読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

ブロガー必携のScreenpresso、Skitchを超越する画像の文字入れ・加工に最適なソフト

ブログ運営 ブログ運営-編集便利ツール

 f:id:kminebg1110:20161113224242j:plain

私はブログ画像の文字入れ・モザイク加工には、以前はSkitchを利用していましたが、Skitchのサポート切れに伴い「Screenpresso」を使用しています。

Skitchがサポート切れとなって以降の当面の間は、Evernoteの旧Skitch機能による文字入れ・枠囲みなどの強調を行い、バナー工房サイトでの縮小・画像圧縮を行っていたのですが、画像圧縮以外はScreenpressoにて一元化でき、かつより細かな編集が可能となります。今回は、このScreenpressoのご紹介です。

 

スポンサーリンク

 

 

Screenpressoにおける画像編集の主な機能

まず、便利な機能としてあげられるのが、スクリーンショットを撮った後、以下のとおりワンクリックで画像編集を行うことができることです。

 

▼スクリーンショットを撮った直後の、Screenpressoのワークスペース。青がかったものが、直前に撮ったスクリーンショットですが、下側にある「編集」アイコンをクリックすることにより、即座に編集モードに画面遷移します。

 

TxsX6PBeia7UdYh1470504999_1470505053

 

▼もちろん、スクリーンショットした画像の編集のみならず、以下の①②の手順で既存の画像ファイルを開き、編集することもできます。

 

2016-08-07_06h36_14

 

▼こちらが編集モード画面です。右上の青のアイコンが編集可能な項目となりますが、主要なものを①から⑥までの番号を付与したうえで、実際にScreenpressoにて編集してみました。

 

DZFxp_KaBq4EnYT1470493088_1470493185

 

▲▼うち、Evernoteの旧Skitch機能と比較し、便利な機能を以下のとおりポイント整理しました。全般的に旧Skitch機能よりも格段に細かい操作が可能です。

 

  • 全般的に、以下の描画オプションにあるような、フォント・フォントサイズの変更・色の指定・影の度合などの変更が可能です。
  • 多くのブログで使用されているピンク文字(上の画像でも多用)の設定があり、旧Skitch機能から乗り換えても、全く違和感はありません。
  • 特に便利な機能が、番号表示。自動的に連番が付与され(任意の順番にすることも可能)、旧Skitch機能では手入力していた作業が不要となります。
  • ③の吹き出しの機能もありがたいものです。線の色・背景色も変更可能です。

 

▼こちらは事例として、②のテキストボックスの描画オプション。テキストの色の変更は当然のこととして、フォントの変更・フォントサイズの変更も可能です。左寄せ・中央・右寄せの機能もあります。このような描画オプションは、全編集機能に備わっており、これでかなり細かな編集も可能です。

 

R5p0_hu4P4zwhPf1470493466

 

▼こちらはメニュー画面のうち「メイン」の項目

 

l1WS_JQJ35tlHbP1470493589_1470493620

 

▼「画像」のメニューです。画像の切り取り・縮小・サイズ変更などが可能です。惜しいところは、右端の「枠線」が無料版ではできず、有料版の機能となること。この「枠線」と「画像容量の圧縮」ができれば、私が現在使用しているEvernote・バナー工房サイトから、完全にScreenpressoに移行することができるのですが。。。

 

vNaSRWtpUwZBfxw1470493647_1470493686

 

まとめ

いかがでしょうか。ポイントのみをご紹介しましたが、このScreenpressoは、ブログでの画像編集などに、かなりの効果をもたらし、かつ簡単に編集することができるため、強くおすすめします。

また、記載は割愛しましたが、一部のWindows 10タブレットにて難のあるスクリーンショットの取得にも威力を発揮します。

 

▼Screenpresso 公式サイト(ダウンロード先)。なお、ダウンロードにあたり、emailアドレスの紹介を受けますが、入力しないでSkipで大丈夫です。

Screenpresso.com/download/