読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

楽天モバイル 端末タッチ&トライイベントに参加、Huawei編

スマホ スマホ-スマホ一般 スマホ-honor6 Plus

立て続けに6/7(火)に参加した「楽天モバイル 端末タッチ&トライイベント」の簡易レポートです。

今回は「イメージ編」「ASUSが元気編」に続き、「Huawei」編です。イベントのHuaweiブースでは、私のメインスマホであるhonor 6 PlusとMate Sの2機種の展示です。honor 6 Plusは散々記事にしていますので、今回はMate S、そして現在は予約受付中であるため、当日の展示はなかったものの、「P9」「P9 lite」のレポートです。

 

スポンサーリンク

 

 

基本スペックにみる「P9」、「P9 lite」の特徴

私はhonor 6 Plusと比較するとコメントしやすいため、楽天モバイル公式から読み取れるスペック比較を掲載します。

f:id:kminebg1110:20160612181245p:plain

イベントとは関係ないのですが、「P8 lite」は人気機種だったために、やはり気になるのは「P9」と「P9 lite」。「P9」はライカのダブルレンズ搭載とありますが、私は写真には凝らない(honor 6 Plusのダブルレンズも全く活かしきれていない)ため、ここではその特徴等は割愛。

個人的に感じる「P9」、「P9 lite」のポイントは以下のとおり。

  • 5.2インチのディスプレイサイズは、大きすぎず小さすぎず絶妙。私は5.5インチが好きなのですが、同じく5.5インチのiPhone 6 Plusの大きさのイメージから、5.5インチに躊躇する方もいるはず。この点、5.2インチを出してきたHuaweiの心意気が感じられたりします。
  • ライカレンズの「P9」か、価格の安い「P9 lite」のどちらがよいかと問われると、私的にはコスパの面から「P9 lite」。メモリが3GBあると、間違いなく「P9 lite」となるのですが。。。
  • CPUの型番から察するに、「P9」のkirin 955はhonor 6 Plusのkirin 925よりは上位と思われますが、「P9 lite」のkirin 650がどれほどの性能か気になるところ。kirin 925・kirin 650をググってみたものの、どれほどの相違があるものか確認できず。kirin 650の性能が気になるというのは、honor 6 Plusのkirin 925は縦横スクロールに弱い(Google Chromeで特に顕著)と感じており、このあたりが改善されているかがポイント。
  • 「P9」「P9 lite」はAndroid 6.0となり、購入直後から省電力機能であるDozeモードが機能します。Dozeモードの使い方は、別記事Nexus5にAndroid 6.0をインストールしてみた、その2「Dozeモードの使い方」にて紹介しています。私はhonor 6 Plusの購入直後(Android 6.0ではないため、Dozeモードは使えず)に、省電力設定で苦労しただけに、このDozeモードが使えるのはよいことです。
  • なお、「P9 lite」は「新世代指紋センサー」により、『最大5つの指紋登録が可能で、360度どの向きからも素早く指紋を認識する』とのこと。私は指紋センサーを使用したことがないため、どれほどすごい機能かわからず。販売開始後のレビュー等を確認します。

 


【ファーウェイ公式】HUAWEI P9 lite (ゴールド)軽く、薄く、美しい!【送料無料】

 

▼「P9」「P9 lite」は、現在 予約受付中・6/17(金)の販売開始となりますが、6/28 AM10:59までに楽天モバイルで申込みすると、本体価格が「P9」は5,000円引き、「P9 lite」は3,000円引きとなるキャンペーン中です。

楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

 

先進機能・高級感のあるMate S

 イベント会場で撮影した写真がボケボケだったため、写真なしでいきます。

Mate Sをはじめて触りましたが、Huaweiの方の説明を聞きつつ、また端末を弄りつつ感じたことは以下のとおり。

 

  • 上記のスペック表では、honor 6 Plusとほぼ同サイズですが、角張ったhonor 6 Plusに対し、Mate Sは背面のエッジが効いており(最薄部は2.65mm)、honor 6 Plusよりも持ち易さを感じます。
  • また、前面の周囲の面とり、そしてパンフレットにも「ガラスとメタルの美しい融合」とありますが、この影響か honor 6 Plus以上に高級感があります。

 

なお、操作で「これはいい!」と感じたのは下記です。ブロガーにはありがたい機能ですね。

  • また、ナックルセンス・テクノロジーにより「指関節の操作」により、スクリーンショットや画像の切り取りができること。ブログの編集で、スクリーンショットを多用する私には、honor 6 Plusにも欲しい機能。
  • また、スクリーン上の操作の録画も、このナックルジェスチャーにより可能です。

 

価格が79,800円と高価ですが、小遣いに余裕があれば このMate Sを購入との選択肢もありました。

 

 

▼Mate Sの特殊機能等は、こちらのサイトが詳しいです。


▼楽天モバイル イベントレポート、「イメージ編」「ASUS編」もご参考