Fire TV Stick Newモデルを有線LAN接続する2つの製品

先日の記事「Fire TV Stick NewモデルにUSBハブ、USB機器が接続できた」では、Fire TV Stick NewモデルにUSBハブを介しての有線LAN接続は保留(手元に機器がなかったため)としていました。そうこうしているうちに、AmazonからFire TV 2017モデル、Fire TV Stick Newモデル向けのイーサネットアダプタが発売予定です。

今回は、このアダプタも含め、Fire TV Stickを有線LAN接続するための2つの製品をご紹介です。

スポンサーリンク

Amazon イーサネットアダプタ

2017年10月25日に発売予定の「Amazon イーサネットアダプタ」を利用する方法です。こちらは純正のため、相性問題などもなく安心・確実な方法です。

イーサネットアダプタとしての利用しかできないのですが、その他のUSB機器を接続する予定のない方、後述の方法による万一のリスクを懸念する場合にはおすすめ。

価格的にも、電源を分岐できることを考慮すると安価と言えます。ただし、ケーブルが短いため、以下のHDMI延長コードとあわせて購入したいもの。

OTG分岐ケーブル、USBハブ付有線LANアダプタを利用

他の製品としては、Amazon イーサネットアダプタの発売アナウンス前から、海外サイトで紹介されており、私も購入した「USB機器給電端子付のOTGケーブル」と、量販店でも販売している「USB 有線LANアダプタ」あるいは「USBハブ付有線LANアダプタ」を利用する方法です。

▼冒頭の写真の、私が購入し使用した製品はこちら

Fire TV Stick NewモデルにUSBハブ、USB機器が接続できた
Fire TV Stick Newモデルにて、OTGケーブル経由でUSB機器を接続する方法を検討していましたが、昨日 amazonに...

前者のUSB機器給電端子付のOTGケーブルは、同種の安価な製品がかなり流通しています。Amazonでのレビューを参照いただけるとわかるのですが、どの製品も共通して、Fire TV Stick以外の用途ではよいコメントが少なく、このあたりで「リスクを伴う」としています。

このため、この製品の購入を検討する場合には、レビューをじっくり参照することをおすすめします。私が利用している範囲では、フリーズする、電源が落ちるなどの不具合はないのですが。

後者のUSBハブ付有線LANアダプタは、量販店でも複数の製品があり、Amazonではさらに安価でデザインのよい製品が流通しています。あまりにも激安品でなければ、まず間違いはないでしょう。

▼こちらの製品のデザインも魅力的。同種の製品が多数ありますが、USB Type-Cを選択しないよう留意しましょう。

▲接続方法は簡単ですが、こちらの画像でおわかりいただけると思います。USB機器給電端子付のOTGケーブルの接続方法は、「Fire TV Stick NewモデルにUSBハブ、USB機器が接続できた」に記載しています。

ちなみに、ハブには有線LANの他、無線マウスのアダプタ、USBキーボードを接続しています。あいにく無線マウスの稼働を試すアプリをインストールしていなかったのですが(家族のFire TV Stickのため遠慮)、USBキーボードは普通に動作しています。

▼接続の結果はこのとおり。右側に「有線(接続済)」とあります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事