ハードコンタクトを2枚 5,400円で購入するも、眼鏡とコンタクトの度数は異なることを失念

運転免許証の更新をひかえ、通販サイトで格安にてハードコンタクトレンズを購入した私。通販サイトで購入したこと、レンズ自体には全く問題はなかったのですが、発注時に眼鏡と同じ度数にて注文したために、コンタクトを装着してみると中距離・近距離ともによく見えない状況に。

おそらく、これはド近眼の方が陥りやすいこと(私のみ?)かと思いますが、私の状況をご参考までに報告します。

スポンサーリンク

HOYAのハードEXを2枚 5,400円で購入

重ねて記載しますが、後段の度数が合わない状況と、コンタクトが格安であったこととは何の関係もありません。製品自体には全く問題のないものです。

私は楽天市場にて以下のハードコンタクトレンズを購入したのですが、今回の購入で3回目。両眼で5,400円で購入できるとは、実店舗の価格って一体何なのでしょうと思わざるを得ないです。パッケージも説明書も、どこからどうみてもHOYAの製品ですし。

注文方法も簡単。ベースカーブと近視度数さえわかれば、適合するものを注文できます。

私は先日購入した眼鏡と同じ度数のものを注文したのですが、ここで大きな失念事項が。ド近眼の場合には特に、眼鏡とコンタクトでは同じ近視度数のものはダメだということを、すっかり忘れていました。

コンタクトの度数は眼鏡と異なることを失念

繰り返しますが、ド近眼の私は眼鏡の度数よりも低い度数のコンタクトを注文すべきでした。

眼鏡と同じ度数のコンタクトを注文したために、装着してみると以下の状況になってしまいました。

  • 遠くはなんとなく見えるのですが、近距離・中距離がほとんど見えない。
  • ノートPCのキーボード、ディスプレイの文字が判読できず。これは老眼よりも酷な状況。
  • 洗面台の鏡に映った自分の顔、テレビ画面さえ不明瞭。

当初、遠くは見えるようになったのだから、老眼がより強調されたものと思い込んでいたのですが、以下のサイトをみて「視力がわるいほど、眼鏡とコンタクトの度数は異なる」ことを再認識(以前にも確認していました)。

メガネとコンタクトの度数換算表!度数の差、違いを解説

確かに、上記リンク先に記載のとおり、眼鏡とコンタクトでは眼からの距離が異なるため、眼鏡とコンタクトの度数は別物として考える必要がありそうです。

そして、一定以上のド近眼になるほど、眼鏡とコンタクトの度数の差は拡がっていくようです。例えば、私の場合の度数では以下になります。

眼鏡 コンタクト
右眼  -10.00 -8.50
左眼 -9.00 -8.00

コンタクトの -8.50 / -8.00はこれまで装着していたものと同じでよく見えないため、多少の個人差がありそうですが、これで私が感じた上記の状況が判明。今回購入したコンタクトの度数がきつすぎて見えなかったとのオチでした。

まとめ

結局、今回の私の騒動では、左眼用に購入したコンタクトを右眼に装着、これまでの右眼のコンタクトを左眼に装着するといい感じに見えているため、これにて対応します。

やはり、コンタクトの購入時には、当然のことながらも 眼科に行って測定してもらうのが無難。その測定値をもって通販にてコンタクトを購入するのが、正確かつ安上がりなのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事