Amazon Vineメンバー入りを目指すなか、レビューへの反応 ランキングなどの面白さに目覚めた

つい最近まで、「楽天市場に比べて、なぜamazonのレビューは詳細なところまで記載があるのだろう。何かメリットでもあるのだろうか」と素朴な疑問を持っていた私。「Amazon Vine 先取りプログラム」なる、企業側からの新商品のサンプル提供、提供を受けたものはレビューを投稿するとのプログラムがあったのですね。ならば私もと、最近 集中してレビュー投稿していますので、これまでレビュー投稿して感じたこと、効果のあったことなどを掲載します。

スポンサーリンク

Amazon 先取りプログラムの概要

まず、「Amazon 先取りプログラムとは何ぞや」ということですが、Amazon公式から抜粋すると、以下のとおりです。

  • Amazon Vine 先取りプログラムとは、予約商品や新商品のサンプルをご利用いただき、ご意見やご感想をカスタマーレビューとして投稿いただく、招待制プログラム
  • 本プログラムのメンバーは、他のお客様の役に立つ率直なカスタマーレビューを投稿している実績があります。Amazon.co.jpでは、各仕入先から提供されたサンプルを、メンバーに無料でお送りします。
  • メンバーは商品に対する意見を自由に書くことができます。メンバーによるレビューには、「Amazon Vine 先取りプログラムメンバーによるカスタマーレビュー」という緑色のストライプが表示されます。

他のお客様の参考になったレビューを多く投稿した方には、企業から新製品などのサンプル提供があるので、その率直な意見をレビューとして投稿してね。その際には、他のレビューと区別できるよう、緑色のストライプで表示するよ、とのことですね。

つい最近、私はとあるマウスを購入する際にamazon レビューをみると、「Amazon Vine 先取りプログラムメンバーによるカスタマーレビュー」が独占している状況。このサンプル提供数はすごい、そして羨ましいと思ったしだい。これにより、レビュー投稿の集中取組が始まりました。集中取組と言っても、週に3件程度。合計20件に満たないのですが。

Amazon Vine 先取りプログラムメンバーになるには

Amazonでは、10,000人のベストレビュアーランキングが公開されていますが、ランキングの判定については、以下の記載があります。

  • 「参考になった」の投票がランキングにより影響を与える。
  • 投稿された日付が新しいほど、ランキングに影響を与える。これにより、最近のお客様でもベストレビュアーのランキングに入ることができる。
  • 適切に投票された場合だけ、ランキングに反映されます。

「参考になった」の投票数、投稿に対する割合のみならず、直近の投稿で「参考になった」が多い場合には、ランキングが上がりやすいとのことです。これは、私の「レビュー件数」「参考になった」の件数が少ないにもかかわらず、順位が急上昇していることからも明らかです。また、3番目は不正な投票は無効とのことですね。

Vine 先取りプログラムメンバーになるには、amazonからメンバーへの招待メールがあるようですが、その基準は確認できず。ザクっと複数のサイトを見る限りでは、ランキングはもちろんのことですが、レビュー件数や初レビューからの期間も関係するように思えます。後述の私のレビュー件数では、まだまだですね。

集中してレビュー投稿してわかったこと、現在の状況

投稿数は十数件程度ですが、なんと、ランキングは1,300番台前半となりました。集中取組を始める前は、8件の投稿で十数万台だったため急上昇です。

▼公開されているためモザイクをする必要もないと思うのですが、画像貼付してよいものか不安もあるため、一応 モザイク表示です。「参考になった」件数は400件目前です。

たまたま、amazon Prime Day セールで大幅割引となっていた商品と、私が投稿したレビューの製品が、時期的にも運よくマッチし「参考になった」が集まったにすぎないのですが、また、1,300番台で記載するのも憚られるのですが、集中取組して気がついたことなどは以下です。

  • amazonで購入した商品のみレビューを投稿できると大きな勘違いをしていた。amazon以外で購入した商品もレビュー投稿できます。
  • 私はほぼ全レビューとも、コメントの信憑性を増すために、写真も投稿しています。特に、amazon以外で購入した商品については、本当に使用したうえでのレビューであることを示すため、全レビューに写真を添付。写真があったほうが「参考になる」と推察。私はamazonでデジギアを多く購入するのですが、写真があるとかなり参考になりますし。
  • ブログで製品レビューを多数書いているのですが、慣れていることもあり、レビューが書きやすい。SEOではないですが、アクセスを集めるためのブログの書き方と、レビュー投稿と共通点があるとの認識です。
  • マイナー製品よりも、レビュー件数の多い商品が間違いなく「参考になった」の反応は多いです。
  • 私はブログ記事と同様に、文章が長くなりがちですが、長すぎてもポイントが絞りにくい、短すぎると伝わりにくく、その兼ね合いが難しいです。

そして何よりも、ブログのレビュー記事ではアクセス数以外の成果が見えにくく、よほどのメジャーサイトでない限りは、即アクセスが集まることはないのですが、amazonレビューでは、Amazonというビックネームのもとに、その製品を目的として皆さん集まってくるため、レビューを読んでいる方もブログ記事よりも膨大、「参考になった」が件数・ランキングに反映されやすいため面白く、モチベーションがあがります。

また、ブログ記事よりも字数が少ない分、短時間で仕上げることができるため、ブログ記事の筆が進まない場合など、気楽に対応することができます。

まとめ

Amazon Vine 先取りプログラムメンバー入りの微かな希望を抱いて、集中取組を始めたamazonのレビュー投稿。はじめてみると、先取りプログラムメンバー狙いは別にしても、「参考になった」の反応、変動しやすいランキングなど、かなり面白いものです。ブログ記事でレビューを多く掲載している方は、レビュー記事との共通点も多く、ブログ記事編集に疲れた場合の気分転換にもよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事