Fire TV Stick,Fire TVの冷却に、Amazonで探したヒートシンク 6選(2018年度版)

4月後半にもかかわらず関東では真夏日となっている本日(2018/4/22)ですが、これから夏本番をひかえ、気になるのがFire TV機器の冷却対応。

我が家には、Fire TV 新旧型・Fire TV 2017モデルと家族で3製品を使い分けているのですが、ヒートシンクを取り付けていないFire TV 新型、Fire TV 2017モデルの冷却対応のためにも、Amazonからヒートシンクをピックアップしてみました。

関連記事

熱いFire TV Stick対策に、Amazonで探したヒートシンク 5選

Fire TV Stickの熱対策、外枠加工、ヒートシンク取付で効果あり

Fire TV Stickにマッチするヒートシンク

Fire TV Stick サイズは以下となりますが、高さはUSBの部分を含めているため、若干短いサイズのヒートシンクを探す必要があります。

(単位:mm)

新型 旧型
30 25
高さ 85.9 84.9
厚み 12.6 11.5

私が今 Fire TV Stick用のヒートシンクを選ぶなら、パソコン用のM.2 SSD用のヒートシンクとします。高性能なM.2 SSDは適切な冷却対応が望ましく、サイズ感と冷却対応の本来の主旨からもM.2 SSD用のヒートシンクが適切でしょう。

▼W22×D66.5×H5.1mmと高さがやや短いような感覚ですが、M.2 SSDでの利用実績からもこちらがおすすめ。新型・旧型ともに使用できます。

575円とお手頃価格であるため、2個購入したうえで両側から挟み、100均のアルミ製針金で固定のサンドイッチ構造とするか、あるいは下にある放熱シリコーンパッドを利用し1個のみ取り付けるなどの手法があります。

▼私のStick PCに取り付けたヒートシンクですが、サンドイッチ構造としアルミ製針金で固定しています。

▼こちらはヒートシンクにシリコーンパッド・取付用リングが付いてお買得感の高いもの。

▲2018/4/26追記。GLOTRENDSのヒートシンクを購入しポン付け対応しました。

Fire TV Stick 新型の熱対策にM.2 SSD用ヒートシンクをポン付け対応
Fire TV Stick 旧型、Fire TV 2017に続き、本日 Fire TV Stick 新型にヒートシンクを取り付けまし...

Fire TV 2017モデルマッチするヒートシンク

私の経験では、Fire TV Stick 新旧型が時には「熱い」と声を出したくなるほどに熱を帯びているのに対し、Fire TV 2017モデルではそれほど熱を感じず、ヒートシンクなしでも十分な感覚もあります。ただし、万一の熱暴走に備えて、ヒートシンクを取り付けるとより安心。

▼60mm角とサイズ的にはほぼピッタリ、高さも10mmと十分なヒートシンクが3製品見つかりました。

▲▼取付は熱伝導性の両面テープで決まり。ただし、ヒートシンク本体よりも高いため、ヒートシンクを2個購入し、アルミ製針金で固定する手段もあります。

▼2018/4/26追記。早速、zspowertechのヒートシンクを購入し取り付けました。

Fire TV 2017の熱対策にヒートシンクを取付、600円の出費でサイズもピッタリ
Fire TV機器の本体を触ってみると熱を感じ、熱暴走によるフリーズなどにはならなくとも、これからの暑い夏は大丈夫だろうかと不安にな...

▼こちらは「Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた」で紹介のWindows 10 Stick PCへのヒートシンク取付で利用した、100均で購入のアルミ製針金。

価格が1桁違うのではと思うほどに高価でおすすめではないのですが、ホームセンターでアルミ板を購入し、こちらの簡易版なら自作もできそうです。

まとめ

Amazonのレビューコメントを参照すると、Fire TV Stick あるいはFire TVにヒートシンクを取り付けている方が多数いらっしゃるようです。特にFire TV Stickは、動画視聴後でなくともスリープ時にも本体が熱を帯びているのがわかります。ヒートシンク取付にかかる費用は1,000円前後。熱暴走しても本体が故障することはないかもしれませんが、万一に備えてヒートシンクを取り付けておくと安心です。

▼こちらはちょうど1年前に取り付けたものですが、M.2 SSD用のヒートシンクの取り付けも検討中

Fire TV Stickの熱対策、外枠加工、ヒートシンク取付で効果あり
Fire TV Stick(旧型)の熱対策として、外枠の上にヒートシンクを取り付けるのみでも効果はありそうですが、より冷却効果を高めるため、外枠を加工したうえでヒートシンクを取り付け。熱をヒートシンク全体で感じ、効果ありとの認識です。

シェアする

フォローする

関連記事