アクセス解析のPV急降下・AMPのアクセス急上昇のなか、悩ましいAdsense対応

この2 週間ほどでしょうか。はてなブログ・アクセス解析でのアクセス数が急降下。ところが、Googleアナリティクスのアクセス数はそれほど減っていない状況。

なぜだと思い検索してみると、AMP(Accelerated Mobile Pages )へのアクセスが急増・はてなブログのアクセス解析はAMPからのアクセス数を含んでいないことが原因でした。

WordPressでは、AMPでもAdsense広告を表示するプラグインがあるのですが、はてなブログでは公式には対応できていないので困ってしまいます。「はてなブログがボヤボヤしているとWordPressへ移ってしまうぞ」とつぶやきながら、今回は、はてなブログのAMPに関連するあれやこれやのぼやき記事です。

スポンサーリンク

当サイトでのAMPへのアクセス状況

AMPとは何ぞやということは他サイトに譲るとして、当サイトでのAMPへのアクセス状況等です。自分でもすっかり忘れていましたが、Google Search Console(注)で確認したところ、遅ればせながら10/26にAMPへの対応設定をしていました。

(注) Google Search Consoleの「検索での見え方」にある「Accelerated Mobile Pages」にてインデックス状況の推移から確認。

  • インデックスは、10/26のAMPへの対応設定以降、徐々に増加し、直近では全記事ともインデックス完了、エラーはなし。
  • WordPressブログではエラーが多数あったのですが(対応済)、エラーがないこと自体は「はてなブログ」の対応がきっちりしていると言えます。
  • 私の昨日のデータでは、全アクセスの25%がAMP経由のもの。私の場合、全体の半分弱がモバイルからのアクセスのため、モバイルからの半分がAMP経由となります。

 AMPからのアクセス、そして占める割合を計算

上記で「全体の25%がAMP経由」と記載しましたが、その確認経緯です。

AMPのクリック数なら、以下のSearch Consoleの検索アナリティクスにて、「検索の見え方=AMP 通常の検索結果」にてフィルタリングすれば一発表示です。

▼赤枠のとおり、「AMP:通常の検索結果」でフィルタリングすると、クリック数が表示されます。

f:id:kminebg1110:20161206183445j:image

念のため、以下の算式が概ね成り立つかを確認すると、いい感じ。私の場合、昨日は25%前後がAMPからの検索流入となりました。

「アナリティクスのPV-はてなブログ解析でのPV≒Search ConsoleのAMPのクリック数」

AMPでのアクセス増加に伴う懸念事項

この懸念事項は、他の無料ブログの状況は未確認ですが、はてなブログでの懸念です。ちなみに、WordPressはプラグインやら、テーマ作成者の方の対応やらで以下の懸念はなく、さすがに痒いところに手が届くWordPressです。

いち早くAMPに対応し、かつエラーの少ないはてなブログも素晴らしいのですが、ちょっとしたフォローアップが追い付いていない模様。

注目記事のランキングも、AMPのアクセスはカウントされてない?

未確認ですが、アクセス解析にAMPのアクセス数がカウントされていないということは、注目記事にも判定基準にも反映していないものと思われます。

当ブログで、通常はランクすれすれの記事が上位に食い込んでいるのは、この影響と推察。

私は他ブログを参照する場合、目的の記事以外ではブログ内人気記事を参照するケースが多いのですが、もしAMPがランキングに反映していないなら、少なからずミスリードしているはず。

Adsense広告への対応はどうしよう

多少なりとも、はてなブログ界隈をにぎあわせているのが、AMPにAdsense広告が反映しないこと。

「Adsense広告が反映した」との記事も多いのですが、私が同様にやったところ、私のやり方がおかしいのか反映せず(このため、リンクの貼付は割愛)。

また、私のWordPressサイトは、AMPでのAdsense表示に完全に対応している(もちろん、私が苦労したのではなく、テーマ作成者のご尽力によるもの)のですが、Choromeの右クリック・要素の検証で確認してみると、かなり複雑そうで、簡単には表示できないと推察。

ということで、AMPはβ版でもあり、今後 仕様変更(?)、正式なAdsense対応となるかも知れず、しばし「はてなブログ」サイトでのAdsense広告表示は様子見にします。

以上、読んでいただいた方には、何の役にも立たないであろうボヤキでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする