読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

ブログの方向性別、アイキャッチ画像の素材サイトを特選してみた

ブログ運営 ブログ運営-編集便利ツール

f:id:kminebg1110:20160312211344j:plain

私はブログを複数運営しており、ブログに気合を入れ始めて半年で360記事あまりを書き上げました。記事数もさることながら、その内容・質が重要なのですが、方向性・傾向の異なるブログを運営するなかで、画像・写真のフリー素材サイトのうち、ブログの方向性別にアイキャッチ画像として使用するならどのサイトが適しているか、ある程度識別できるようになりました。

本日は、「ブログの傾向・方向性別に、アイキャッチ画像として使用したいフリー素材サイト」のご紹介です。

まずは、本題のサイトのご紹介に入る前に「アイキャッチ画像」のおさらいです。

 

スポンサーリンク

 

 

アイキャッチ画像の意味と重要性の確認

見出しとは裏腹に、ついついアイキャッチ画像の選択を時間をかけずに終わらせる傾向のある私ですが、アイキャッチ画像の意味と重要性は、以下のサイトにて的確に記載されています。

この株式会社LIGの記事を引用させていただくと、ポイントは以下となります。

  • アイキャッチとは、ターゲットユーザーの注意を引いて記事へと誘導させ、クリック意欲を刺激(補足。ブログでは記事を読みたいという意識を刺激)することなどを目的とした画像イメージ。
  • ブログの記事は、より多くのユーザーに見ていただくために拡散されることが大切。
  • ブログの記事はSNSによる拡散からのユーザーの流入経路として、大きな役割を担うようになりました。それに伴い、アイキャッチはさらに重要なものとなってきました。

 

的確に表現していますね。そして私にとっては、痛いところを突いてきます。なんせ、TwitterもFacebookも登録はしているものの、全く有効利用していないため、SNSでの拡散・記事への流入は全くありません。はてなブックマークの対応もしておらず、ほとんどGoogle・Yahooからの検索流入のみです(長い目でみると、そちらがよいかもしれませんが)。

 

では、タイトルにある本題「ブログの傾向・方向性別に、アイキャッチ画像として使用したいフリー素材サイトのご紹介」に入ります。

 

一般的なブログ・初めてのブログなら写真AC

写真・画像をダウンロードする際には、無料会員登録が必要となりますが、全素材がフリーです。当ブログにおいても、ほとんどのアイキャッチ画像は「写真AC」を利用したものです。

 

写真ACの特徴は以下となります。

  • 人物の場合、様々な表情・年代・職業など写真が豊富。
  • 一般的な風景、パソコン、スマホなど、ジャンルが多彩。
  • 特筆すべきものとして、私も時々利用している「クレイアート」のみでも3,339点の画像があり、他の方とは違ったほのぼのとしたアイキャッチ画像をお探しの場合にもおすすめ。

 

▼写真ACの「クレイアート」を照会しています。

▼クレイアートの一例です。「写真AC」サイトで「クレイアート」と検索すると、このような画像が3,339点も抽出できます。選ぶだけでも大変ですが、見ていて楽しいです。

f:id:kminebg1110:20160221184548j:plain

 

日記をベースとしたブログなら「イラストAC」

現在は閉鎖した別ブログで、アイキャッチ画像選びのメインとして使用していたサイトです。上記の「写真AC」の姉妹サイトですが、ユーザー数が1000人越えであることからも、人気の高さがわかるかと思います。

 

イラストACの特徴は以下となります。

  •  一般的なイラストも豊富ですが、ヒネリ・面白味を加えたイラストも豊富です。
  • イラストであるため、写真では検索できなかった素材も探すことができます。
  • 日常的な光景、様々な些細なシュチュエーションのイラストも網羅しています。このため日記をベースとしたブログには最適ではないでしょうか。

 

▼例えば、先の記事で使用したコンビニのアイキャチ画像。写真を使用すると単にコンビニ画像となりがちですが、イラストならではの画像も豊富です。

f:id:kminebg1110:20160305215314j:plain

▼言葉そのままですが、「今日はこんなことがあったんだ」をズバリ。

 

f:id:kminebg1110:20150827215117j:plain

▼受験関連の記事で以前に使用していた「闘志メラメラ」のイラスト

f:id:kminebg1110:20150724231319j:plain

 

ブログ運営・アフィリエイト・その他専門分野なら「Pixabay」

他の特化ブログでメイン使用し、当ブログでも稀に使用しています。海外のフリー画像がメインですが、日本サイトではなかなか探せないGoogleの画像・SEC関連を豊富に揃えており、何と言ってもその画質が綺麗です。かといってダウンロード容量も重たいものではなくオススメです。

 

 

例えば、私が他ブログで使用しているアイキャッチ画像をご紹介すると、以下などがあります。

 

▼写真AC、その他日本サイトの画像とは雰囲気が異なります。

f:id:kminebg1110:20160309215326j:plain

▼Windowsのバグを表現した画像。うまく表現しています。そのまま「Windowsのバグの修復で手間取った」記事のアイキャッチとして使用しました。

f:id:kminebg1110:20160206145400p:plain

▼数は少ないものの、Amazonに関連するものもあり重宝します。

f:id:kminebg1110:20160111184913j:plain

▼この人形シリーズ(?)も豊富にあります。他サイトでこのシリーズのアイキャッチ画像を見た時、ぜひ導入したいと思ったいたのですが、素材サイトを見つけてラッキーです。

f:id:kminebg1110:20160111095030j:plain

▼海外サイト派生のためでしょうか。SEO関連の画像も多く、ブログ運営の記事にはぴったりです。

f:id:kminebg1110:20160223223213j:plain

 

その他のおすすめサイト

私の利用頻度は多くないものの、私のブックマークに登録している・多くの方がおすすめするフリー素材サイトです。

 

▼美しい風景画像を多数掲載しています。

 

▼ご存知 誰もがすすめる「足成」。このユーザー数は強烈なインパクトです。

 

▼ソザイング。飲食物など細かいメニューのピックアップ写真も豊富です。

 

▼Freeimages。今回、初めてじっくり見てみましたが、風景などの一部をクローズアップしていたり、ノーマルなジャンルが多いなか、宗教ジャンルもあり仏像や寺院の写真もあます。人とは違うアイキャッチ画像が使用する場合にはいいかも。私も今度使ってみます。

http://jp.freeimages.com/

 

番外編~Amazon アソシエイトの画像をサムネイルにする

例えば、スマホや本の紹介をする場合、アイキャッチ画像・サムネイルには紹介するスマホ・本の画像を使用できればよいのですが、簡単に他サイトの写真を引用することもできません。そんな時にオススメなのが、Amazon アソシエイトなどアフィリエイトの画像をブログに貼り、サムネイルとする方法。

これなら、自分で写真を撮らなくても、または、自分が所有していないものを紹介する場合にも便利です。

 

▼Amazon アソシエイトの画像をサムネイルに使用した例。