Google Playヘ不正アクセス、クレカを利用された状況と確認方法

f:id:kminebg1110:20151001235418j:plain

おそらくは、私のパソコンのセキュリティがあまいことによる不注意のためなのですが、想像さえしなかったことが発生。なんと、他人が私のGoogle IDにて、Google Playへ不正アクセセス、しかもクレカを利用されていました。

滅多に発生することではないかもしれませんが、「皆さん、注意しましょうね」との注意喚起の意味での情報連携です。

スポンサーリンク

Google Playへの不正アクセス、クレカ利用が発覚した経緯

この2週間ほど、Google Accoutの再設定用として登録しているメールに、3日おきの頻度で「〇〇から(Google Accout)へ新しいログインがありました」とのGoogleのメッセージを受診するようになりました。〇〇はWindows・アンドロイドスマホです。

最近、古いバソコンにLinuxを入れ、新たに既存のGoogle Accountにアクセスした際にも同様のメールを受領していたため、最初は気にも留めませんでした。

ところが、メッセージの頻度が増えたため、メッセージをじっくりみてみると、私が勤務中にログインされています。しかもアクセス元は、私の行動範囲外の滋賀県・岐阜県に多く、神奈川県や埼玉県もありました(この期間、これらの県には行っていません)。

と冷静に記事を書いていたところ、もしやとGoogle playのアカウント情報を調べたところ、やられました。以下のとおり、しっかりとクレカで購入されてました。

ゲームの課金でキャンセルされたものが多数ありますが、これは連続購入の場合にGoogle側で怪しいとのことで、購入拒否したもののようです。それでも、9月14日から9月30日まで、動画・オンライン書籍など都合5,000円ほどの被害です。

昨日、パスワードを変更し、先ぼど登録のクレカを削除しました。同事例を検索してみると、Google側で詳しい情報を調べてくれるとの記事もあり、後程 連絡してみることにします。

こちらが不正購入された一部抜粋。こちらのアカウントは普段使用していないため、Google Playにアクセスさえしていませんでした。

f:id:kminebg1110:20151002080551j:image

皆さんも、このようなことがないように、定期的にパスワードの変更、アクセス状況の確認を行ってくださいね。
Google Accnuntでのアクセス状況の確認は以下となります。

Google Accnuntでの不正アクセスの確認方法

まずは、こちらのGoogleサイトにアクセスします。

以下の画面の完了を押した後、「接続されている端末の確認」を押します。
f:id:kminebg1110:20151002082008j:image

すると、以下のとおり、接続された履歴が表示されます。ちなみに以下の画面の事例は、今回被害にあったものと別アカウントですが、問題なしでした。
使用したことのない情報がありましたら、「覚えがない」を押して、パスワードの変更▪二段階認証などセキュリティの強化を行います。
f:id:kminebg1110:20151002082020j:image

▼こちらが今回被害にあったもの。岐阜からのアクセスです。

f:id:kminebg1110:20151002083211j:image

▼私は下記の端末は持っていませんので、明らかに不正アクセスです。
f:id:kminebg1110:20151002083235j:image

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事