nova lite,P9 liteが割引に。楽天モバイル 初夏の大特価キャンペーンのお得度を確認

2017年2月の記事「2万円前後で買える Huawei Nove lite、P9 lite、goo g07のコスパ比較」にて、楽天モバイルとgooスマホで販売しているコスパに優れた機種を比較しました。

その際に、楽天モバイルのことなので、そのうちキャンペーンでさらに割安感を強調してくるだとうと思っていましたが、今回「初夏の大特価キャンペーン」にて各機種がお買い得になっています。本日は、そのうちHuaweiの機種に限定し、コスパ度を確認してみます。

スポンサーリンク

初夏の大特価キャンペーンの期間

本題に入る前に気をつけたいのが、楽天モバイルの「初夏の大特価キャンペーン」の期間。

以下のとおり、2017年5月11日から6月8日午前9時59分までとなっています。

頻繁にキャンペーンを行う楽天モバイルですので、今回のキャンペーンを見送っても、夏休みあたりには別のキャンペーンを行うものと予想しますが。。。

引用元:【楽天モバイル】

Huawei キャンペーン中機種のスペックとコスパ度

下表にスペックを掲載したのは、Mate 9、nova lite、P9 liteの3機種。Huaweiの製品では、これ以外にhonor 8もキャンペーン対象ですが、 nova lite、P9 liteが登場して以降はその魅力が薄れているために割愛です。

Mate 9は価格帯が異なるのですが、5.9インチのディスプレイサイズ、ライカのダブルレンズなど、個人的にかなり興味を惹かれるために掲載しました。

その他、スペック表、キャンペーン価格での留意事項は以下となります。

  • 楽天モバイルの価格は、キャンペーン期間中の通常SIM契約時の価格です。
  • 参考までに掲載した、gooスマホでの価格は、2017年5月26日9時59分までのキャンペーン期間中、通常SIMとのセット価格です。

さて、スペック表とキャンペーン価格を眺めつつ、私のコメントは以下のとおりです。なお、以下の記事でもコメントしていますので参照くださいませ。

2万円前後で買える Huawei Nove lite、P9 lite、goo g07のコスパ比較
この1月にHuawei honor6 Plusからgooスマホ・g07に乗り換え、安価ながらもレスポンス・デザイン・DSDS(デュア...
Mate 9、honor6 Plusの機種変候補にZenfone 3とスペック比較してみた
購入1年を経過しバッテリーのヘタリを感じはじめたhonor6 Plus。同じく5.5インチのZenFone 3を物色してしていたところに、5.9インチのHuawei Mate 9が発売開始。そこで、honor6 Plusからの機種編候補として、Mate 9、ZenFone 3 (ZE552KL)をスペック比較してみました。

Mate 9

  • 価格が49,600円(通常価格は60,800円)と他機種と比べると高価であるものの、ライカレンズ搭載、メモリ4GB、ディスプレイは5.9インチ、DSDS対応であることを踏まえると、かなり魅力的。
  • 最近、デジイチ熱が再燃している私としては、ライカ共同開発のダブルレンズ、カラー1,200万画素・モノクロ2,000万画素のイメージセンサーを搭載していることに惹かれます。
  • Huaweiのフラッグシップなだけに、今後、これ以上安くなるかというと、後継機が出ない限りは大幅な下落はないとの認識です。
  • 発売直後に、都内量販店にて実機を触ろうにも、順番待ちで触れずじまいだったことが、多くの方にとって気になる存在であるだろうとのことで、印象的でした。

nova lite、P9 lite

  • P9 liteもコスパが優れていることには間違いないのですが、nova liteが登場して以降は、スペック的にやや劣るP9 liteを選択する意味がないとの認識です。
  • メモリ搭載量は、P9 liteの2GBに対して、nova liteは3GB。通常使用の場合には、2GBでも困ることはりませんが、余裕をみて3GB欲しいところ。
  • メモリ搭載量以外にも、nova liteはAndroid 7.0搭載。メモリとAndroidのバージョンの違いで、P9 liteとの価格差は約3,000円。3,000円の追加負担でも十分に見合います。

楽天モバイルとgooスマホを比較した場合、「何かの間違い?」と疑問を感じたのが、nova liteはともかく、P9 liteの価格差が、楽天モバイルの12,600円に対して、gooスマホは19,800円と7,200円の開きがあること。楽天モバイルのP9 liteは在庫一掃セールとも思われます。

まとめ

私の主観にて、コスパ度を簡易的に確認しましたが、私が楽天モバイルにMNPする場合には、コスト的に余裕がある場合にはMate 9、「価格も抑えたいものの、性能もそこそこの機種を」とする場合には、やはりnova liteが候補となります。

楽天モバイル全般的には、回線自体は平日昼休みの速度遅延が気になるものの、端末はコスパに優れた魅力的な機種が多いとの認識です。特に、今回のキャンペーンのように、頻繁にキャンペーンを行い価格を下げてくるため、楽天モバイルへのMNPを検討中でしたら、キャンペーン期間中を狙っての契約をおすすめします。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事