Fire TVのHDMI切替に。998円で購入のHDMI切替器のレビュー

私の部屋には、パソコン数台とFire TV機器が2台、さらにはTV Boxなど、TVまたはPCディスプレイにHDMI接続する機器があふれています。そうなると困ってしまうのが、接続先のHDMIポート数が足らないこと。

そこで、Fire TV機器とセットでよく売れているという(Amazonの「よく一緒に購入されている商品」をそのまま鵜呑みにしています)、HDMI切替器を購入しましたので、簡易的にレビューします。

スポンサーリンク

HDMI切替器のレビュー

Amazonあるいは楽天市場にて、多くのHDMI切替器を参照したのですが、1,000円未満のものから3,000円台の製品まで価格の幅が激しく、また、ポート数も最大5個の製品まであります。

ここはあれこれ迷うことは止め、無難にAmazonの「切替器」のカテゴリーで1位の以下の製品を購入しました。

我が家には4K対応のディスプレイがないため、4K対応である必要性もないのですが、4K未対応の製品と価格も大きく変わらず、1,000円未満と安価なため当製品の購入です。

▼簡易的な梱包でのポスト投函でしたが、精密機器でもないため、これで十分。英語ですが、簡易的な説明書がついているのは、この価格としては立派。

▲再び冒頭の画像です。

中央に小さなボタンがありますが、これを押すことにより手動で3つの接続先を切り替える仕様。他製品では自動切替やリモコンで切り替えできるものもありますが、頻繁に切り替えることがない場合には、これで十分です。

▲いきなり取付後の画像です。

ちなみに取り付けた機器は、PC用のディスプレイを接続先として、デスクトップPC・Stick PC・Fire TV Stick 旧型です。

上記の機器を取り付けた使用感は以下となります。

  • 切替ボタンを押下後の切替に要する時間は、2・3秒ほど。認識しないようなことはありません。
  • HDMIポート間の距離がやや短く、Stick PCなどの幅があるものを2個並べての直差しは厳しいかも。
  • 本体から伸びているHDMIコードがやや短く、テレビの大きさなどによっては取り回しがしにくいかも。延長コードを接続すればよいのですが。
  • 本体、あるいは接続している機器のコードに触れるとブラックアウトすることがごく稀にあり。
  • もちろん、使用中に接続が切れるようなことはなく、また、映像の劣化もなく、安定動作しています。

まとめ

シンプルな構成の製品でもあり簡易的なレビューとなりましたが、全般的には安定動作しており、切替も瞬時とはいかなくとも、2・3秒での切替となり待たされ感もありません。

価格も998円(2018年5月14日現在)と安価なものですので、「買い」との認識です。

なお、4Kは試していませんので、お含みおきくださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事