①では、記事毎に階層表示(親カテゴリー・子カテゴリー)されています。
  • ②のグローバルメニューにおいては、私の場合「ブログ運営」の親カテゴリーのリンクを貼っています。このグローバルメニューが子カテゴリー表示の場合、カテゴリー表示数が多く、逆に利便性を損ねてしまいます。
  • ③のサイドバーのカテゴリーは子カテゴリー表示となっています。サイドバーのカテゴリーも親カテゴリーを表示する場合には、先の「池田仮名さん」の記事を参照くださいませ。

 

f:id:kminebg1110:20160514223721j:plain

 

▼グローバルメニューについては、こちらも参照。

 

▼参考書籍。「カエレバ」でお馴染みの「かん吉」さんの書籍です。Kindle総合のベストセラー最高2位(雑誌抜きなら1位)の人気書籍