18/5/5までFire TVが2,000円オフ。Stick 旧型から買替を勧める理由

私は2018年2月にFire TV 2017モデルを1,500円オフで購入したのですが、5月5日までの限定となるものの、クーポン適用で2,000円オフのセールを行っています。

私はFire TV Stick 旧型からFire TV 2017モデルへと買い替えたのですが、同様にFire TV Stick 旧型を利用している方は、切り替えるとかなり満足することと思います。

以下の過去記事のポイントを整理したものとなりますが、あらためてFire TV Stick 旧型からFire TV 2017モデルへ切り替えるべき理由・私が切り替えた背景などを記載します。

▼Amazon 公式サイト

Fire TV 2017 販売ページ
クーポン「2018GW」の利用方法

Fire TV機器のスペックの相違

上表にて歴代のFire TV / Fire TV Stickのスペックを整理しました。ここで、Fire TV 2017とFire TV Stick 旧型を比較した場合、以下の大きな相違があります。

  • Fire TV Stick 旧型はOTGホスト未対応ですが、Fire TV 2017モデル / Fire TV Stick 2017モデルはOTGホスト対応。このため、2017モデルでは以下の純正の有線LANアダプターを接続できます。

その他、グラフィックス性能に関連するGPUも異なりますが、Fire TV Stick 旧型のFire TV 2017モデルの体感レスポンスを比較した場合、以下のような劇的な差があります。

なお、私はFire TV Stick 新型も所有しているのですが、こちらは「劇的」と言えるほどの体感差はありません。

Fire TV 2017はFire TV Stick 旧型より劇的に速い

「劇的」と記載すると誇張しているように聞こえるかもしれません。映像視聴中は変わらないのですが、ホーム画面・その他の画面遷移では大げさでもなく「劇的」な体感差があります。

具体的には以下のとおりです。過去記事「Fire TV Stick 旧型からFire TV 2017モデルに買い替えて大正解。レスポンスの良さを感じる事例を紹介」の再掲・アレンジとなります。

  • Fire TV Stick 旧型では、テレビの電源オン直後にプチフリーズ(画面に何も表示されない)するケースが多かったのですが、Fire TV 2017モデルではその現象がありません。
  • Fire TV Stick 旧型では、「ホーム」「マイビデオ」などの冒頭のメニュー、メニュー下のスクロール、設定項目の画面遷移など、あらゆるところで引っ掛かりがあったのですが、Fire TV 2017モデルではサクサクと遷移します。
  • Fire TV Stick 旧型では「映画」「TV番組」「アプリ」の項目下にある番組・アプリの画像表示にかなり時間がかかった、あるいは表示されずに再起動することも多かったのですが、Fire TV 2017モデルではほぼ瞬時に表示。この表示は、Fire TV Stick 旧型よりも速くてサクサクです。
  • Hulu、Silk Browser、esファイルエクスプローラーの動きは、大げさに言えば、同じFire OSで動いていると思えないほどにサクサクで、ストレスはありません(スマホと比べるとレスポンスは劣りますが)。

Fire TV Stick 旧型とFire TV 2017のレスポンスをスマホに例えると、以下ほどの体感差はあるように感じます。

  • iPhone 4とiPhone6
  • Androidスマホでは、シングルコアあるいはデュアルコア初期の端末と、クアッドコアの端末

私は今でもFire TV Stick 旧型とFire TV 2017モデルを併用しているのですが、体感差は歴然としており、一度 Fire TV 2017モデルを経験するとFire TV Stick 旧型には戻れず、Fire TV Stick 旧型はブログ記事用の弄り端末として利用しています。

▼2018年5月5日まで、クーポン適用で2,000円オフとなります。

シェアする

フォローする

関連記事