重要な記事タイトルの文字数カウントは、「なんもじ」サイトが超便利

f:id:kminebg1110:20160228104357j:plain

ブログ記事を編集しているなかで、最も悩ましいのが超重要となる記事タイトルの作成。さらに、長いタイトルにするとインパクトのあるものを作成できるものの、これをいかに「検索エンジンでの検索結果・タイトル表示に合わせて32文字以内に収める」かが難しい。そんな時にタイトルの文字数カウントで便利なサイトが「numMojiなんもじ」です。

スポンサーリンク

なぜ、ブログタイトルを32文字以内とする必要があるのか

私の過去記事のタイトルをみていただければわかるのですが、32文字以内に収まらず「50文字超のタイトル」もあります。

例えば以下の私の記事ですが、タイトル修正前は「Nexus 5・Y!mobile」 vs 「honor 6 Plus・楽天モバイル」、月額料金・通信品質の比較と、愚かなことにタイトルが51文字もありました。

Nexus 5 / honor 6 Plus 、月額料金・通信品質のコスパ比較
この時期、多くの方がemobile時代に契約したNexus 5の更新月を迎えるハズです。私は2016年1月にNexus 5の更新月となり、楽天モバイルのHuawei honor 6 PlusにMNPしましたので、月額料金・データ通信の品質等、両者を比較してみました。

そして、以下は当記事を検索エンジンで検索した結果ですが、タイトルの一部が「…」となっています。この中途半端な見え方では、いくら記事内容がよいものであっても、検索した方の注意を惹かない=アクセスが集まらないのは明らかです。

f:id:kminebg1110:20160228094836j:plain

実際に、当例では「…」の前が32文字目ではなく、半角なのか全角なのか、空白の取り扱いなどで文字数カウントは変わってきますが、いづれにしても、多くの記事で記載があるように、タイトル文字数は32文字・30文字・28文字あたりを目安とすべきなのは明らかです。

この文字数のカウントにおいて、私はつい先日まで目視でカウントしていましが、リアルタイムで文字数をカウントできるサイトが「numMojiなんもじ」です。

「numMojiなんもじ」の使い方

使い方は冒頭の「numMoji」サイトにアクセスし、文字を入力するとリアルタイムで文字数を計測できる便利なものです。注意事項としては下記のみです。

  • 以下画像に文字をコピペして計測する場合には、エンターキーを押下する必要

「numMojiなんもじ」の使い方事例

私は使い始めて間もないのですが、以下画像のとおり、ブログタイトル候補をnumMojiに入力し、文字数カウントを行うとともに、タイトル候補を複数(以下の場合は2候補)入力し、よりアピール度の強いものを選択しています。

f:id:kminebg1110:20160228101348j:plain

▼こちらは姉妹サイトの「あとnumMojiなんもじ」です。目標の文字数まで何文字かを計測するサイトです。ブログタイトルの場合には、こちらもいいかも。

まとめ

文字数以外にもキーワード・タイトル選定が最重要ですが、検索エンジンでの見え方として重要なブログタイトルの文字数のカウントには「numMojiなんもじ」サイトが便利です。また、学生の方でしたら、各種レポートの文字数カウントに、コピペまたは直接書き込みにてリアルタイムで確認できますね。

私は当サイトを利用して、今後の記事タイトルの文字数カウントの他、過去記事のタイトル自体の見直し・文字数の削減を行う予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事