iOS11 Fire TVのミラーリング手順。アプリ導入により数秒で完了

先日の記事「iOS11 Fire TVのミラーリングはiPhone,iPadともに即認識。iOS10から大きく前進」にて、「iOS10では不安定だったFire TVのミラーリングが、iOS11ではあっさりとできた。しかも従来のやり方とは異なっているようだ」と記載しました。そして、先ほどあらためて、iOS11でのミラーリングの手法を確認してみると、やはり簡素化されています。

そこで今回は、iPhone6 / iPad mini3 / iPad 2017で確認した、iOS11でのミラーリングの手順についてのレポートです。

スポンサーリンク

iOS11 Fire TVでのミラーリングの手順

冒頭のとおり、、iPhone6 / iPad mini3 / iPad 2017ともに同手法でミラーリングできましたので、この手順で間違いないでしょう。

なお、Fire TV機器はFire TV Stick 旧型で確認したものですが、同じくFire TV Stick New モデルにおいても iPhone6にて確認しています。

Fire TVでの初期設定

Fire TV側での初期設定です。初期設定をしてしまえば、2回目以降の接続の場合には以下の設定を行う必要はありません。

まずは以下のアプリをFire TVにインストールします。有料となりますが、ここは仕方がないでしょう。

▼ミラーリングに必要となるアプリ「AirPlay&UPnP、AirReceiver」は、Amazonサイト、あるいはFire TVにて購入できます。

▼Fire TVにてAirPlay&UPnPを起動し、先頭の「AirPlay」をオンにします。オフにするとミラーリングできませんでしたので、この設定は必須です。

なお、2行目の「AirTunes Audio」のオンオフの検証は行わなかったのですが、「AirPlay」のオンのみで接続できない場合には、こちらもオンにしてみてください。

以上にて、初期設定は完了です。

▽なお、以前は以下の設定画面にて「ミラーリング」をオンにしスタンバイ状態にする必要があったのですが、iOS11では設定不要です。

iPhone、iPadでの設定

こちらも簡単 数クリックで設定できます。

▼コントロールパネルの「画面ミラーリング」をタッチ

▼Fire TVの機器名が表示されますので、これをタッチ

▼コントロールパネルの画面ミラーリングのアイコンが以下の画像のように、白い背景にFire TVの機器名が表示されるとミラーリングできています。

▼こちらはFire TV側。しっかりとミラーリングできています。iPhone / iPad側での設定から1秒もしくは2秒程度でミラーリング先に表示されます。

▼ミラーリングの停止は下にある「ミラーリングを停止」で可能です。

まとめ

「AirPlay&UPnP」さえインストールすると、初期設定で数秒、iPhone / iPadでも数秒と、あわせて10秒もかからずミラーリングできてしまいます。ミラーリングもかなり簡単になったものです。Androidのミラーリングも簡単なのですが、Androidよりもワンステップ少ない工程でできるiOSのミラーリングです。

ただし、液晶テレビに映るミラーリング画像の解像度が粗く、画像表示・音声ともに遅延気味です。ミラーリングを頻繁に行う必要がある場合には、ミラーリングよりも、以下のケーブルでHDMI接続したほうが無難とも思われます。

▼こちらはAndroid 6.0でのミラーリングの手順

Fire TV Stick、Android 6のミラーリングは初期設定変更で即完了
Android 5以前では機種によっては難航・困難なFire TV Stickでのミラーリング。今回、スマホの機種変を機にAndroid 6.0でのミラーリングを試してみると、初期設定を変更するのみの手軽さで、今までの苦労が吹き飛んでしまうほど簡単に認識しました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事