読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

申請漏れ注意、Amazon アソシエイトでのサイト追加は都度申請が必要

ブログ運営 ブログ運営-アフィリエイト

f:id:kminebg1110:20160703175930j:plain

Amazonアソシエイトを行うにあたり、何度か間違いをやってしまいましたが、更にやらかしていることが発覚。Amazonアソシエイトでは、サイト毎に追加申請が必要なことを、全く知らずに10カ月も過ごしていました。

検索して確認してみると、私と同様に「サイト毎の追加申請が必要となることを知らずに、あわてて追加申請」している方が少なからずいるようです。

今回は、このAmazonアソシエイトの追加申請に関するレポートです。

 

Amazonアソシエイトのこれまでの失念・勘違いの再確認

今回の追加申請漏れの前にも、2回ほど失念・勘違いしていたことがあります。

 

 ▼Amazonアソシエイトへの参加者宣言を失念していた。

当ブログでは、パソコンサイト・サイドバーの最下段にて宣言しています。


▼はてなブログ・Amazon商品紹介リンクのID連携を失念。

自分の収入になっていないだけなので、かわいい間違いです。

 

スポンサーリンク

 

 

 Amazonアソシエイトの追加申請方法、他

 今回、私が「サイト毎に追加申請が必要」とわかったのは、以下の記事を読んだことがきっかけ。

 

▼私のWord Pressブログで使用しているテーマの、作者さんのサイト

 

「サイト毎に追加申請が必要」ということに気がついたのは、5月後半でしょうか。

気がつくのと前後して、私は「もしもアフィリエイト」経由でも当ブログでのAmazonアソシエイトの利用申請を行い、承認を得ていたため、当ブログのAmazon広告は概ね「もしもアフィリエイト」経由のものに切り替えていました。

気がついた時点で、Amazonにダイレクトに申請をあげてもよかったのですが、当ブログを独自ドメイン化する構想があり、二度手間を避けるためにダイレクトでの申請は後日扱い。

本日、はてなブログでの独自ドメイン化を行ったため(独自ドメイン化は別レポートにて)、今日の昼過ぎにあらためてAmazonにダイレクトに申請・申請後1時間ほどで承認となりました。

 

Amazonアソシエイトへの追加申請方法

では具体的に追加申請方法です。

 

▼Amazonアソシエイトサイトの上部の「アソシエイトアカウントの管理」・「Webサイト情報の確認」をクリック

f:id:kminebg1110:20160703170819p:plain

 

▼ここが重要ですが、上部の「事前にこちらから」をクリック。私も間違っていましたが、下部のURLを追加するだけではダメです。こちらに追加するのは、申請・承認後です。

f:id:kminebg1110:20160703170832p:plain

 

▼「事前にこちらから」をクリックすると以下の画面に遷移し、必要事項を入力のうえ、下部にある(画像では見えていません)「Eメールを送信する」ボタンをクリックし、申請完了です。

f:id:kminebg1110:20160703170850j:plain

 

▲具体入力事項の例は以下です。入力にあたり、私は複数サイトで確認したうえ、以下を入力し、申請後1時間ほどで承認(メール受領)となりました。

 

  • ①は今回 追加申請するサイト名。私の場合は「気ままに殴り書き」
  • ②のメールアドレスは、アソシエイト登録のメールアドレスが自動表示されます。
  • ③はプルダウンで選択しますが、サイト追加の場合は上記でOK。
  • ④はアソシエイトIDが自動表示されます。
  • ⑤は、初回の申請・登録済のURL。私の場合、別ブログで承認済でしたので、そちらのURLを入力。
  • ⑥はご自身の名前。
  • ⑦の具体例は以下。

 

⑦で、私が実際にコメントした内容。

いつもお世話になっております。
私のアソシエイト ID:(ご自身のID)に新しくサイトを追加したいと考えております。
以下、私が追加登録を希望するURLです。

http://www.kimanagu.com/ (申請するURL)

お忙しいところ申し訳ありませんが、審査いただきたく、よろしくお願いいたします。

 

肝心なこととして、「既にサイトにAmazon アソシエイトのリンクが貼ってある場合、どうすべきか」という課題があります。

私の場合、「もしもアフィリエイト」経由(承認済)でのAmazon広告に切り替えていましたが、独自ドメイン化したため「もしもアフィリエイト側」でも再申請する必要があります。

200記事超もあると、Amazonの広告を全て削除・承認後に再度貼付けすると、かなりの作業時間となるために、以下で対応しましたが、難なく承認となりました(私の場合は、です。広告を全て削除した、とのレポートもあります)。

 

  • 先頭の10記事程度とサイドバーのAmazon広告を削除。
  • Amazonアソシエイトへの参加者宣言を削除(承認後に再設定)。
  • Amazon関連の記事を下書き状態に。

 

まとめ

Google Adsence・他のASPなど、1サイトが承認済であれば、サイトの追加登録で可である一方、Amazonアソシエイトなど、1サイト単位で申請を行う必要があるASPもあり、混乱してきます。

そしてまた、Amazonアソシエイトサイトの説明文が、「必ず1サイト単位で申請が必要」と端的に記載していない(?)のも誤解を招いていそうです。

Google Adsenceにせよ、Amazonアシシエイトにせよ、アフィリエイトを行う場合には規約・申請ノウハウ記事をじっくり読み込むことが必要ですね。

 

▼ところで、最近 お気に入りなのが、こちらの小さなAmazonアソシエイトの商品紹介ツールである「BabyLink」。

「はてなブログ」のAmazonツールやカエレバを使用すると、スマホで表示するにはやや大きすぎ。このツールは控えめであり、文中での表示にはバッチリです。もちろん、私が以下で使用しているとおり、「はてなブログ」でも使用できます。

 

 

▼BabyLinkの作者さんの記事はこちら。


▼私のWord Pressブログの記事にて、「はてなブログ」のAmazonリンク・カエレバリンク・BabyLinkとの大きさ比較した記事はこちら。