g07のバッテリー消費抑制のため、Dozeモードを確認、プレインアプリを削除した

新しいスマホを手にした後、まずはじめにすべきことは、不要なプレインストールアプリの削除。honor6 Plus、プレインアブリの削除で超快適に変貌したにて記載のとおり、honor6 Plusでは初期設定直後にプレインストールアプリが更新を始めたことなどにより、数時間で通信量制限に引っ掛かってしましました。

そこで今回は、goo g07 (CP-J55a)の通信量・バッテリー消費を抑えるための、省電力設定機能としてのDozeモードの確認と、アンインストールしたプレインストールアプリの報告です。

スポンサーリンク

Dozeモードの確認

Android 5.xまでは、キャリアが用意する省電力設定などにて、アプリの通知・通信の制限などの省電力設定を行う必要がありましたが、Android 6以降では、デフォルトの省電力機能であるDozeモードが備わっており、goo g07においても搭載され使用できます。

確認したところ、goo g07では一部のシステム上必要となるアプリを除き、このDozeモードが予め設定済・最適化済でした。

Dozeモードの設定方法については、以下の記事に記載していますが、簡単におさらいしてみます。

Nexus5にAndroid 6.0をインストールしてみた、その2「Dozeモードの使い方」
Nexus5にAndroid 6.0をインストールしましたが、Android6.0の目玉機能のひとつがバッテリー持ちが改善するという...

▼設定の電池にある右上の赤枠をタッチします。

▼電池の最適化を選択。

▼デフォルトで最適化されていないアプリは、最適化不可の「Google Play開発者サービス」のみ。

ちなみに、このアプリがメモリ、バッテリーを大量に消費してるからといって削除・無効化すると、Gooogle Playに接続できないなどの不具合が生じる可能性もあります。どのような不具合か忘れてしまいましたが、私は他機種にて削除あるいは無効化し、復旧に苦労した記憶です。

▼「すべてのアプリ」にて、最適化設定済であることがわかります。

▼上の画面で特定のアプリを選択すると、以下のように最適化の解除もできます。

アンインストールしたg07のアプリ

g07にプレインストールされているアプリについて、何のアプリだか不明なものは概要を確認したうえで、アンインストールしました。

g07のプレインストールアプリ

大手キャリア、楽天モバイルと比較すると、キャリア独自のプレインストールアプリは少ないようです。Y!mobileも少なかったのですが、それと同程度のイメージ。

楽天モバイルは、展開するサービスが多数あるため、プレインアプリも多くなりがちですが、gooは楽天に比べるとサービスが多くないため、プレインアプリも少ないのだと類推。

なお、Dozeモードにより、スリープ時のアプリのバッテリー消費は最適化されているため、無理にプレインアプリを削除・無効化する必要もないとも思えます。

▼プレインスートアプリ。OCNとgoo独自のものが少ないながらも存在する以外は、素のAndroidに近いイメージ。

アンインストールしたアプリ

アンインストールしたアプリは以下のとおりです。

  • 050 Plus
  • 教えてgoo
  • goo ポイントショッピング
  • goo メモ
  • goo 防災アプリ
  • milk feeder
  • OCNモバイル
  • OCNでんわ

全てを確認していないものの、Google Playにて後からでもインストールできるため、即使用しないものはアンインストールしました。

▼goo防災アプリの概要は以下のとおりですが、万一のために残しておくのもよいかも。

▼My Pocketはクラウドストレージですが、私はパソコン、iPhoneとの連携にも便利なOneDriveを試用しているため削除。この意味ではGoogle Driveも不要。


▼OneDriveに関する私の他ブログの記事です。

使えそうだったので残したアプリ

一方、goo関連、あるいは素のAndroid・Google関連以外で削除しなかった、便利そうなプレインストールアプリを、画像に基づき概要を記載します。

▼milk cleaner

メモリ開放アプリです。アプリアイコンをタッチすると、アニメのマスコットが登場し、メモリ開放してくれます。メモリが3GBと余裕のあるg07ですが、いづれはインストールするメモリ開放アプリのため、あえて削除しませんでした。

▼goo milk feeder。私はトレンドネタを追うことは少ないのですが、ブログネタ探しのためにも残しました。

その他、milk scannerを残し、アンインストールすることのできないシステム系アプリは、強制停止することもなく残しています。

また、アンインストールできない(アンインストールのボタンがない)アプリのうち、「goo検索」は無効化としました。

まとめ

goo g07 (CP-J55a)は、Android 6での省電力設定機能であるDozeモードが、購入直後から最適化されており、また、プレインストールアプリも少ないため、初期設定でのバッテリー消費の暴走、不要なアプリの更新等による通信量の増大となることは少ないと思われます。

実際、私はプレインストールアプリをアンインストールすることなく一日使用していましたが、バッテリー消費、通信量とも異常はなく、honor6 Plusが初日から暴走していたことを考慮すると、何の問題もなしです。

それでもなお、使わないアプリはアンインストールしたほうが、ややうっとうしい各種通知の抑制などのためにもスッキリします。

▼バッテリー消費改善の追加設定、インストールしたアプリの記事はこちら

g07、Android 6.0にて行ったバッテリー消費改善の設定、導入したアプリ
goo g07を使い始めて2週間。みなさんが関心のある事項としてバッテリー消費があるかと思いますが、そのバッテリー持ちを一言で表すと...

▼さらに見やすくするため、文字を大きく、Google 日本語入力の背景色を変更し、片手でフリック入力できるように左寄せの設定を行いました。

goo g07が更に見やすく。文字の拡大、フリック入力設定を変更してみた
Androidスマホを機種変していつも思うことは、設定やホーム画面がメーカー・キャリア・機種により異なり、デフォルトのままでは使いづ...

▼バッテリー消費とは関係ないのですが、g07で困ったことはAmazonアプリをインストールできなかったこと。こちらの方法でインストールできました。

お使いの端末はこのバージョンに対応していませんを回避し、Amazonアプリ他を簡単にインストールする方法
goo g07を購入して困ってしまったことは、Amazonのアプリがインストールできなかったこと。Google Playの一覧にAm...

▼g07をさらに快適にするアクセサリー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事