読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

はてなブログの統合を決意した背景、懸念すべき事項・段取りの検討

はてなブログ ブログ運営

f:id:kminebg1110:20161113145651j:plain

2015年度の7月に「はてなブログPro」をはじめ、10ブログを開設できることに調子に乗り、何度となく新ブログを立ち上げてきた私。現在は「はてなブログ」を3つ運営していますが、そろそろ限界。

うち、この2カ月で3記事しか新規公開できなかったブログを廃止し、当ブログ・他ブログへ統合(カテゴリーに応じ、記事を分割)する方向性でいます。今回はこのブログ統合の手順を整理してみましたので、ご参考まで。

統合元のブログについて

統合元(廃止)のブログの状況は箇条書きで表すと以下のとおりです。

 

  • 開設は2015年6月(少ないながらも記事を書き出したのは2015年7月)
  • 記事数は約200。現在は統合準備のため、アクセスの少ない100記事を下書きに保存。
  • カテゴリー的には、クルマ・スマホ・パソコンの弄り関連(部分的にマニアックな記事あり)。
  • 更新頻度は少ないものの、マニアックなノウハウ記事のためか、更新しなくとも月3万前後のPV

 

これまでに何度も統合を検討したのですが、統合を真剣に考えるとアクセスがアップするという、こちらの思いを察しているかのようなブログです。

 

スポンサーリンク

 

 

ブログを統合する背景

複数ブログを持つことによるメリット・デメリットについては、多くの見解がありますが、私が統合しようと思う背景は以下のとおりです。

 

  • 2つならまだしも、3つも運営していると、時間の制約もあり運営が疎かになってしまう。1つのみ疎かなら、まだよいかもしれないものの、3つとも中途半端かも。
  • 記事数が増えてくると、どのブログに何を書いたのか混乱してしまう。気をつけてはいるものの、同じテーマの記事を書いていることもあり。また、どのブログで公開すべきかとの迷いも生じます。
  • 一方、疎かにしているブログがあると、「記事を書かなくては」と焦燥感にかられる。
  • 当ブログはようやく月10万PVの水準に。他ブログを統合し、PVを加速させる。

 

ブログ統合にあたり検討・懸念した事項(重要)

f:id:kminebg1110:20161113152101j:plain

早々にブログ統合をしようと思いつつもできなかった理由として、以下の事項があります。

 

  • 統合元ブログの月間PVは、たかが3万されど3万。収益もそこそこあり。
  • はてなブログをはじめ、無料ブログ(の多く)では「301リダイレクト(注1)」を設定できないため、3万PVが一時的(数カ月?)にせよ、検索エンジンでは新規インデックスとなるため、統合先にて移行した記事へのアクセスはゼロスタートとなる(検索での表示順位がゼロスタート)。
  • Google Search Consoleの「アドレス変更リクエスト(注2)」は、301リダイレクトを行っていないと機能しない。
  • 統合元ブログを残しつつも統合した場合の、重複記事の問題(統合先ブログは速攻で削除、またはインデックスされないように設定)。
  • 200記事となると、広告の貼り替えやカテゴリーの再設定が必要となる場合に、かなり面倒。内部リンクの貼り替えも手間がかかる。

 

結局のところ、無料ブログの(多くは)301リダイレクトが設定できず、統合する際に検索エンジンのインデックスがゼロスタートとなってしまうことを懸念。3ブログで月間15万PV(2016年10月分)の私としては、一時的にせよ3万PVの減少は辛いところ。

 

注1)301リダイレクト

引用元:301リダイレクトについて、必要性と設定手順をまとめてみた

サイトの移設(ドメインの変更)や、ページのURLを変更する場合に、変更前のURLから変更後のURLへ、ユーザーと検索エンジンを、誘導(転送)するための仕組み

 

はてなブログでの「独自ドメインへの変更」においては、はてなブログ側での301リダイレクトの設定があるものの、ユーザー側でブログ統合を行った場合には、その設定がありません(できません)。

他の無料ブログでも同様のようですので、他のブログサービスへ流れないよう「縛り」のようなものなのでしょう。

 

注2)アドレス変更リクエスト

Search Consoleヘルプからポイントを抜粋です。

引用元:アドレス変更ツールの使用 - Search Console ヘルプ

 

  •  Search Consoleでのアドレス変更リクエストにより、統合元記事の新しいURLを Google に通知。
  • この通知により、Google はインデックスを更新。
  • 更新されたインデックスの状態は 180 日間有効であり、この期間中に Googlebot が新しいアドレスのページをクロールし、インデックスに登録。
  • ただし、301リダイレクトを設定しないと機能しない。

 

「クロール・インデックスに登録する有効期間は180日」 とありますが、これほど待てないので、インデックス目的では統合先で「Fetch as Google」を行い、インデックスを促したほうが速そうです。

 

無料ブログの統合の考察については、以下の記事が詳しいので、興味のある方は参照ください。

 

▼はてなブログからWordPressへの移行派ですが、統合元のブログでの対応が参考になります。

はてなブログからWordPress(ワードプレス)へ移動の方法 | 底辺×高さ×自分

 

▼301リダイレクトを利用できない無料ブログでの代替手段が詳しく記載されています。

リダイレクトもcanonicalも利用できない無料ブログからの移転方法 | 無料SEO対策のススメ

 

301リダイレクトを利用できない無料ブログでの代替手段を実際に行い、アクセス解析などを行っているブログ。

旧サイトから新サイトへリダイレクト設定できない場合の設定【6】(旧サイト削除から約2週間後の推移) | バカに毛が生えたブログ(バカ毛)

 

ブログ統合に向けた方向性・段取りなど

「はてなブログ」で運営する3ブログのうち、1ブログを廃止するにあたっての方向性・段取りなどの個人的な備忘です。

 

廃止するブログの記事を、既存2ブログへ振り分ける

  • 廃止するブログの特定カテゴリーの記事を当ブログへ移行。当ブログは「はてなブログ」のまま継続。
  • 廃止するブログの他カテゴリー(当ブログへの移行分以外)を他ブログへ移行。なお、この他ブログも「はてなブログ」にて独自ドメイン化していますが、WordPressへの移行を予定。

 

2点目の「はてなブログ」からWordPressへの移行ですが、WordPressから「はてなブログ」への移行組が多いなか、あえて逆をいきます。

お試しでWordPressもやってみているのですが、関連記事やら広告の貼付けやらのカスタマイズは、プラグインの多いWordPressが手間がかからず、「細かいところまでカスタマイズできること=コンテンツ作成に時間が割けること」が大きな要因です。

今回のテーマのブログ統合においても、リダイレクトへの対応などWordPressなら対応できますし。

 

具体的な段取り

最も肝心なリダイレクトについては諦めます。廃止する統合元のブログは、200記事・月3万PVと大規模なものではないため、リダイレクトの代替をあれこれ検討する・代替手段をとる時間よりも、アクセスが戻る時間のほうが短いだろうとの楽観的な考えです(考えがあまいかも)。

 

301リダイレクトを諦めたうえでの段取りは以下を予定。

 

  • 統合元ブログの記事を全て下書きに戻す。1ブログへの統合であれば下書きに戻す必要もないのですが、2ブログへの振分のため下書きに戻します。
  • 統合元ブログの記事をエクスポート・バックアップし、既存の2ブログに記事をインポート。インポート先では下書きのまま。
  • 統合元ブログの削除。
  • 統合先の2ブログでは記事重複とならないように気をつけながら、また内部リンクなどを見直しながら、カテゴリーに応じ下書きから公開へと変更。どちらかのブログで公開した記事については、他方の下書きから削除。

 

なお、Adsense・Amazonなどのアフィリエイト広告は以下で対応する予定。

 

  • Adsense広告について、私は記事中広告を手作業で記事毎に貼っていますが、Adsense広告自体に「どのブログに属する広告」との指定がないので、そのまま放置。
  • Amazonについても、どのブログの広告との指定がなく、同じトラッキングIDを使用しているために放置。ただし、いづれAmazonへのブログURLの廃止・削除申請が必要。
  • もしも・A8など他のアフィリエイトについては、広告を選択時に「ブログ」を指定する欄があるものの、統合先で審査を通してあるので変更しなくてもよいと勝手に判断。「ブログ指定」は参考情報であると類推。
  • Adsense・アナリティクス・Search ConsoleのGoogle系へのURL登録は、削除しておきます。

 

まとめ

「はてなブログ」の統合を行う場合、記事のエクスポート・インポート自体は簡単であるものの、PVの維持を考えると簡単ではなく(というよりもPVの維持は一時的には困難)、気合・割り切りが必要との認識です。

私は明日から一週間、夏休み替わりの休暇取得でもあり、アクセスの少ない深夜に統合作業を行う予定です。

 

 ▼「カエレバ」作成の「かん吉」さんのブログ本。2016/10/8発売にてアマゾンのブログカテゴリーでベストセラー1位のようです。