Fire TV Stickにてヒートシンク有無の温度を比較、意外な結果に

Fire TV Stick 新型にできて、Fire TV Stick 旧型・Fire TV 2017モデルにできないこと。それは、Google Playアプリを利用することによる内部温度の計測。Fire TV Stick 新型のロジックボードのみ温度センサーがあるようです。

このセンサーを利用して、ヒートシンクの有無による内部温度の比較をしてみましたのでご参考。

結果としては、ヒートシンクの有無でCPU温度は変わらないという、記事ネタとしては残念なことに。以下の記事のとおり、Fire TV Stick 新型のロジックボードにはヒートシンクが取り付けてあるのですが、このヒートシンクによる効果が大きいのでしょう。

Fire TV Stickの枠を外し内部を確認、なんとヒートシンク付きで驚き
「Fire TV Stick 新型の熱対策にM.2 SSD用ヒートシンクをポン付け対応」にて記載しましたが、私はFire TV St...
スポンサーリンク

温度計測の前提

温度計測の前提としては以下です。

  • Fire TV Stick 新型にて、ヒートシンクなし・上の画像のヒートシンクあり(Fire TV Stick 新型の熱対策にM.2 SSD用ヒートシンクをポン付け対応)に分けて計測。
  • 計測したアプリは、Google PlayのCPU-Z。Fire TV機器へのGppgle Playアプリのインストールは以下の記事を参照ください。
  • 同一条件となるよう、Huluの45分間の動画を視聴後に計測。ただし、CPU-Zの画面のスクショを撮っているうちに温度が下がっているため、正確さにやや欠けます。

▼Google PlayアプリのFire TV機器へのインストール方法。Fire TV Stick 新旧型は以下のいづれの方法でも対応できますが、Fire TV 2017モデルは2番目の記事を参照ください。

Fire TV、Google Playアプリの導入方法、実用性の検証と評価

Fire HD / Fire TVにPC経由でGoogle Playアプリをインストールする方法

計測結果

▼こちらはスリープから復帰直後の内部温度。「mtlscpu」がCPU温度のはずなのですが、53.2度の表示です。測定の都度、多少のバラつきはあるものの、スリープからの復帰直後は概ね55度前後です。

▼ヒートシンクなしでの計測。CPU温度は64.5度

▼ヒートシンクあり、Amazonのロゴ面にヒートシンクを装着。CPU温度は64.2度

▼ヒートシンクあり、Amazonのロゴの反対面にヒートシンクを装着。CPU温度は64.1度

外枠に貼付けのヒートシンクの有無、ヒートシンクの貼付面の相違に関係なく、面白くないほどにCPU温度はほぼ同じ結果です。

以下の画像のとおり、Fire TV Stick 新型の内部には本体一面の半分以上の面積を占めるヒートシンクが備わっており、これが効果的であると同時に、外枠に貼り付けたヒートシンクでは効果を十分に発揮できていないと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事