ブログ開始1周年。単月10万PV、収入5万を達成し感じたこと

当ブログは開設後2週間足らずですが、来週月曜日の7月5日で「はてなブログPro」を始めてから1年です。この1年を直前にして、5月でようやく単月10万PVを達成、そして6月に単月5万円の収益を実現できました。

ブログはPV・収益が全てではないものの、ブログを始めたからには、やはり気になるのが「自分のブログはどれほどのアクセスを集めることができるか。そして収益はいかほどか」ということ。一定のアクセスが集まってくると、さらに気になるのが「他人と比べて、どうなのか」ということではないでしょうか。

私もつい昨日まで、ブログを1年間継続している他のブロガーと比べてどうなのか、少なからず気になっていましたが、以下の記事を読んだことにより、何か吹っ切れたような気分になり、「他のブロガーとの比較よりも、マイペースで続けることが肝心」と思い始めています。今回は、ブログ開始から1年が経過し、単月10万PV・収益5万円となって実感したこと、および以下の記事に対する私の想いと心境の変化のレポートです。

単月5万円達成までの労力はいかほどか

「他のブロガーとの比較する想いが吹っ切れた」としながらも、これまで多くのブログ記事・アフィリエイト記事を読んで感じたことは、1年で単月5万円とは遅いペースだと思われます。2015年10月後半からGoogle Adsenceを始めたのですが、現在の収入の7~8割はGoogle Adsence。以降、収入の大きい順では、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、楽天アフィリエイト、他少々と続きます。

果たして、これまでどれほどの労力を費やしてきたかというと、

  • 現在 運営しているブログは、開設直後の当ブログを含めると4つ。うち、メイン2ブログで単月8万PV弱。
  • 書いた記事数は、削除したブログ・削除した記事を含めて、約700記事。
  • ブログ編集、記事の参考のためのサイト閲覧、ノウハウ吸収も含め費やした時間のおよその規模感は、本業のある平日は2~3時間(通勤時間も含む)、週末は土日合わせて10~15時間。
  • この3月以降は、就寝の直前30分~1時間以外は、テレビはほとんど観ていません。

こうして書き出してみると、去年の7・8月は日々のPVが2桁だったことを思うと、我ながらよくやってきたものだと実感する一方、ブログのカスタマイズにもかなりの時間を費やしていることから、もっとコンテンツの充実に時間を費やすべきだったとの反省もあります。

いづれにしても、恐ろしくて時給換算はできないほどです。

給料アップよりも、サイト収入アップがより確実

DSThmlrUgeL3SOi1467464759_1467464765

さて、冒頭でご紹介の「もしもアフィリエイト公式ブログ」の記事には以下の記載があります。

  • 給料10万円アップを目指すより、副収入10万円アップを目指した方が楽なのでは。
  • 副収入で10万円アップするためには、正直、労力は本業以上にかかります。ただし、時間は10年かからないことも多い。

上記1・2とも概ね同感です。この同感したことにより「他のブロガーさんがどうであれ、自分のペースで、あせらずじっくりとブログを育てていけばよい」との想いが生じました。

では、自分のケースにあてはめて個別にみていきます。

給料アップよりも、サイト収入アップを目指したほうが楽

この1年間、「ブログに費やす時間を本業(サラリーマンです)にまわしたほうが、収入面で有利かも」と感じたこともありましたが、私はあと1年半ほどで50歳。本業の先が見えつつある年齢となりました。

私の会社の場合、昇給したとしても、現実的な昇給は月額3,000円程度。この程度ならアフィリエイトの収入アップに取り組んだほうが遥かに楽です。月間PVを1~2万増やすと現実的になってきます。

また、現実的ではありませんが、2年で2段階の昇格があった場合にも月額10万円のアップには至らず、1年あたり概ね月額4万円の給料アップ。奇跡でもない限り、2年で2段階の昇格はあり得ません。

こう考えれると、私のペースでの1年で月額5万円のサイト収入は、給料アップでは簡単に得ることのできない収入アップです。

サイトでの収入アップは、本業以上の労力を必要とするのか?

「もしもアフィリエイトブログ」のコメントに対して、疑問符としています。というのも、サラリーマンとしては、本業でいくら頑張ったところで、それが数値など目に見えて大きな成果をあげない限りは収入アップには結びつかない、との現実を感じているためです。

リーマンショックに伴う企業の体力強化しかり、東日本大震災による節電志向しかり、また先日のイギリスのEU離脱に伴う将来的な影響への懸念も含め、自然の影響があるにせよ、数年おきに、あるいは1990年前後にバブルがはじけて以降 継続してからかもしれませんが、そう簡単に給料があがる状況ではありません。

といった意味では、アフィリエイト収入をそれなりに得るには、かなりの労力を必要とすることには間違いはありませんが、サラリーマンの場合には「本業以上の労力を必要とするのか」については「否」との感覚です。

まとめ

いかがでしょうか。かなり現実的なことを記載しましたが、あらためて現実的なことを整理すると、多くのサイトで記載があるように、簡単に、しかもすぐにアフィリエイトで大きな収入を得る方法はないと言ってよいと思います。地道な対応を継続してはじめて成果に結びつくものであることを、この1年間を通じて実感しました。

ところで、「もしもアフィリエイトの公式ブログ」ですが、今回の記事以外にも、特にブログを始めて間もない方、そして私のようにブログを1年程度やってきた方にとっても、役に立つ記事が多数あり、是非 ざっとでも読んでみることをおすすめします。

▼こちらの「もしもアフィリエイト」サイトもおすすめ。先の記事「もしもアフィリエイトの最大のメリットは、そのサポート体制にあり」に記載のとおり、メルマガによるノウハウ連携などアフィリエイトを行ううえでのサポートは強力です。

がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」

シェアする

フォローする

関連記事