YmobileへのMNPにあわせ、g07のメインSIMをYmobileに設定変更

久しぶりのgooのスマホ g07の記事です。メインスマホをg07に変更して約5ヶ月。この間、何の不具合もなく快適に使用しています。今回 メイン使用のSIMを楽天モバイルからYmobileに変更しましたので、g07・Ymobile SIM利用においての使用感、設定などの簡易レポートです。なお、楽天モバイルからYmoibileへMNPした背景、Ymobileの使用感などは、私のデジギアに特化したサイトに記載していますので、詳細はリンクを貼ることで割愛しています。

スポンサーリンク

楽天モバイルからYmobileへMNPした背景など

詳細は以下の記事を参照ください。

関連記事 

昼休みも速度のでるYmobile、楽天モバイルからのMNPを検討してみた

楽天モバイル会員サイトにて、MNP予約番号発行手続きをとってみた

YmobileへMNP、楽天モバイルとの使用感、通信速度の比較

ここでは、YmobileへMNPした背景を、ポイントのみ記載します。

  • コスパに優れた端末が魅力的な楽天モバイルですが、平日の昼休み・朝夕のラッシュ時などは繋がりにくく、また速度の低下が目立つ。
  • 一方、Ymobileは平日昼休み・朝夕のラッシュ時の通信速度においては定評あり。実際、私は楽天モバイルを使用する前はYmobileを利用していたのですが、混雑時の速度低下は微塵も感じることはありませんでした。
  • 2年間のコストは、Ymobileのキャンペーン・キャッシュバックを考慮した場合、Ymobileと楽天モバイルのコスト差は約12,000円となり、Ymobileの速度を勘案すると十分に見合うもの。

▼Ymobileと楽天モバイルのコスト比較はこちらの記事で記載しています

YmobileへMNP、楽天モバイルとの使用感、通信速度の比較

g07、Ymobile SIM利用の設定

設定と書くとかなり大袈裟なのですが、便利なSIM管理アプリでポチポチするのみの簡単設定です。記事にするほどでもないのですが。。。

▼こちらの「SIM管理」アプリにて、「サービス名を選択」し、「音声」「データ」をオンにし完了の簡単設定。この設定により、以降に掲載の各種設定項目は全てYmobileに置き換わっています。ちなみに、私はYmobileのnanoSIMを選択したため、SIM2にて設定しています。

▼SIMカードはYmobile(Softbank)になっています。

▼SIM変更時に従来は手作業対応だったAPNの設定も、SIM管理アプリの簡単設定に伴い、自動的に変更済。

▼データ使用量も、もちろん変更されています。

▼千葉市の自宅にて、goo g07・Ymobileでの通信速度を測定。アンテナがフルに立っていない状態で、46.82Mbpsと爆速。楽天モバイルでは10Mbpsに達することもなかったとの記憶ですが。

▼ちなみに、Speedtestの1回の計測のみで83.96MBもダウンロードしています。格安SIM泣かせのアプリです。

まとめ

SIMフリー機はどれも同様かもしれませんが、SIMを変更した場合にも数クリックで簡単に設定ができてしまう、goo g07 そしてSIM管理アプリ。

3年半ほど前に、Nexus5にてYmobileを利用していたのですが、久しぶりにYmobileに戻ってくると、ソフトバンクの通信環境の改善、goo g07双方の影響かもしれませんが、ますます通信速度が速くなっているような感覚です。

ワイモバイルオンラインストアはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事