ブログの統合を行うも、統合元記事のアクセスは想定どおりゼロスタートだった

f:id:kminebg1110:20161203214712j:plain

ブログの統廃合のフォローアップ作業を行っていることもあり、いつにも増してブログ運営の投稿が増えています。今回は、はてなブログで運営する2ブログを統合した結果、「統合元記事の、統合先でのアクセスの変化」についてです。

統合元記事のアクセスをキープしつつも、ブログを統合するための手段は、はてなブログをはじめとした無料ブログではないに等しいように思われ(手段を探したものの見つからず)、アクセス激減することは覚悟していましたが、やはりそのとおりの結果となりました。

スポンサーリンク

今回のブログの統廃合

f:id:kminebg1110:20161203205136p:plain

先の記事「はてなブログの統合を決意した背景、懸念すべき事項・段取りの検討」にも記載しましたが、文章ではわかりにくいので、上図と以下で補足です。

  1. はてなブログで運営する1ブログを廃止。
  2. 廃止ブログの記事は、当ブログと他ブログへ移行。当ブログは、はてなブログにて継続。
  3. 他ブログは、はてなブログからWordPressへ移行。
  4. 統合元ブログは独自ドメイン化していませんが、301リダイレクトを使用できない「はてなブログ」では、統合元ブログの月間3万PVほどを活かす手段がみつからず、ゼロスタート(月間3万PVがなくなる)となることを覚悟。

記載しながらの気づきとしては、残したブログのうち他ブログは、統合元ブログの特定カテゴリー記事を、最終的にWordPressへ移行したのと同じ結果なのですが、はてなブログの他ブログを経由せず、直接 統合元からWordPressへ移行し、WordPress側で301リダイレクト設定をすべきだったと後悔。そうすれば、少なくともWordPressへの移行記事はゼロスタートとなることもなかったはず。

3の他ブログは独自ドメイン化していますが、ドメインパワーは程々にあるので、統合元ブログの記事をゼロスタートしても、短期間で検索エンジンの評価を受けるだろうと浅はかな考えでした。

はてなブログの統合を決意した背景、懸念すべき事項・段取りの検討
2015年度の7月に「はてなブログPro」をはじめ、10ブログを開設できることに調子に乗り、何度となく新ブログを立ち上げてきた私。現...

統合元記事のアクセス激減の程度

これは激減どころか、統合から2週間経った今でも皆無に近いものがあります。例えば、月間3万PVほどの統合元ブログで、ほぼ毎日アクセス数が同ブログ内1位だった記事でさえ、ほとんどアクセスがない状態。

キーワードをググってみると圏外へ飛ばされているようです。ゼロスタートは覚悟していたとは言え、これほどまでに見事にゼロスタートとなるとは。

「はてなブログ」をはじめとした無料ブログは、ブログを始めやすいものの、301リダイレクトを使用できないなどの制約があるために、無料ブログ内での統廃合には覚悟が必要との結果に。

まとめ

今回のブログ統廃合にて、現時点で言えることは以下の3点。今後 進捗があればレポートします。

  • 多少なりともアクセスのあるブログを、無料ブログの他ブログへ移行する場合には、アクセスがゼロスタートとなる覚悟が必要。
  • あるいは、301リダイクトに替わる手段を検討する必要あり(私は、手段が見つかりませんでした)。
  • 私は3ブログも運営するのは困難との心情的な理由で統廃合しましたが、アクセスがゼロスタートとなる懸念がある状況では、無理に統廃合する必要もないかも。複数ブログ運営の心情的な負担よりも、アクセスを元に戻す負荷のほうが大きかったりします。

以上、途中経過的なものですが、何かのお役に立てれば、と思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事