コペン、かなり気になる激安タイヤ。なんと1本 3,370円

以下の記事での「コペンの燃費改善」を図るなかで、私のあと1年ももたないであろう溝の浅いタイヤも燃費の悪化に影響しているだろうと思い、ずっとAmazonのカートに入れっ放しだった激安タイヤがあります。

この激安タイヤが燃費に良いわけではありませんが、少なくとも今の溝の浅いタイヤよりは良いハズ。そして、Amazonのレビュー件数は少ないものの、評価は上々、そして、一般サイトのレビューもなかなか良い。そんなタイヤのご紹介です。

コペン以外の低年式車もOK、燃費8kmを12kmに伸ばした4つの対応
この1年程度、コペンの燃費を改善するため、パーツの取り付けを含め実践してしてきましたので、ご報告です。 コペン(旧型、L880K)...
スポンサーリンク

コペンの激安タイヤとは、どんな物?

その激安タイヤがこちら。インドネシア製です。同じATR-Kでも、EconomistとSportsと2種ありますが、ここでご紹介するものはEconomistです。Economistと言っても、エコタイヤではなく、普通の夏タイヤです。1本2,790円(※)ですが、送料が1本あたり1,080円もします。送料4本分に取付費用を加算しても、国産よりはかなり安いです。

※2017/1/14現在は、石油価格の変動のため? Amazon価格 3,370円です。

私の場合、来年の6月に車検を迎えるため、購入の第1候補にしています。小遣いに余裕があれば、安心感のある国産タイヤが良いのですが、安い割には国産タイヤと遜色ないのではとの意見も多数あります。気になるところとしては「雨の日に滑る」との意見もチラホラ。

私はタイヤのロードノイズやらに鈍感なため、みんカラや以下のレビューを参照いただければと思います。

Economist ATR-K 評価 | アジアンタイヤ+

こちらの動画がわかりやすです。

2017年1月14日追記

車検を出した際に、上記のタイヤではないのですが、期せずして4本16,000円の激安タイヤを交換となりました。

交換から半年ほど経ちますが、ロードノイズ・振動など何の不都合もなく乗っています。

コペン(L880K)、5回目の車検での交換部品・車検後の加速の変化など
昨日、コペン(L880K。平成17年6月登録)が5回目の車検から戻ってきました。車検は3年もしくは2年に1回となりますが、私のブログ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事