楽天モバイル コンビニ受取サービスを開始。渋谷・世田谷区限定が惜しまれる

f:id:kminebg1110:20160305215314j:plain

格安SIMにオンラインでMNPまたは新規申込したいものの、「日中忙しくてSIMを郵送にて受け取ることができない、でも可能な限り早くSIMを受け取りたい」、そんな方におすすめのサービスが3月3日より始まりました。

そのサービスとは「楽天モバイル コンビニ受け取りサービス」です。オンライン申込から最短3時間(※)でコンビニでのSIM受け取りとなりますが、渋谷区・世田谷区のローソンに限定となります。

私は共働きで平日の日中は自宅に誰もいないため、Amazonでコンビニ受取サービスを利用したことがありますが、これはかなり便利です。ただし、「楽天モバイル コンビニ受取サービス」の場合、やむを得ないのでしょうけど、渋谷区・世田谷区のローソン18店に限定されるのが惜しいですね。

(※)最短3時間

9時~18時に申込完了または通話SIMの場合は本人確認完了した場合には3時間以内。18時~翌9時の場合は、翌12時以降

スポンサーリンク

なぜ、都内の18店限定なのか、推察してみる

立派な見出しとしてみたものの、これは楽天モバイルの店舗所在地を知っている方でしたら、みなさん ご想像できる事項です。以下の世田谷区・渋谷区の店舗から配送できる範囲ですね。

  • 楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店
  • 楽天カフェ 渋谷公園通り店

また、SIMを取り扱っているため、多くの情報ではないものの、個人情報を含んだSIMの万一の紛失にも考慮し(そんなことはないでしょうけど)、まずは先行して都内で始めたということかと思います。いづれにしても、「コンビニ受け取りサービス」は画期的なことには間違いないのですが、今後は都内以外でのサービス開始が望まれます。

その他、楽天モバイルにMNPした際の雑感

過去記事にて、月額料金・通信状況・端末などはレビューしていますので、ここでは私が楽天モバイルの店舗(銀座店)でMNP手続きをした際の雑感を箇条書きにて記載します。

  • 週末に手続きしましたが、店舗数が少ないためか、かなり混雑しています。ただし、最初に簡単な本日訪れた目的などのヒアリングがあり、何時頃に本手続き開始とのアナウンスがあるため、待たされ感はありません。 ちなみに、私の場合、最初のヒアリングから端末の受け渡しまで4時間ほどでした(うち3時間は店舗外へ
  • 手続きの接客は、大手キャリアと比較すると、かなり丁寧です。 マニュアル化され、社員教育が行き届いていると言えばそれまでですが、言葉遣い・腰の低さとも、明らかに異なります。
  • MNPの手続きの際には個人情報を提供することとなりますが、楽天モバイルに提供した書類・手続き端末への入力情報は、顧客の目の前で削除していたことに好感が持てました。この個人情報の管理が行き届いていることからも、今回の「コンビニ受取サービス」を渋谷区・世田谷区限定とした背景が読み取れそうです。

▼こちらの楽天モバイルへのMNPの記事もご参考。

Nexus 5 / honor 6 Plus 、月額料金・通信品質のコスパ比較
この時期、多くの方がemobile時代に契約したNexus 5の更新月を迎えるハズです。私は2016年1月にNexus 5の更新月となり、楽天モバイルのHuawei honor 6 PlusにMNPしましたので、月額料金・データ通信の品質等、両者を比較してみました。
honor 6 Plusに一目ぼれ、iPhone 6 Plusを探し求め「もどき」を購入
12月にY!mobileのGL06Pの2年縛り終了、そして今月 同じくY!mobileのNexus 5の更新月を迎え、今日は千葉から都心まで...

▼MNPを検討中なら、月額料金のシュミレーション・機種の確認のみでも公式サイトを参照してみる価値ありです。

【楽天モバイル】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事