Fire TV / Fire TV Stickのリモコン替わりに、キーボードが意外と快適

Fire TV Stick / Fire TVの操作を何とか快適にできないかと試行錯誤している私。最近ではブログでの設定等の説明のため、スクリーンショットを効率的に撮影できないか(※)と検証しています。その検証過程のなかで、Bluetoothキーボードでの操作が意外と快適であることが発覚。快適と言っても、付属のリモコン・テレビリモコンと大差ない(キーボード操作がより軽快に感じる)のですが、Bluetoothキーボードでの操作が快適であった事項を列挙します。

※現在のところ、Google PlayのスクリーンショットアプリをFire TV機器にインストールすることにより、スクショが撮れるものの、効率的な撮影に難ありな状況。

スポンサーリンク

Bluetoothキーボードで意外と快適だった操作

できないだろうと想定しつつも、本来試したかったのは、キーボードでFire TV機器のスクショが撮れないかということ。PC向けのプリントスクリーンキーでの操作は無理としても、Androidアプリとの連携・ショートカットキーなどでできたらいいな程度の検証です(現在のところは、方法を見いだせず)

では、Bluetoothキーボードで意外と快適だったFire TV機器の操作を列挙します。私はBluetoothキーボードを3機種使用し(英字キーボード2機、日本語(JIS)キーボード1機)、どれも同じく操作できたため、どのキーボードを使用しても大丈夫だと思います。なお、キー入力は間違いなく快適であるため、これを除きます。

  1. ページアップ・ダウンキー、タブキーでの選択、メニュー間移動
  2. エンターキーでの実行
  3. エスケープキーでの前に戻る
  4. 英字キーボードにおけるホームキーでのホームに戻る

全てのショートカットキーを試していないため、現在のところは上記ですが、どれも快適に操作できます。実際の画面上の画面遷移・メニュー間移動のスピードは、テレビリモコン・付属のリモコンと変わらないのですが、キーボードのタッチが軽い分ほど、リモコンよりも軽快なのではと錯覚してしまうほどです。

Fire TV機器をキーボードで操作する必要性はほとんどないかもしれませんが、付属のリモコンと同程度に快適、Android、iOSのリモコンアプリ以上に快適です。Bluetoothキーボードがお手元にある方は、お試しくださいませ。

▼英字キーボード、JISキーボードとも設定のある、こちらのページアップ・ダウン等のキー操作が快適

▼こちらは英字キーボードですが、エスケープキー、ホームキー(上の中央)、タブキーともに機能します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事