読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

コペン、出だしの加速アップに導入したパーツ

クルマ クルマ-コペン

 f:id:kminebg1110:20160710213902j:plain

 コペン(旧型。L880K)ATの出だしの加速の鈍さは、いろいろなブログで語り尽くされています。私がコペンを購入し、初めて運転した第1印象がまさにこの出だしの加速の遅いこと。アクセルを踏み込んでも「前に出ない、加速しない、軽ってみんなこんな感じ」との印象でした。そこで、様々なコペンサイト・雑誌を読み込み、出だしの加速の改善目的で試行錯誤してきましたが、ようやく普通の車になった感覚です。

以下は、私が取り付けたパーツ、または加工したパーツの簡易レビューです。レビューにある効果の程は、あくまで体感によるものです。

 

スポンサーリンク

 

 

以下、効果の大きい順番に記載しています。

ブーストコントロ-ラー

私は以下を鑑み、電源・アース以外にECU信号線2本のみの配線となる簡易的なブーコン、トラスト社・軽自動車専用のProfec Easy (プロフェック イージー)を使用しています。ただし、現在は生産中止となっており、中古のみ流通しています(私も中古で購入。いまだに人気があるため、新品購入より高いケースもあります)。

  • サーキット走行などブーコンを多用することはない
  • 後述のマジックタンクを併用したかった(他のブーコンでは併用不可)

 

ブーコンのセッティング次第となりますが、立ち上がりの目標ブーストの設定もでき、低速域でのブーストの立ち上がりが鋭くなり、確実にレスポンスアップしています。他のパーツ取り付けも含めた相乗的な効果ですが、出だし・中速でのレスポンスは、もう1台の愛車レヴォーグ(1.6L)より鋭いかも、とのイメージです。 

 

▼上のものがProfec Easy。ちなみに下・右のものはマップシステム314。こちらはエンジンの吹け上がりを早めることなどの効果のほか、設定によっては燃費改善の効果があります。

f:id:kminebg1110:20150628170820j:plain

▼Profec Easy 外箱
f:id:kminebg1110:20150801101357j:image

 

D-Sports エアフィルター、純正エアクリボックス加工

 いづれもコペンの吸気効率をアップさせるためのものです。

コペン(L880K)の出だしと言うよりは、むしろ2,500回転以降が気持ちよく吹き上がる感じかもしれません。相乗的な効果で感覚的なものですが、安価な割(D-Sports エアフィルターは2015/8/1時点、アマゾンでは6,300円程度。純正エアクリーナーボックスはDIYのためタダ)には効果大であり、回転数を上げるとエンジンルームから「ヒュウヒュウ」と空気を吸い込んでいる音がよく聞こえます。効果のほどを例えると、「エアコン風量を4段階のうち2に設定した時のかったるさ」と「エアコンオフ時の軽快さ」の違いとの感覚です。

 

D-Sportsエアフィルターは、下記の写真のとおり(左がD-Sports、右が純正)、フィルターの開口部をノーマル比較で86%大きくし空気抵抗の低減・空気吸入量のアップを図ったもの。私はこの10年間、純正・ブリッツ・D-Sportsのエアフィルターを使用しましたが、D-Sportsのものが最も効果大です。

f:id:kminebg1110:20150801091618p:plain

 

▼私が取り付けているD-Sportのエアクリ

▼D-Sportにこだわりはないのですが、余裕があれば交換したいインテークパイプ

純正エアクリーナーボックスの加工は、純正のボックスに穴を開け空気吸入量のアップを図ったもの。ボックスの取り外しに手間がかかるものの(すいません。かなり前の施行であり、工程の写真は撮っていません。他ブログを参照ください。”みんカラ”のコペンにて、”純正エアクリ加工”と検索すると多数ヒットします)、取り外してしまえば、ドリル(糸鋸でもよい)をお持ちでしたら穴あけは容易です。

 

⇒穴あけ後の写真は後日アップします。

 

※ご参考~純正エアクリボックスの構造上の弱点

ボックスの上方に象の鼻のような「空気吸入口」があり、この先端がヘッドライト横まで伸びており、ここから空気を吸入するしくみ。吸入口自体が小さく吸入効率がわるくチューニングには不向き、との認識でいます。

 

▼2016/4/23 リンク追加。昨年の夏に、純正エアクリボックスの更なる穴あけをしたのですが、すっかりリンクを貼りもれていました。

 

テイク・オフ  マジックタンク

コペン乗りでは定番のものであり、コペン専用の商品もあります。メーカーのホームページでの謳い文句は以下のとおりですが、バルブの開閉によりブーストアップを行うことができるもの。ブーコンを導入する前の効果の程は「はて?」との感じでしたが、ブーコンとの併用(Profect Easy以外は併用できません)し、バルブを閉めた場合と開けた場合では明らかに加速が違います。ただし、それなりの値段ですので、「マジックタンクとブーストコントローラーのどちらを購入しようか」とお悩みでしたら、「ブーストコントローラー」をおすすめします。マジックタンク+@の値段で「ブーストコントローラー」が購入できるケースもあります。

 

  • スムーズで鋭い加速を実現
  • 全域でパワー・トルクアップ
  • ターボチャージャーの耐久性アップ
  • ブースト圧調整機能付き(約0.1~0.2キロアップ可能)

 

▼マジックタンク(汚い写真で申し訳ありません)

f:id:kminebg1110:20150801104333j:image

 

▼私は、こちらの最短取付キットも使用しています。

 

シエクル ADIC

出だしの加速改善のため、最初に取り付けたパーツです。取り付けて8年ほど経過しており、取り外さない限りは効果を確認できません。取り付け当時はコペンの出だし改善の定番パーツでした。雑誌からの抜粋ですが「燃料値・点火時期の変更をせずに燃料噴射タイミングを変更可能。低・中速域からのエンジンレスポンスなどが向上する」とのことです。微かな記憶では、取り付けた当時「効果があるのかな?あるかもしれない」と微秒な感じだったと思います。

 

その他

 その他のパーツとして、以下も取り付けましたが、私が鈍感なためか効果は不明でした。他のブログなどで、効果があったとのレビューも多々あります。

  • インテークエクステンション。スロットル直後に取り付け、エアー流速を上げレスポンスアップを図るもの。私が取り付けたものは初期のものですが、今では相応にバージョンアップしているようです。
  • マエカワエンジニアリング社 レデューサー。絶賛される方もいらっしゃるのですが、効果を感じられませんでした。タービンブローしたのを機に、現在は取り外しています。