読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

BabyLink、スマホでのAmazon商品紹介に効果を期待できる、小さな広告はいかが

ブログ運営 ブログ運営-アフィリエイト

548tfpqm1G1k9jg1466925249_1466925286

過去記事「Amazonアソシエイト、単月成果5,000円越えのために対応した事項」に記載しましたが、Amazonアソシエイトの成果がアップしている要因として、カエレバ・BabyLinkを導入したことがあります。記事執筆から2ヵ月ほど経過しましたが、Amazonアソシエイトの成果は当時の倍近く。全てがカエレバ・BabyLinkの効果とは言い切れないものの、これらが要因の一つであることには間違いありません。そこで今回は、Amazonの商品リンクに小さな広告を作成できるBabyLinkのご紹介です。

 

BabyLinkの利用を始めた背景

 ▼実際のBabyLinkの使用例はこちら。文中に挿入するには、主張しすぎず、控えめすぎず、ほどよいサイズです。

BabyLinkを導入した背景は以下となります。

 

  • Amazonアソシエイトの公式は、デザインがちょっとね。
  • カエレバ、あるいは「はてなブログ」公式の商品リンクは、文末に置く際に、パソコンサイトではまだしも、スマホサイトでは大きすぎ感あり。いかにも広告感を前面に出しています。大きぎて、本文よりもアフィリエイトがメインに思えてします。

 

そこで目に留まったのが、WordPressのテーマ「Simplicity」でお馴染みの、「わいひらさん」が作成するAmazonアソシエイトリンク作成ツールである「BabyLink」です。

 

スポンサーリンク

 

 

BabyLinkによる商品リンクの実例画像比較

実際の設定方法は、私が記載するのもはばかられるため、以下リンク先の「わいひら」さんの記事を参照くださいませ。

初期設定は、トラッキングIDを登録するのみのシンプルさ。また、私が何度も使用したところでは、「カエレバ」が時々 商品が表示されないエラーがあるのに対し、BabyLinkでは、そのようなエラーはほぼありません。

 

▼「わいひら」さんのBabyLink記事

http://nelog.jp/babylink-amazon

 

では、広告の大きさ比較です。

 

▼「はてなブログ デフォルト(上)」とBabyLinkで作成したもの(下)

46wponcmi64kzvb1466919968_1466920027.jpg

▲「はてなブログ」の下書きプレビュー(スマホサイト)より画像貼付しています。これをみると、その大きさは一目瞭然。

「はななブログのデフォルト」はBabyLinkの倍ほどの大きさがあります。また、「この商品を含むブログを見る」の文言は、誰もが「他のブログに流れて欲しくない」と思っているはずであり余分なもの。

 

記事下に「はてなブログのデフォルト」でのAmazonアソシエイトリンクを貼る場合には、まだよいのですが、記事中に2つ並べて貼るとかなり鬱陶しくなります。ブログ運営者の私でさえ鬱陶しく感じるため、読者の方にはなおさらのこと。

 

▼こちらは「かんきち」さん作成の「カエレバ」を「はてなブログ」の有志の方がカスタマイズしたもの(上)と、BabyLink作成(下)の比較。

vrrnu2exwenrbyd1466919879_1466919939.jpg

 ▲「カエレバ」のカスタマイズ版は多数ありますが、上の画像のものは、どちらかというとスマホ向けの最もコンパクトなものです。Amazon・楽天市場・Yahooショッピングを併記のため、スペースが大きくなっていますが、こちらも「はてなブログのデフォルト」と同様に、BabyLinkの倍ほどの大きさです。

 

▼BabyLinkには数種類のパターンがありますが、そのうち私が好みの3パターンを表示したもの。最もオススメのものは、中央の【テキスト+画像+フリーテキスト】のタイプ。画像の【】内に任意のテキストを表示することができます。商品をおすすめする理由を控えめながらポイント表示することができ、「広告らしさを抑えつつも、さりげなくアピールする」には、ちょうどよいかと思います。

 

deg50la2dn8e5yg1466920058_1466920145.jpg

 

まとめ

WordPressのみならず、「はてなブログ」など、他のブログサービスでも使用できるBabyLink。Amazon商品の紹介を文中に表示するなどの場合、控えめな広告を掲載したい場合には、ピッタリなものです。

私は、複数のAmazon商品リンクを掲載する、あるいは文中に配置する場合には「BabyLink」、記事に一つのみ、しかも文末にAmazon商品リンクを掲載する場合には「カエレバ」を使用と使い分けています。

 

 ▼BabyLinkと同様に便利便利な「カエレバ」作成の「かん吉」さんのブログ本。アマゾンのブログカテゴリーでベストセラー1位。