gooのスマホ g07 1カ月使用後のレビュー、DSDS対応でレスポンスにも満足

2017年1月14日に、メインスマホをHuawei honor6 Plusからgoo g07に機種変更して約一カ月。これまで、iPhone6との比較による外観レビューやベンチマークでは測れないレスポンスの記事を投稿してきましたが、今回は価格.comの項目に応じて、一カ月使用後の総括レビューです。

総じて、低価格なスマホとは思えないレスポンス・外観の質感。低価格機・中古をメインとして、古くはHTC Deseire・iPhone4Sから使用してきた私としては、Nexus5に次ぐ満足感の高さです。

スポンサーリンク

デザイン

iPhone6(右)との比較

約2万円と低価格な割には十分な質感の高さ。通常、格安機の場合には、プラスチックの素材に塗装によりなんとか高級っぽく見せかけるものですが、g07の側面・背面はアルミです。私が所有するiPhone4S、Xperia Z1fのように背面がガラス製の場合には、割らないように気遣いも必要ですが、アルミ製のg07ではそんな気遣いも不要。

ケースを付けると、背面の素材・質感は大きな要素ではないものの、この価格でアルミ製であることに好感が持てます。

側面・下側のデザインは良くも悪くもiPhone6以降の機種に似たものがありますが、それもまた良し。

▼USBケーブルの差し込み口、両側にあるダミー(?)のネジ、スピーカーの処理がiPhone6以降に似たデザインです。

goo g07の外観レビュー、あえてiPhone6、honor6 Plusと比較してみた
1月13日にAmazonにて注文したgoo g07 (CP-J55a)を昨日受領。いつも新しいスマホを受け取る日にはソワソワ・ワクワクしてし...

操作性・ボタン操作

電源ボタン・音量ボタンの位置は、左手で持った場合に届きやすい位置にあるため、操作性はよいです。

私が使用していたhonor6 Plusと比較すると、バッテリー容量が600mAhほど少ないために、軽さを感じます。

5.5インチのため、片手で操作し難い点については仕方がないところ。5.5インチのスマホを選択した時点で、操作性はある程度 犠牲となることを認識しているかと思いますので、問題あるものではありません。

なお、本体左に「マルチファンクションキー」があり、特定のアプリの起動・操作の割り当てができるのですが、私の利用事例ではテザリングのオンオフが割り当てできるならよいのですが、一度も利用したことがありません。ここは物理ボタンをなくすことにより、更に価格を抑えることができたなら、そのほうがよかったのでは、と思います。

▼中央左にあるマルチファンクションキー。ケースはhonor6 Plusの純正を流用しています。

▼5.5インチスマホの操作性に関する関連記事

5.5インチスマホが「でか過ぎない」ことを操作範囲の実測で検証
5.5インチのスマホを5インチ・4.3インチと比較した場合、操作範囲においては5インチと遜色のない・不便さを感じないことを、サイトの操作領域を実測することにより検証しました。

文字変換

文字変換は文字入力アプリに依存するために無評価。私は以下の記事に記載のとおり、Google日本語入力を使用していますが、このアプリはソフトキーボードを左寄せ・右寄せに設定でき、5.5インチスマホでも片手でフリック入力できます。

▼Google日本語入力の左寄せモード

▼同右寄せモード

▼文字変換に関する関連記事

goo g07が更に見やすく。文字の拡大、フリック入力設定を変更してみた
Androidスマホを機種変していつも思うことは、設定やホーム画面がメーカー・キャリア・機種により異なり、デフォルトのままでは使いづ...

レスポンス

g07の最も評価すべきところは、安価ながらもDSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)に対応したことと、サクサクなレスポンス

レスポンスにおいては、CPUがエントリークラスであり、antutuベンチマークが高くないにもかかわらず、私がゲームアプリを使用しない範囲では、サクサクです。

例えば、このサクサクな事例として

  • honor6 Plusが縦横スクロールに弱く、ホーム画面・Chromeのスクロールがカクツキがあったのに対して、g07ではそのカクツキがほとんどありません。
  • 褒め過ぎかもしれませんが、g07を操作した後でiPhone6を操作してみると、「iPhone6って、なんか遅いぞ」との錯覚に陥ります。

やや難があることとしては、時々 タッチをしても反応しない、何度かタッチをしてようやく反応することがあること。特に画面下部のタッチは、この反応の悪さが顕著です。

▼レスポンスの関連記事

g07、ベンチマークでは測れないサクサクな体感レスポンスと欠点らしきもの
自宅に転がっている10機種以上のスマホ・タブレットを操作した際に、スマホがクワッドコアになって以降でしょうか、操作してみないとわから...

画面表示

前機種のhonor6 Plusが黒とそれ以外のメリハリが明確であったためか、g07は淡く感じます。淡く感じると言っても、Nexus5と同じような色合いであることから、ディスプレイ自体の品質に問題があるものではなく、スマホとしては普通の綺麗さ・画面表示です。

▼ほぼ同デザインにしているg07(左)とhonor6 Plusのホーム画面。スクリーンショットでは濃淡の相違は読み取れないものの、実際の画面では明らかにg07は淡く、黒の引き締まりがないもの。

 

バッテリー

個人サイトのレビュー、価格.com・Amazonのレビューを参照すると賛否両論のg07のバッテリー消費ですが、10数台のAndroidを運用してきたなかでは、並のバッテリー消費です。

購入直後で連続1時間半程度、Webサイトを閲覧して20~25%前後のバッテリー消費となり、以下のリンク先のとおり、デフォルト設定見直し後の、スリープ時のバッテリー消費は1時間あたり1%程度。

▼セッティング過程ですが、現在の省電力設定

g07、Android 6.0にて行ったバッテリー消費改善の設定、導入したアプリ
goo g07を使い始めて2週間。みなさんが関心のある事項としてバッテリー消費があるかと思いますが、そのバッテリー持ちを一言で表すと...
g07のバッテリー消費抑制のため、Dozeモードを確認、プレインアプリを削除した
新しいスマホを手にした後、まずはじめにすべきことは、不要なプレインストールアプリの削除。honor6 Plus、プレインアブリの削除...

▼Battery Mixより。現時点でのスリープ時のバッテリー消費は1時間あたり1%ですが、もう少し抑えたい。

Androidでは、プレインストールアプリ、キャリア・メーカーのデフォルト設定、購入後のセッティングで、バッテリー消費が良くも悪くもなるため、端末自体のバッテリー消費を評価するのは酷かもね、との認識です。

問題はg07もそうですが、ユーザー側でバッテリー交換できない機種が一般化しており、バッテリー交換をメーカー・キャリアに依頼しようものなら相応のコストがかかること。バッテリー自体は安いはずなのですが、交換費用・修理費でバッテリー本体以上のコストがかかることに納得できません。

DSDS、デュアルSIM デュアルスタンバイ

私がg07に機種変した最大の要因は、安価ながらもDSDSに対応していること。私はメイン回線を楽天モバイルで使用し、楽天モバイルが混み合っている際にはFreetel SIMを利用していますが、スマホを2台を使用して回線を切り替えることに不便さを感じていたため、DSDSを使用することにしました。

DSDSを使い始めた結果、以下のとおり効率的に運用できています。

  • SIMの切替に要する時間は、ワンタッチ操作で1分未満であり、短時間で切替可能。
  • 過去3年間、メインスマホとPocket Wifi、メインスマホとサブスマホと2台持ち歩いていたところが、1台のみで対応でき煩わしさが激減。

▼DSDSの証として、アンテナが2本立っています。

▼こちらの画面のワンタッチにより、1分未満でSIMの切替可能。

▼DSDSの関連記事

DSDS(デュアルスタンバイ)は、想像以上に簡単設定、短時間切替だった
現在、私は場所・時間帯・機種にあわせて、3つのSIMを機種毎に運用していますが、当然ながらに不便なのがスマホ複数台を利用してのSIM...

その他、デメリットらしきもの

指紋認証、カメラ、音楽については、評価できるほど使いこなしていないため、現時点でのコメントは控えます。大きな欠点ではないものの、デメリットらしきものは以下となります。

  • タッチ精度がやや弱いかも。g07に付属していた簡易版の保護フィルムの影響かもしれませんが、特に画面下部はしっかりタッチしないと反応しないことがある。
  • Wifi電波の入りが弱いかも。ルーターから1m以内の至近距離でも、アンテナフル表示とならないことがしばしば。ただし、至近距離なら速度に影響を与えるものではありません(電波の入りがきわどい地点では未検証)。
  • 音質が貧弱かも。音楽は未だ聞いたことがないのですが、スクリーンショット音・シャッター音ですら、音が割れている・こもっているように感じます。
  • マイナー機種であるためか、ケース・保護フィルムの商品数が少なすぎる。このため、私はhonor6 Plusのケースを流用しています。

▼honor6 Plusのケースを流用

サイズ、カメラの位置もピッタリ。g07の手帳型ケースにhonor6 Plus用を流用してみた
昨日 g07 (CP-J55a)を受け取り、2日目の運用ですが、困ったことの一つとしてあげられるのが、そのアクセサリーの少ないこと。...

まとめ

Wifi電波・タッチ精度など、少なからず欠点らしきものもありますが、5.5インチの大画面、質感・レスポンスもわるくない、DSDSも機能するスマホが2万円前後で購入できるメリットに対しては、取るに足らないもの。

格安機・中古を主に使用してきた私にとっては、Nexus5に次ぐ、中古購入のiPhone6・iPad mini3と同等レベルの満足度の高いものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事