Fire TV (Fire OS 6) vs Stick (OS 5)、OSによる設定項目の相違を確認してみた

Fire TV 2017モデルとFire TV Stick 新旧型。以前からスマホのアプリ(Apps2Fire)からFire TVを操作する場合に、Fire TV Stick 新旧型はできる一方で、Fire 2017モデルはできないなど、相違を感じていたのですが、そもそも両者でOSが異なることを今さらながらに認識。

今回はこのOSの違いから、設定メニューの相違を確認してみました。結果として、唯一で最大の相違は、ミラーリングの取り扱いです。

スポンサーリンク

Fire TV 2017モデルとFire TV Stick 新旧型のOSの相違

以下のリンク先に明確に記載があるのですが、Fire TV 2017モデルがAndroid 7.1をベースとしたFire OS 6であるのに対し、Fire TV Stick 新旧型はFire OS 5となります。

▼こちらにFire TV機器毎のOSの明記あり

Amazon Appstore (Fire OSのバージョン)

▼こちらはFire TV Stick 旧型のスクショ。

ソフトウェアのバージョンは「Fire OS 5.2.6.3」とあります。

一方のFire TV 2017は「Fire OS 6.2.1.3」。スクショはないのですが、スクショが簡単に撮れる便利なアプリ「Apps2Fire」が、おそらくはFire OS 6に対応していないためにスクショが撮れない状況に。

Apps2Fire、スマホでのFire TV Stickのスクショ取得と画像ダウンロードの便利さを再認識
Androidスマホから、Fire TV Stick(注)へGoogle Playアプリのインストールやスクショも撮れる便利なアプリ...

Fire OS 5 vs Fire OS 6、設定項目の相違

手元のFire TV 2017モデル(Fire OS 6)とFire TV Stick 旧型(Fire OS 5)の設定画面・項目を並べて比較してみました。この相違はFire OSのバージョンの相違に起因すると推測します。

比較画像は未掲載ですが、微妙に項目の順番が異なる箇所があるものの、冒頭に記載のとおり、唯一にして最大の相違は以下のミラーリングの項目の有無。

Fire TV Stick 新旧型のFire OS 5には、ディスプレイミラーリングの項目があるのですが、Fire TV 2017モデルのFire OS 6にはありません。

ただし、Fire TV 2017にディスプレイミラーリングの項目がないためにミラーリングができないわけではなく、有料となりますが以下で紹介のアプリをインストールすることによりミラーリング可能です。

Fire TV Stickでのミラーリングに便利なAirReceiverの設定方法
Fire TV Stickにて、iOS、MacOS、Androidのミラーリングに欠かせないアプリである「Air Receiver」...

また、Fire TV機器のアプリのなかには、以下のアプリなど、Fire TV 2017モデルのFire OS 6には対応しているものの、Fire TV Stick 新旧型のFire OS 5には対応していないものもあります(その逆もあるはず)

Fire TV 2017でYouTubeアプリの代替にvTube for YouTubeを試してみた。YouTubeアプリと同じ使用感で即アクセス、音声のズレなどなし
2017年末のサービス終了となったYouTubeアプリの代替として「vTube for YouTube」アプリをFire TV 20...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事