読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

アクセスしているのは自分のみ。Word Pressの我慢大会開始

ブログ運営 ブログ運営-その他

f:id:kminebg1110:20160629233136j:plain

先日の以下の記事「ブログ運営 約1年で感じた、複数ブログを維持することの難しさ」にて、「はてなブログでブログを3つ運営するのは困難。かといってWord Pressも本格参入したい」と記載しました。

はてなブログの3つのブログの方向性は検討中ですが、複数ブログ運営の困難さに懲りずに、6月19日よりWord Pressでの雑多ブログを始めました。Word Press・独自ドメインのジャンル特化サイトは3月より開始しているのですが、雑多ブログとなると初参入。

「Word Press・独自ドメインは、はてなブログと比較するとアクセス初動が遅い」ことは重々承知していたのですが、Word Pressで2つめのサイトを開始してみて、あまりにもアクセスの初動が遅いことをあらためて認識。

今回は以下の記事と一部重複するものの、初動の遅いWord Pressとはてなブログとの比較あれやこれやです。

 

スポンサーリンク

 

 

現在のWord Press ブログの状況

ブログを開設して約2週間、記事数にして11記事のみのため、現段階ではアクセス数云々を語る以前の状態ですが、まさに「アクセスしているのは自分のみ」の状況です。

はてなブログの場合には、記事を投稿すると、はてなのリンクをもらえることもあり、開設直後も1桁台以上のアクセスとなることもあります。

一方、Word Press・独自ドメインの場合には、全てが自分の努力次第であり、開設直後は誰のヘルプもない「大海原の孤島」 「砂漠のなかの掘っ立て小屋」の状態。

昨日のアクセスは僅か3PVです。私は当ブログを始め他サイトがあるために、あとは「コンテンツを充実させ、アクセスが増えるのを待つ我慢大会。のんびりと構えていればいい」のですが、初めてのブログをWord Press・独自ドメインで開設した場合、心折れてしまうと思われます。

 

 がしかし、初動が遅くとも独自ドメイン。一度、アクセスが集まれば、インデックスは速く、コンテンツを充実・タイトルの付け方・キーワードの選定などを怠らなければ、検索エンジンでの上位表示されやすいものです。ここは、コンテンツを充実させ、我慢あるのみです。

 

Word Pressから「はてなブログ」への移行者が多いのは何故だろう 

私は、「Word Press」と「はてなブログ」を比較した場合、ブログ編集時の各種便利機能(注)の豊富さから、「ブログ編集のし易さ」との観点ではWord Pressが好み。

しかしながら、「はてなブログからWord Pressへの移行」の記事はあまり多くなく、圧倒的に「Word Pressからはてなブログへの移行組」が多い状況。

このWord Pressから「はてなブログ」への移行組が多いのは、多数のサイトに記載の事項を総合すると以下に尽きます。

 

(注)Word Pressの選択するテーマにもよりますが、関連記事・人気記事の導入、広告配置、特定記事・カテゴリーの広告非表示など、はてなブログでは難ありな設定が容易にできること。「はてなブログ」のように、カスタマイズで頭を悩ますこともあまりなく、Word Pressは記事の作成・編集に集中できると言えます(逆に、「はてなブログ」のほうが、記事作成に専念できるとの意見も多数あり)。

 

はてなのサービスは拡散されやすい

Word Pressから「はてなブログ」への移行組が多いこと、移行した背景は以下のようです。

 

  1. はてなブックマーク・はてなスター・ホットエントリーなどの、記事が拡散されやすいしくみができている。
  2. はてなブックマーク・はてなスターが付くと励みになり、モチベーションがあがる。
  3. 仲間意識ができ、ひとりぼっちにならない。

 

 上記の1~3との、確かにそのとおり。私は「はてなブログ」らしい活動をほとんど行っていないのですが、「はてなブックマーク、はてなスター」が付くと、俄然やる気になってきます。逆に、多くのブックマーク・スターの付いている他のブロガーさんの記事をみると、自分が情けなくなってきたりもします(これは私にとっては、マイナス面です)。

 

まとめ

多くのWord Pressから「はてなブログ」への移行組の記事を拝見すると、はてな活動をあまり行っていない(行おうと思いつつもさぼっています)当ブログでも、「はてなブログ」の恩恵を受けているのだろうなと実感。

でも、ここは「はてなブログ」の力を借りずに、Word Pressでどこまでいけるか試してみたい想いが強いため、Word Press・独自ドメインでの新設ブログの我慢大会を続けます。

 

▼2004年出版と古いものですが、はてな公式ハンドブックもあるのですね。古いために中古で読むとよいかも。