衝動的にポチったgoo g07。honor6 Plusから機種変の背景、RAIJINにしなかった理由

Huawei honor6 Plusを購入して約1年、バッテリーのヘタリに伴って機種変を検討しているなか、Freetel RAIJIN、Huawei Mate9、goo g7、ZenFone3などを物色していましたが、昨日、各レビューにて「安い割には評価が高いこと」に釣られ、どうしても弄ってみたくなったgoo g07をポチリました。

現在、g07の到着待ちですが、honor6 Plusから機種変する理由、g07にした理由をレポートします。

スポンサーリンク

honor6 Plusを機種変する理由

約1年使用したhonor6 Plusを機種変する理由は、以下のとおりです。

バッテリーのヘタリ

honor6 Plusに限らずどのスマホでも同様ですが、私の以下の使い方では1年ほどでバッテリーがヘタってきて、1年から1年半ほどでバッテリー交換をせざるを得ない状況になります。

  • 往復約4時間半から5時間の通勤、うち電車に乗っている時間3時間強は、ほぼスマホを使用している(Webサイト巡回、ブログ編集がメイン)
  • その他の空き時間も含め、平日は1日4・5時間はスマホを弄っている。

裏蓋の開かないスマホが多いなか、自分でバッテリー交換を行うにしても、私の経験から、純正以外のネットで流通しているバッテリーに交換しても、純正並みのバッテリー持ちとなるかは、購入したバッテリーの当たりハズレの運しだい。

バッテリー交換して、機種変するよりもコスト高になることはないのですが、リスクをおかすなら、機種変して気分もリフレッシュしたいものです。

なお、honor6 Plusのバッテリー容量が3600mAhに対して、goo g07は3000mAh。バッテリーがヘタリつつあるhonor6 Plusよりも、goo g07のバッテリーが長持ちするとは断定できないのですが、今後、ますますヘタってくるhonor6 Plusのバッテリーよりもいいだろうとの願望です。

縦横スクロールのカクツキ

honor6 PlusからRAIJINあるいはg07に機種変して改善することは、それほど期待していないのですが、何度か過去記事に掲載しているように、honor6 Plusは縦横スクロールのカクツキが気になります。

特に私が最も使用するGoogle Chromeの快適さでは、私の手持ちのhonor6 Plus以前に発売されたクアッドコア機であるNexus5、Xperia Z1f、203sh、EM01Fにも及ばない状況。honor6 Plusを使用していると、ややストレスが溜まります。

LTEが繋がりにくい?

honor6 Plusはプラチナバンドに対応していないためでしょうか。

私は同じくドコモ回線のFreetel SIMを使用しているのですが、Freetel SIMを運用しているスマホ(Win 10、KATANA02)と比較すると、明らかに楽天モバイルのhonor6 Plusの電波の入りが弱い状況もありました。ただし、接続が困難、速度に影響を与えるほどのものではありません。

具体的に、honor6 Plusの電波の入りが弱い状況とは

  • ビルの高層階。高層階といっても、6階から7階に1フロア上がったのみです。双方とも窓近くであるものの、(方角にもよるでしょうけど)アンテナ上では明らかに電波の入りが弱くなっています。
  • 窓から離れた、壁に囲まれた室内。速度もやや遅いと感じるところもありました。

RAIJINではなく、goo g07を選んだ理由

参考までに、私が比較検討した機種のスペック比較です。

先の記事「RAIJIN vs g07 スペック比較、honor6 Plusの機種変候補に比較検討してみた」では「RAIJINの発売・レビューを待って検討したい」としていましたが、結局のところ、g07の価格による衝動買いに近いものがあります。

同時に比較検討していたZenFone3 (ZE552KL)・Mate9は、コスパを考慮しないと魅力的ですが、どうせ1年後にはバッテリーがヘタってくるはず。ならば安いもので十分とのことでパス。

RAIJINではなくgoo g07を選んだ価格以外の要素は、以下のとおりです。

  • ROM・RAMはRAIJINが優位ですが、音楽も動画も視聴しない、ゲームもしない私にはROM32GBで十分。
  • g07のサイズは、honor6 Plusとほぼ同じ。であれば機種変しても違和感ないはず。ケースの少ないg07のため、一時的にhonor6 Plusのケースが流用できるかも。
  • 重さはg07の150gにして、RAIJINは183g。この差はバッテリー容量の差(2000mAh)が主因ですが、30gの差は結構大きい(手持ちのNexus5とhonor6 Plusの重量差が30gあることによる実感)。

まとめ

簡単に、honor6 Plusを機種変する理由、RAIJINではなくg07を選んだ理由を掲載しましたが、g07のDSDS、Android 7.0 (アップデート保証)が楽しみである一方、気になるのがChromeのレスポンス。

今日もしくは明日には端末が到着しますので、あらためて何回かにわけてレポートします。

▼楽天市場・Yahooショッピングのレビューでは「端末が到着しない、連絡がない」などが多かったため、私はAmazonで注文しました。現在到着待ちです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事