g07、OTGケーブル経由でUSB機器・無線マウスをあっさりと認識

gooのスマホ g07を購入して約2ヵ月。税抜19,800円と低価格ながらも、ほどよいレスポンス・質感に満足し、DSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)の機能も含め、快適に使用しています。

さて、私がスマホ・タブレットを購入した際に、OTGケーブルを接続しUSB機器をつなげる検証を行っていますが、g07においても確認しましたので、特にニーズはないのだろうと思いつつもレポートします。

スポンサーリンク

OTGケーブルでUSBキーボード、無線マウスを接続

果たしてg07がUSBのOTG(On-The-Go)に対応しているか否かはを未確認でしたが、確認するよりは、接続して検証したほうが早いということで、いきなり検証です。

OTGケーブルは中華タブレット「Chuwi Hi8」に付属のものを使用しましたが、以下のAmazonの商品のように安いものが多く出回っています。

▼ホントにこんな安い物で大丈夫?と心配になるほどの、低価格のOTGケーブル。なんと送料無料の90円です。Amazonのレビューをみると機能的には問題ないようです。

▼なお、OTGケーブルの接続に際し、私は以下のUSB-C・MicroUSBの変換コネクタを使用しています。

さてさて、何の懸念もなく、あっさりと私が試したUSBキーボード、無線マウスとも認識しましたので、画像を添えて簡単にレポートです。

本来は、有線LAN接続を有線LANアダプタ経由にて試したかったのですが、我が家にあるはずのUSB・microUSB変換ケーブルが何故か見当たらず、ここでの検証は割愛。

▼USBキーボードを接続。

▲同様にWin 10スマホを接続した際には、キー入力反映の遅延(そもそもフリック入力でも遅延)があったのですが、g07・Androidでは遅延もなくスムーズに入力できます。Tabキー・漢字変換もPCでのキーボード入力と同様に機能します。

なお、写真は掲載していませんが、無線キーボードも機能しました。

▼無線マウスを接続。

▼なかほどに、マウスポインタがあるのがわかります。

▲マウスも自由自在です。ホームアイコン・アプリアイコン・その他アイコンも指タッチと同様に機能し少し感動。Windowsパソコンでのクリックと比較すると、やや反応が遅いかなと感じなくもないのですが、ほとんど気にならない程度の遅延で実用的です。

まとめ

これまで、他のAndroidスマホ・タブレットでも同様に検証しており、g07でも全く問題なく接続できるだろうと想定のもとでの検証でしたが、あっさりと何の問題もなくUSB機器を認識。

この接続を便利に使用できるかというと、タッチのセンサーが壊れた場合か、出張の際に大量の文字入力を行う場合しか思いつかない利用方法。ニーズがないかもしれないものの、USB機器が難なく接続できることの検証でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事