Nexus5にAndroid 6.0をインストールしてみた、その2「Dozeモードの使い方」

f:id:kminebg1110:20151121222627j:plain

Nexus5にAndroid 6.0をインストールしましたが、Android6.0の目玉機能のひとつがバッテリー持ちが改善するという「Dozeモード」。

今朝の通勤時に、このモードは「どうやって有効にするのか」探せなかったのですが、初期設定で有効になっていました。
その割には、いつもと同じペースで、2時間の使用でバッテリー50%の使用量でしたが、今後 検証していきたく思います。今回は「Dozeモードの確認方法」の概略を記載します。
(追記)この「Dozeモード」は、スマホのスリープ時に、アプリがバックグラウンドで稼動するのを停止することにより、バッテリー消費量を抑えるものであり、通常の使用時に、バッテリー消費を低減するものではありません。

 Dozeモードの確認方法、有効・無効の切り替え

初期設定は有効となっていますが、アプリ毎の有効・無効の切り替える方法は以下となります。

①設定の電池をタップします。
f:id:kminebg1110:20151014124454j:image

②右上の赤枠をタップ。
f:id:kminebg1110:20151014124507j:image

③電池の最適化を選択
f:id:kminebg1110:20151014124518j:image

④初期設定では「最適化していないアプリ」が表示されます。以下のアプリ以外は、最適化されているようです。
f:id:kminebg1110:20151014124530j:image

⑤上記④の赤枠組をタップで「すべてのアプリ」に変わり、下に最適化済のアプリが表示されます。
f:id:kminebg1110:20151014124545j:image

⑥ここで特定のアプリを選択すると、以下の子画面が表示され、設定を変更します。
f:id:kminebg1110:20151014124607j:image

以上のように簡単に、有効・無効を設定することができます。

▼こちらもご参考。Dozeモードの効果についてのレポートです。

シェアする

フォローする