読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

はてなブログ、独自ドメイン化して後悔した2つのポイント

はてなブログ

f:id:kminebg1110:20160917185021j:plain

7月初旬にはてなブログを独自ドメイン化して2カ月半ほど経過しました。はてなブログの独自ドメイン化によるメリットを記載した記事は多くあるように思いますが、ここでは、短期間の一時的なものにせよ、私が経験した「はてなブログの独自ドメイン化によるデメリット」を記載します。なお、このデメリットは、ブログを1年程度運営した私の場合であり、ブログ開設間もない頃に独自ドメイン化した場合には、当てはまらないものです。

 

スポンサーリンク

 

 

一時的なアクセス数の低下

多くにのブログを参照しても、これは避けられないことだと認識しています。はてなブログ側で、旧URLにて検索された記事が新URLに転送される機能が用意されていると言えども、それまで積み上げてきたブログ・記事URLの検索エンジンでの評価(検索の表示順位など)がゼロスタートになるとの認識です。

このため、アクセス数の低下の期間が2週間・1カ月・それ以上と濃淡があるにせよ、アクセス復帰まで、検索エンジンによる記事URLのインデックスの完了・ブログの評価が戻るまでの我慢です。

 

▼私の場合、PVの完全復帰まで20日ほどかかりました。


アクセス低下期間中、復帰に向けての対応は「Fetch as Google」

アクセス低下期間中、あるいは、ブログ開設直後に少しでもGoogle検索のインデックス(検索エンジンへの索引登録)を早める手段としてGoogle Search ConsoleのFetch as Googleがあります。

必ずしも、インデックスが早まるわけではないものの、何もしないことと比較すると有効な手段です。私は、はてなブログの独自インデックス化直後や、Wordpressでのブログ開設直後は記事投稿の都度行っていました。

 

Google Search Consoleの登録方法は、こちらの記事を参照


Fetch as Googleの手順

▼左メニューにある「Fetch as Google」をクリック

f:id:kminebg1110:20160917174046p:plain

 

▼記事のURLを入力(コピペ)し、「取得」をクリック

f:id:kminebg1110:20160917174057p:plain

 

▼「取得」が完了すると、「インデックスに送信」となり、これをクリック。ちなみに、インデックスへの送信が完了すると、下の「インデックスに送信されたURL」となります。

なお、後者のメッセージは「インデックスに登録されたこと」を示しているのではなく、単に「URLの送信が完了した」となります。

f:id:kminebg1110:20160917174112j:plain

 

▼「このURLのみをクロールする」、あるいは「このURLと直接リンクをクロールする」のいづれかを選択。後者の場合には、月の回数制限があるため、私は概ね前者を選択しています。

f:id:kminebg1110:20160917174132p:plain

 

Adsenceの単価の下落?

はてなブログの独自ドメイン化との因果関係は確実ではないものの、独自ドメイン化後の以下の状況をみると、独自ドメイン化により、旧ドメインでの評価がリセットされたと思わざるを得ない状況です。

ちなみに、私の場合、独自ドメイン化前のAdsence収入は、PV数の増加以上に毎月増収していましたが、独自ドメイン化以降は現在まで(2カ月半)低迷しています(独自ドメイン化前と比較すると、単価は25%前後の減少)。

 

  • 新旧ドメインへの検索が併存していた頃は(検索エンジンへのインデックスが、旧ドメインから新ドメインへ切り替わっている最中)、それほど単価の下落はなかった。
  • 新ドメインへの完全移行後、単価は減少。独自ドメイン化し2カ月半経過した現在も、旧ドメインの単価に戻らず。
  • 季節要因による単価減少も考えられるものの、企業の中間決算で単価がアップする(?)9月になっても戻らず。また、2カ月半も季節要因が続くとは考えにくい。
  • 単価水準は、Adsenceを開始した当初にちかい水準。
  • 上記により、Adsenceの広告主等によるブログ・旧ドメインへの評価も、完全にリセット・ゼロスタートしたと類推。

 

まとめ

全ての方にあてはまるものではないものの、私の場合には、一時的なアクセスの低下以外に、それまで毎月 増加傾向にあったAdsence単価の急激な減少がありました。これは独自ドメイン化後、2カ月半経過しても戻らず、独自ドメイン化の後悔が強いものとなっています。

独自ドメイン化してアクセスが増えたとの傾向もなく、私の経験から言えることは、ブログのアクセスが増加傾向、Adsence収入が増加傾向である場合は独自ドメイン化するのを見送る、あるいは時期を見定めるべき、との見解です。まさに、この点は、私が独自ドメイン化する際に迷っていたものでした。