Fire TV Stick 旧型からFire TV 2017モデルに買い替えて大正解。レスポンスの良さを感じる事例を紹介

Fire TV Stick 旧型のレスポンスが遅いことに我慢できず、ついにFire TV 2017モデルを購入しました。Fire TV Stick 新型は家族が使用しており、そのレスポンスが旧型よりよいことは認識済なのですが、さらなるレスポンスのよさを求め、1,500円オフのセールにあわせてFire TVを購入。結果、Fire TV Stickから買い替えて大正解です。

今回は、Fire TV Stick 旧型からFire TV 2017モデルに買い替えて、大幅によくなったレスポンスの事例等の報告です。

スポンサーリンク

Fire TV 2017モデルのスペック

参考までに、Fire TV / Fire TV Stickの新旧モデルのスペック比較です。なお、以下のスペックは、Amazon公式(デベロッパーサイト)に基づくものです。

我が家の家族利用のFire TV Stick 新型はさておき、Fire TV Stick 旧型と比較した場合の、Fire TV 2017モデルのスペック上の優位性は以下です(4K動画対応を除く)。

  • メモリは、Fire TV Stick 旧型の1GBに対し、Fire TV 2017モデルは2GB。なお、Fire TV Stick 2017モデルのメモリ搭載量は1GBです。Fire TV機器では、スマホほどにメモリ使用量に敏感になる必要もないのですが、前述の記事内で掲載のメモリ使用率(残容量120MB)をみると心配になってきます。
  • スペック以外では、Fire TV Stick 旧型はOTGホスト未対応ですが、Fire TV 2017モデル / Fire TV Stick 2017モデルはOTGホスト対応。このため、2017モデルでは以下の純正の有線LANアダプターを接続できます。

関連記事

Fire TV Stick Newモデル、大差がでた 旧型とのベンチマーク比較

Fire TV 2017モデル、Stick 新型・旧型よりもレスポンスアップした事例

では、Fire TV Stick 旧型で感じていたレスポンスのわるさが、Fire TV 2017モデルに買い替えて大幅にレスポンスアップとなった事例です。一部、Fire TV Stick 新型との比較も掲載しています。

事例の一部に過ぎないのですが、全般的にレスポンスは大幅にアップしており、その違いは起動直後から感じます。なお、家族が利用のFire TV Stick 新型と比較しても、ワンテンポ速く、かつ動きが滑らかな感覚です。

  • Fire TV Stick 旧型では、テレビの電源オン直後にプチフリーズ(画面に何も表示されない)するケースがほとんどだったのですが、Fire TV 2017モデルではその現象がありません。
  • Fire TV Stick 旧型では、「ホーム」「マイビデオ」などの冒頭のメニュー、メニュー下のスクロール、設定項目の画面遷移など、あらゆるところで引っ掛かりがあったのですが、Fire TV 2017モデルではサクサクと遷移します。
  • Wifiの影響かもしれませんが、Fire TV Stick 旧型では「映画」「TV番組」「アプリ」の項目下にある番組・アプリの画像表示にかなり時間がかかった、あるいは表示されずに再起動することも多かったのですが、Fire TV 2017モデルではほぼ瞬時に表示。この表示は、Fire TV Stick 旧型よりも速くてサクサクです。
  • 購入して間もないため、多くのアプリを試していないのですが、Hulu、Silk Browser、esファイルエクスプローラーの動きは、大げさに言えば、同じFire OSで動いていると思えないほどにサクサクで、ストレスはありません。

あらためて、全般的にFire TV Stick 新旧型とFire TV 2017の体感的なレスポンスをまとめると以下となります。

なお、動画を視聴してしまえば(視聴に差があるほどだと困りますが)差を感じるものではありません(視聴に差があると困りますが)。

  • Fire TV Stick 旧型との比較では、メニュー・設定・スクロール・動画など選択の画像表時など、かなりの体感差を感じます。スマホで例えると、iPhone 4 vs iPhone 6以上、Androidのシングルコア vs クアッドコアほどのレスポンスの相違はあります。
  • Fire TV Stick 新型との比較では、Stick 新型の画面遷移でやや引っ掛かりを感じる箇所も、Fire TV 2017ではサクサクと遷移します。

Fire TV Stick 旧型からの買替を検討している場合には、そのレスポンスが激変となるため、間違いなく購入をおすすめします。私はその購入にためらいがあったのですが、買い替えて大正解。レスポンスのわるさ、ストレスを感じなくなりました。

一方、Fire TV Stick 新型の場合には、確かにレスポンスはよくなりますが、Fire TV Stick 新型のレスポンスもわるくはないため、買い替える必要性もないように思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事